必見!オススメ人気記事

タグ:毒親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

580: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/05(水) 21:51:51.09 ID:ECUY6BGC
高校生の頃、毎日不眠症と幻視と幻聴に悩まされた。 
風呂に入っていると「誰が入っているか確認がしたかった」と言って風呂を開けようとする。 
本を取りに行きたかった、とか言って夜中に部屋に入って来ようとする。 
仕事でイライラしたから、そんな理由で突然なぐられる。 
休みの朝から、隣の部屋から「あいつ(私)シなねえかな?w保険金たくさん掛けて車に突っ込ませようぜww」と談笑が聞こえる。 
上3つが、2つ年上の兄(アキバ系そのもの(以下 キチ と表記します) 
最後のは私以外の家族の日常会話。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

731: 癒されたい名無しさん 04/09/15 22:57:26 ID:AuwkFSm3
13〜4年前、俺は親元を離れて一人暮らしの大学生…という名のロクデナシだった。 
自己愛性人格障害の父親に反発しつつも影響をモロに受けプライドばかり高く、 
傲慢さを誇りと取り違え、感謝の気持ちを知らない鼻持ちならない香具師だった。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

254: 名無しさん@おーぷん 19/10/15(火)18:16:16 ID:vu9
モヤッとしているが友達には話せない話
妊娠の報告を実母にしたら「ふーん」と言われたという人の話を読んで思い出した。
私も妊娠がわかって母に報告した時になんとも微妙な顔をされ「素直に喜べない」と言われた。
妊娠報告をする少し前、妹がホスト遊びにハマり何処ぞの誰か分からない男の子供を妊娠し、結局その男には逃げられ怒られるのが嫌という理由で現実逃避して堕胎期間ギリギリになってから親にバレておろした。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

91: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/07/26(日) 11:28:03
「貴方は昔より女性の権利が認められてる今の時代に生まれてきた女なんだから私より辛くて苦しい目に合わないと不公平」 
って理由で高校になっても門限が5時だった姉 
他にも色々と制限されてたけど割愛 
そんなんじゃ友達も趣味もできる訳なくていつも一人でボーッとしてつまらなさそうに過ごしてた 
でも絵を描く時だけは楽しそうだったかな 
子供の時の姉の顔はうんざりした表情しか覚えてない 
私もかなり親から制限されてたけど、私は窓からこっそり抜け出して友達と遊びにいったり 
近所のおじさんからお小遣いやゲームや服もらったりして親の目の届かない場所で結構自由に過ごしてた 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

580: 名無しさん@おーぷん 2016/12/01(木)12:44:15 ID:dDx
胸糞になるかもしれないけど吐き出したい。。

昨日回転寿司に行ったら、隣のテーブル席にツナギ着た金髪の若い女性・小さい子供二人が座ってた。
母親と思われる女性は黙々と食べてスマホいじって子供放置。
子供は食べるのに飽きたのか、レーンに手置いて回ってる皿を詰まらせたり、タッチパネルで注文したものが流れるレーンに手を伸ばして横取り・流れてくるタイミングで手を出してネタに触るなどなど、
やりたい放題やってた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

763: 名無しさん@HOME 2012/09/21(金) 20:10:30.57 0
小さなころから 
「お前はピアノのコンクールで全国で優勝しなければならない」 
と言われて育った 
二歳になるとピアノを始めて五歳でコンクールデビュー 
良い所までは行くんだけどあと一歩というのが数年続いた 
それに痺れを切らした両親。 
「来年優勝できなかったら終わりだから」 
と言われるも逃す 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

306: 名無しさん@おーぷん 2018/03/15(木)01:30:12 ID:hGY
Wフリンして家族を捨てた母親に、ずっと見知らぬ姉と比較されて育った。

クソみたいな家庭で育ったので、わかりやすく書いたつもりだけどわかりにくかったらごめんなさい。
ほぼ根暗な自分語りです。

私の両親はそれぞれ×1の再婚組。
Wフリンが妊娠で発覚して、それぞれの家族を捨てて再婚した夫婦。
その時仕込まれた子が私。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

393: 名無しさん@おーぷん 2018/11/11(日)10:12:50 ID:6WI
うちの実家は貧乏だったので大学に行く費用など出してもらえるとは思ってなかった。
かと言って奨学金を借りて〜と言うのはどうにも抵抗があって
高卒で就職したあと、そこそこ貯金が出来た頃に
仕事をしながら夜間の法律専門学校に通って司法書士の資格を取得した。
そしてそこで知り合った今の夫と、互いに資格が取れたところで結婚。
結婚は30を過ぎていたけど、事務所で働きながら子供も一人産んだ。
40を過ぎてから、夫と一緒に事務所を設立。
それまで勤めていた事務所の後押しもあり、最初は下請けみたいなものだったけど
徐々に顧客も増えてどうにか軌道に乗った。
続きを読む

このページのトップヘ

×