必見!オススメ人気記事

タグ:父親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Fotolia_1368661_Subscription_L

876: 名無しさん@HOME 2011/12/30(金) 10:17:24

ありがちな話だけどカーチャン離婚の修羅場。

私が成人した頃、父は数年の闘病の末亡くなった。
金銭的にも物理的にも苦労した母には再婚して幸せになって欲しかった。

その数年後、母は新しい夫を持つ事になった。
が、初めの3年ほどは仲良くやっていたが
夫(ハゲ)は会社に出入りする保険外交員とW不倫、
女はアパートを借り、そこに入り浸り中々帰ってこなくなる。

母は精神に異常をきたし鬱病パニック障害その他もろもろ病名が付き
度重なる自さつ未遂、ひがなボーっとしているかと思えば
突如女のアパートへ出向いて騒いだり何度も手首をきったり、泣きわめいていた。
その全ての後始末を私と弟で処理していたが
その頃自分の夫を亡くした私も、母の相手をする事に限界を感じていた。

それでも入退院を繰り返すうちに多少改善。
意識と記憶を保てるようにはなったので
2chで知った法テラスに駆け込み腕のいい弁護士へ出向き
長い調停と裁判の末に離婚させる事に成功した。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20131109nakata01

410: 407 2011/11/23(水) 13:56:40

俺が5歳ぐらいの頃の話なんだが、親父とおかんが夫婦喧嘩をした
夫婦喧嘩程度ならたまにやってる事だから普段なら気にしないが
その時の夫婦喧嘩はいつもと違った、と言うよりも
当時5歳の俺は、「この喧嘩はいつもと違う」と肌で感じていた

喧嘩はヒートアップし
おかん「実家に帰らせてもらいます」
親父「ああ、帰れ帰れ、せいせいするや」

と言う事になり
おかんは、俺と当時2歳の弟を連れて家を出た

おかんの実家は3月の地震で被害が大きかった様な地域に有り
飛行機で行き来するぐらいの距離
俺と弟は途中の駅で「パパの所に帰ろうよ」とわんわん泣きだし
おかんは、家に戻る事にした・・・

その戻る途中でおかんは、家の最寄り駅から数駅の所で降りて
そこからバスで帰る事にした

おかんの中では帰って親父とどう話そうかって考えてたんだろうな

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
846

590: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/08(土) 01:50:14 ID:3Ch7Vizr

10年越しの話。ちょいDQNチック。

俺の家はDVが酷く、身長180の父に幼児の頃から虐待を受けてきた。
小学校低学年にして家出を図ったこともあった。
怒ったり泣いたりと感情を少しでも出せばさらに殴られる毎日
寝るときに布団にうずくまって声をころして泣いてた。
ジサツ未遂も多数。

中学生の頃のテスト平均80~90代。
習ってた個人スポーツは近畿大会3連覇、全国入賞。
それなのに虐待はどんどんエスカレート。
ジサツのことしか考えなくなった。

学区内3番目の公立高校入学。
上がったらラストスパートかのごとくピークに達した。
「居候」「出ていけ」は当たり前で何かあるとリンチ。

他にも腐るほどエピソードあるけど割愛。
とにかく父は会社はすぐやめる、未だに派遣社員などうしようもないクズだってこと。



高校3年から俺の復讐劇が始まる
俺はさらに勉強して、小さいころから祖父母からもらってた
お小遣いやらお年玉やらと高校3年間でバイトして貯めた約400万を使って起業。
(それでも結局借金はしたが)
自分で言うのもなんだけど何の会社かはそこそこ有名になってしまったので伏せる。

端的に話すと大成功。
おおざっぱな話モノを作る企業(おおざっぱすぎるか?w)なんだが、
とにかくあっという間に駆け上がっていった。今までのツケが返ってきたかのように。

社員も増え、一番うれしかったのは下請け会社というものができたこと。
これで2日に一回寝れたら良い方だった生活が大分楽になった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20130928190105

79: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)09:54:20 ID:???

二股かけられて男に捨てられた
最初男の浮気発覚でそれを責め、浮気相手の女も責めた
(私のマンションでイチャコラしてた)

そしたら男の本命は浮気相手…つか私が浮気相手で女は本命彼女と判明w
女は男が私と浮気してるの知ってたんだと…
私なら「別にいい」らしいw
スペック的に男とられることは無いからとww

今なら笑えるが、当時は衝撃で泣いたw

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20111011_2083348


65: ◆pzuJ35AuBVI2 2014/09/11(木)22:58:05 ID:gYvt99EVy

私の亡き父親が猛毒親だった。
それについていた母も父より幾分かマイルドだが毒親だった。

父は仕事で障害者になり、生活保護を受給しながら私は子供時代を過ごした。
四人兄妹の末に生まれた私。小さい頃は何にも解ってなかった。

大人になるにつれ、親の素行の悪さが目につく。
兄貴達が学校卒業して就職すると、家に給料の半額ずつ入れさせた。
その頃には父の障害がだいぶ改善され働けるようになってた。

長男は工業高校卒業後就職。
次男は定時制高校に行きながらコツコツ働く。
三男は中卒で大工。
私が厨房の頃はこんなだった。

兄貴達から色々聞いたら、長男・次男の名義を借りて街金から金を借りてた。
母はアホみたいにリボ払いで買い物をしてはローンを返す毎日。
父は仕事で工具がいるからと湯水のように金を使って工具を買い漁る。
次男が私に
「オカンから名義貸せって言われても絶対に貸すな。この地獄は俺らだけで充分。」と言った。

当時の親父や兄貴達の給料は合算しても結構な額だった。
親父は月30~60万
長男は約25万
次男は約20万
三男は約18万
兄貴達のを半額ずつ貰っても充分生活やっていけて、貯蓄する位の金があった筈だったのに、
うちには借金しかなかった。

理由は両親ともパチンカスに成り下がったからだ。

次男は大人しい性格だった。故に毎日のように父から言葉の暴力を受けていた。
「お前の髪型が気に食わん。坊主にしろ。」
「いっつもぼーっとして、人の話聞いてんのか」
「お前は出来損ないの愚図だ」

食事の席で毎回毎回そんな言葉を次男に浴びせていた。
次男は黙って耐えている。
一度、勇気を振り絞って父に注意をした。
「毎日クタクタになるまで仕事頑張って帰って来てるのに、
ご飯くらい落ち着いて食べたいと思う。
だから父さん、少し静かにしていてもらえませんか。」
と。
父は烈火の如く怒り出し、私に口撃の先をシフト。
口汚く
女は黙って男の言う事をハイハイ聞いてればいい。」
「横から口を挟みやがってこのバカが」
「お前が庇うからこいつは成長せんのだ」
「見てみろ、こいつは人の話なんか聞いてない」

この時、生まれて初めて父に抵抗をした。

「父さんの言い分もあるだろうけど、毎回毎回ご飯の時間帯に言う事じゃないでしょ。
ご飯終わって一息ついた時にでも言える事を何でご飯の時を狙って言うのか。
折角出されたご馳走でも叱られて食べてたら味もしないし美味しく感じれない」

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
5

513: 名無しさん@HOME 2005/10/13(木) 01:12:05

DV父には悩まされていましたが、最初に受けた時の記憶が私の修羅場でした。

6歳の頃、小学校入学して近所に友達ができ、子犬がたくさん生まれたのでもらって
くれないかともちかけられました。
母に相談すると、父は犬好きなので大丈夫だろうということになり、お試しで
子犬を預かって父の帰りを待ちました。

しかし、当日父は機嫌が悪く、飼うことは許してくれませんでした。
私は仕方なく子犬を友達の家に帰しに行こうと家を出たとたん、後ろから父に
いきなり蹴り倒されました。

倒れてからも数発蹴りをいれられました、背中とか脇腹とか頭とか。
恐怖と痛みで泣き叫んでいましたが、子犬を潰されては大変とお腹の下に隠し
て、両手で必死にかばいました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
shutterstock_48431812


518: 名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 18:05:48

おれの家、自営業なんだけど新卒時に同業他社に修行に出された

うち違った大企業だったんだけどその会社に美人な上司がいた
30代ぐらいだったけど20代に見えるぐらい
しかもやさしく、俺に仕事の仕方を教えてくれた

というか俺にだけは結構付きっ切りで教えてくれる事もあり
もしや気に入られてるんじゃwww
などと思っていた

ある日二人だけで飲みたいと言われて洒落たバーに呼び出された


仕事の話を少ししていると突然ジーっと顔を見られた
何言われるんだろうとドキドキしていると

上司「じっくり見るとお父さんにそっくりね」
俺「え?父を知っているんですか?」
上司「私が俺君と同じ新入社員のとき別の会社で上司だったの。
色々お世話になったからそのことをお父さんに言ってね」

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ロミオメールを受信しました


363: 名無しさん@HOME 2009/11/16(月) 14:52:47 0

お前は勘違いしている。
 
あれのどこからが浮気だと思うのかオレには理解できない。
オレについていけなくなったというが

オレはあの人との付き合いを浮気とは思っていない。
お前に聞きたい。何度キスしたら浮気になるのか?
あの人を毎日車で送り迎えしたくらいなんだというんだ。

オレはもう男として役に立たないから、
浮気なんか出来ないことくらいお前が一番解っているだろう。

お前が出て行ってから、オレはまともなものを食っていない。
家も散らかっている。だから戻って来い。

戻ってきたら、お前を今までとは比べ物にならないくらい
大事に大切にして優しく包み込んでやる。
 
まず、お前が戻ってきたら、
オレは傷ついた心を癒すために しばらく好きな事をする。

お前を優しく包み込むためには、お前以上に傷ついたオレにも
癒される時間が必要だ。お前に優しく出来るのはそれからだ。

お前はその間、今までどおり家に居ればいい。
だから早く帰って来い。(要約)



続きを読む

このページのトップヘ