タグ:片親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

581: 名無しさん@おーぷん 2014/11/12(水)12:06:49 ID:???
2年前の11月に彼女との結婚を反対されて別れたんだが、今月違う人と入籍したので厄落としに書いてみる。
当時俺は28歳。彼女は27歳だった。仕事が縁で知り合いつき合うようになって、彼女の友人たちが次々と
結婚し始め、彼女も結婚を口にするようになった。自分も結婚を視野に入れてつき合っていたこともあって、
(自分の職場があまり女性と知り合う機会がない環境だったこともあり)彼女がそう言うなら、そんな時期に来たんだろうくらいに思った。
そして彼女と話し合い、2週間後に彼女のご両親にあいさつに行った。
自分は一人っ子でその前の年に父親が事故でシんでいたので、まあ母子家庭と言えば母子家庭だった。
そしてそのことが彼女の父親は気に入らなかったらしい。
片親のところには嫁に出せないと言われた。正直なところ自分が頼りなかったってこともあるのかもしれないが、
片親のところに嫁に出せないと言われると、実際片親だったのでなんといえばいいのかわからなくて言葉を返せなかった。
しかし何も言わずにいるわけにはいかないと思ったので、自分が彼女のことを大切に思っているし
幸せにするための努力は精一杯させてもらう、みたいなことをつたないながらも言った。
自分の何がいけなかったのかいまだに理解できないんだけど、彼女の父親にお茶をぶっかけられて追い出された。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

519: 名無しさん@HOME 2010/04/07(水) 10:41:11
両親泥沼離婚、母猛毒、育ててくれた父もすでにタヒんで
実家のない自分。親戚もなし。
三流大卒だし、資産もないし、絵に描いたような低スペックドキュpgrだけど、
なぜか優しい旦那と可愛い娘たちに恵まれ幸せ。

この穏やかでささやかな暮らしを守って行きたいだけなのに、
トメがなにかと「家族」「実家」というキーワードに反応する。
例えばテレビで離婚家庭の子供の非行が取り上げられると、
トメ「やっぱり片親だとねえ…(チラッ」
私「はあ」
トメ「親の愛を知らないとねえ…」
私「……」
トメ「……ハァーッ(大きなため息、首振り)」
みたいなやり取りがある。
家庭環境に問題のあった犯人の起こした事件があると、ご丁寧に電話をしてくる。
正直気分が悪い。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
821: 名無しさん@おーぷん 2014/12/14(日)20:03:22 ID:pIG
彼氏とは21歳で付きあい始めた。当時向こうのご両親は優しかった。
24歳の時、私の父が他界した。
それをきっかけに向こうのご両親の態度が変わっていき、彼も感化されて横柄になっていった。
ある時「そっちの方が片親で条件悪いんだからさ」と
半笑いではっきり言われ、冷めて別れた。
別れる時、理由は告げた。
彼は「そんな事くらいで俺を嫌いになるわけ?」となぜか泣いていた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

362: 名無しさん@HOME 2014/07/05(土) 10:30:24.04

息子の友達は父親がいないのだがそれを知った嫁が
「片親の子供はろくでもないから遊ぶな」
と息子に言った

俺はそんな事で差別をするのは良くないと嫁を叱ったのだが
嫁は自分は正しいといって考えを改めようとしない

嫁の父親が汚水の汲み取りの仕事をしているので
「お前だって父親の仕事で差別された事があって
嫌だったって言ってたじゃないか?自分がされていやな事
を息子にさせる気か?」
というと
「お父さんがいるのといないとじゃ話がちがう
片親がまともに子育てなんてできない」

と言って譲らない

しばらくの間息子が寝た夜ずっと嫁とそのことで言い合っていたのが修羅場

最終的には嫁は
「あんたの底が知れたわ」
と言ってその事での言い合いは終わった



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
illust020

631: 恋人は名無しさん 2011/12/04(日) 13:28:40.93 ID:ioNGvwVS0


私子:20代前半 
彼男:20代後半 

私と彼男は同じ職場で付き合って1年半。 
一人暮らしの私が体調を崩し、飼っていた赤ちゃんの犬の世話ができないので、1週間ほど彼男実家で預かってもらうことに。 
もともと犬を飼うことには彼男も賛成で、私子の仕事が忙しいのでできるだけのことは手伝うと言ってくれていた。 
一週間後、彼男にもう体調も戻ったし、犬を連れてきて欲しいと伝えたが、一向に犬は帰ってこない。 
何度も催促をすると、彼男実家から召集命令。 
初めて彼男の実家に呼ばれ(もともと彼母は私との付き合いをよく思っていない。)、驚きながらも伺うと、にこやかな彼母。 
彼母「いらっしゃい、私子さん。」 
私子「先日は体調を崩し、犬の世話をお願いしてしまい、申し訳ありませんでした。」 
彼母「いいのよ、全然。気にしないで。でも彼男から聞いてるんだけど、私子さん、お仕事忙しいんでしょ?子犬ちゃんにも一人ぼっちはよくないし、もうしばらく預かるわ。結婚したら引き取りに来ればいいしww」 
私子、目がポーン。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
10172003170

169: 名無しさん@HOME 2013/02/22(金) 07:40:40.58 0
自分の修羅場 
全部元がつきます 

恋人にプロポーズされてそれを受け義実家に挨拶に行ったところ 
姑に片親育ちの女との結婚なんて許さない、子供がいるのに簡単に 
離婚するような親に育てられた子供も信用できないとかなりきつい口調で言われ 
当時は私も若かったので苦労して育ててくれた母のことまで言われて頭に血が上り 
それなら認めてくれなくても結構ですと喧嘩を買う形になってしまった 
彼は出来れば実家とも仲良くしてほしいと言っていたけど、最終的に自分を選んで 
実家とは縁を切ってくれた 

でもその後、姑が突然離婚 
それまで舅に色々不満はあっても子供たちが就職や結婚で不利にならないように 
我慢してきたのに、息子が片親の女を取って実家と絶縁したことで 
何もかも馬鹿馬鹿しくなったらしい。当然義実家は大騒ぎになった 
これが第一の修羅場 

その翌年義兄夫婦が離婚。義兄は姑から結婚前は相手を吟味はしても 
結婚したら、まして子供が生まれたら色々なことには目をつぶり 
子供のために家庭を守りなさいときつく言われていたので 
離婚したくても出来なかったらしいけど、当の姑が舅と別れてしまったので 
やはりこちらも我慢してるのが馬鹿馬鹿しくなったようで、 
以前から気持ちがすれ違っていた義姉と協議の末離婚が決まったらしい 
夫は義兄の離婚を聞いてかなり落ち込んでいた 
これが第二の修羅場

続きを読む

このページのトップヘ