タグ:犬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

955: 名無しさん@HOME 2014/01/23(木) 14:38:53.62
元義姉(兄嫁)がうちの実家で飼っていた犬を頃したことで弟が激怒して義姉をボッコボコにしたことが修羅場。
元義姉、うちの犬をビニール袋に入れて池に捨てやがった。
結局、大騒ぎになったことにビビって白状した。
義姉曰く、自分は犬が嫌いなのに自分よりちやほやされている犬が気に入らなかったとのこと。
これを聞いた弟が激怒、顔面を思いっきり蹴飛ばして上に乗ってガラスの灰皿でボッコボコにしてた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
669: 名無しさん@おーぷん 2017/03/21(火)19:23:07 ID:zA9
もうやだー!!!
義実家自営で私も事務で働いてるから義兄と毎日顔を合わせるんだけど、この義兄が毎日犬の顔がドーン!と描いてあるTシャツを着てくるのがイヤー!!!
あんなん一体どこで買ってんだよ!!!


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

867: 名無しさん@おーぷん 2017/04/28(金)15:26:03 ID:Yab
我が家は7匹犬を飼ってる。
庭は一族が昔住んでいいて母屋とか離れとかあって土地が広かった。
今はみんな出て行ったから母屋だけ残して他のは取り壊し。
それで庭が広くて犬たちが走り回れる環境にしている。
近所からも愛犬家って言われるし、近所の犬にドッグラン代わりに庭を開放することもある。
犬は大好きだし、ボランティアで資格取ってしつけ教室もやってる。
でもね、慈善家ではない。
それなりに裕福ではあるけど、犬を飼うのも限度がある。
それなのに犬を捨てていく奴が後を絶たない。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

538: 名無しさん@おーぷん 2015/09/26(土)00:37:40 ID:kFe
犬の散歩中に池沼に追っかけられた
昨日の夕方、実家に帰ったら犬の散歩を頼まれた
久々に自然を感じて楽しく歩いていると田んぼに囲まれた田舎道に座り込む人影が
子供ではなく大人とはわかるがそれ以上は遠目でよくわからない
お年寄りでも具合が悪くて座り込んでるのか?ととりあえず道を歩いていくと犬が止まった



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

70: 名無しさん@おーぷん 2015/01/29(木)09:49:06 ID:yTW
完全に自業自得な私たちの結婚式の話を聞いてください。
文才がなくて長くなりました。すみません。

私たち夫婦は独身の頃からチワワを一匹ずつ飼っています。
それがきっかけで仲良くなりお付き合いし結婚に至りました。
結婚式の日に犬2匹をどうするかという話をした時に、2匹も参列させたいと彼が提案しました。
正直うちの両親と向こうの両親はえ…それってどうなの?という感じでしたが、
わたしも彼もウェディングフィーバーで押し切りました。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

159: 名無しさん@おーぷん 2015/09/10(木)05:00:57 ID:Xrd
命の危険とかじゃない、些細なことなんだけど

私は旦那と16歳の頃からお付き合いさせてもらってた
旦那が1個うえ
旦那が成人式迎えた前年に震災で旦那が私の家に避難してきた
両親は幼い頃に亡くなってたので身一つで逃げてきて、私の両親に支えられながら一から生活を作り直してた
翌年私の成人式で、写真を残すことになった



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

278: 名無しさん@おーぷん 2016/11/21(月)22:49:55 ID:8Xc
先々週、深夜に携帯見てたら母親からのメール。
送信は1時間前の11時頃。
内容は「(実家で飼ってる犬)がブドウ食べちゃった、解毒方法あるかスマホで調べて」
(犬にブドウは危険です、下手するとタヒにます)
私は犬を飼ってないんだけど、夏頃に犬にブドウは危険と知って、実家の両親に電話して教えていた。
母はそれを思い出してメールしてきたらしい。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

554: 名無しさん@おーぷん 2016/05/26(木)09:21:31 ID:Ye5
ただの犬の散歩中に犬がリード引っ張ってお母さん転んで手を離しちゃって、その隙に犬が逃げちゃっただけの出来事なんだけど

俺主観では
雨上がりのその日早朝ランニングしてて、疲れたから公園の芝生を休息がてら歩いてたら



続きを読む

このページのトップヘ