スポンサードリンク

タグ:病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

520: 1/3 2015/04/12(日)00:50:33 ID:bcv
長文になるが、語らせてくれ。
嫁と出会ってから嫁が亡くなるまでの半年間が人生最大の修羅場。
嫁の元旦那に慰謝料請求されたときが人生第二の修羅場だった。

嫁と俺とは幼馴染だったんだが、もう十何年も全然会ってなくて、
人づてに嫁が別の男と結婚したらしいと聞いたときも「ふーん」てなくらいだった。
それがたまたま家の近所で再会したんで、懐かしくて声かけたら、俺の顔見るなり泣き出した。
どうも家出らしいとは思ったが、結構な夜更けだし、行くあてもないらしいからとりあえず俺んちに連れていった。
聞けば、旦那が浮気して女を堂々と連れ込むようになったんで家出したんだが、
実家には「外聞が悪い」と追い返されて途方に暮れてたらしい。
着の身着のままで所持金もほとんどなかったし、何だか具合も悪そうだったんで、
とりあえずそのまま泊まってもらうことにした。

翌日病院連れて行ったら、えらいことになった。
嫁、いきなり緊急入院。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 名無しさん 2014/03/23(日)12:33:34 ID:oejUasQt6
マジな話、どっか精神障がいかと思う。

2: 名無しさん 2014/03/23(日)12:37:40 ID:oejUasQt6
嫁43歳。

いっつもこんな感じ。(これは軽い方の例え)

嫁「ねえA,B,Cのどれがいいかなあ、あなた決めて」
俺「俺はDじゃなければどれでもいいよ〜」
嫁「あたしはD!絶対Dにする!!!」

3: 名無しさん 2014/03/23(日)12:42:14 ID:oejUasQt6
嫁「D,D,D,!!!これしかない」
俺「もういいよ好きにしろ(怒)」

後日・・・

んで案の定

嫁「あなたがDって言うからこんな事になった!」
俺「お前な・・・・怒」

4: 名無しさん 2014/03/23(日)12:48:32 ID:oejUasQt6
決断を俺にさせるくせに、俺が選ぶ事柄の逆の行動を取り、
その結果悪いことになった責任を俺に求め責める。

んで、最悪なのが、この一連の問題行動が、悪意とかではなく
無意識な所なんだよね。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

857: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 21:33:17.19 ID:91lTk86c0.net
当事者以外には怖い話かは分かんないけど俺にとっては洒落にならない怖い話。

大学時代、チック症を抱える同期、Aがいた。
A本人に直接聞いた事はないけど、おそらく無意識に
「あの女レ/イ/プしたいっ、マ○コっ、おかしたいっ、しこりたいっ」ていうわ/い/せ/つなせりふを
一日中呟いてる。

本人はまったく無自覚な様子で、会話内容は爽やかな感じで明るいし、
人なつっこく、同期のやつらもチックに慣れていくにつれて、
なんとか彼を受け入れてやろうと努力していた。一緒に遊んだり出かけたりして、チックが出てくると
「おい、あのゲームやった!?」「あの靴ばりかっこよくない!?」と少し大きめの声で新しい話題を振ってやると少しの間症状が収まるような、Aと付き合う”コツ”のようなものも、皆覚えて行った。

卒業後、皆地元や就職先がバラバラな事もあり、グループは何となく縁が切れていった。
誰かから「Aが就職で相当苦労してるらしい。面接で100%落とされるらしい」
という噂だけは聞いたように思う

つづく


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

449: 名無しさん@HOME 2007/05/17(木) 11:24:09
同居トメ
「腰が痛い」「肩が痛い」「めまいがする」
などと毎日のように仮病を使い、家事を何もしない。
そのくせ週末になるとトメ友と温泉三昧。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

753: 名無しさん@おーぷん 2015/08/02(日)14:18:45 ID:6gv
物心ついた頃から、うちは母子家庭。
私が高校生の頃に母は再婚したが、私は旧姓のまま。
私は高校卒業後に就職して社会人に。

会社がブラック企業で身体を壊したが、苗字が違う実家には頼れなかった。
彼女の家に転がり込み、昔のように働けなくなった身体でヒモのような暮し。

私が30歳になる直前、母が癌でタヒんだ。
「ああ、これで完全に俺は家族がなくなったんだな」
と思ってた矢先、彼女の勤め先が倒産。
彼女の失業保険で暮らしながら、
本気でジサツしたほうが楽だな…と思い始めた頃、
突然、弁護士から連絡が来た。
「貴方のお父様がお亡くなりになり、貴方に遺産が……」
詐欺かと思って、彼女に同席してもらって、ホテルの喫茶店で会ったところ、
これが本物の弁護士で、亡くなったのは会ったことのない本当の父。

贈与税45%さっぴかれても、一生、暮していけるだけの遺産が手に入った。

とりあえず、遺産のうちのマンションの一室に引っ越し、
今後、どうするか? 1年かけてじっくり考える。
受験勉強して、行けなかった大学に通おうかな?
資格とって、開業しようかな? なんかお店でも開こうかな?
人に使われるのも、もう嫌だし、人を使うのも嫌だし。

ずっとお世話になっている彼女との結婚は、
私が社会的身分を手に入れてからする約束です。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/04(土) 15:53:45.88
すげー昔にここで相談したんだけど
今さっき全部終わったよ
中2から16年の付き合いだった
大学時代は仙台神奈川の遠距離だったけど頑張って月2で帰ってたっけ
そんな思い出が溢れて帰りの電車で号泣してしまった
周りの人は多分ひいてただろうな

昔私が浮気したらどうする?って聞いてきた時に
自分に魅力がないから浮気されるんだ!だからさらに頑張ってまた振り向いてもらう!
みたいな度量の大きい男演じてたなーそういえば

いいたいことが山ほどあるけどとりあえずサケでも飲んで心落ち着ける


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

93: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/10/06(火) 22:40:13.53
スレチかもしれんが、他に適当なスレが分からないのでここに投下する
嫁の浮気を疑ってたわけでは無いが、ある日体調が悪くて早退した時に、
もし浮気してたらどうしようとか思いながら、帰宅した。
嫁の浮気よりももっと衝撃的なものを見てしまった。
高2の娘の部屋に人の気配がするから「なんだ帰ってたのか?」とか言いながら部屋のドアを開けたら娘の上に男が乗っかってたわ
むちゃくちゃ怒鳴り散らしたよ
その後しばらく付き合ってたようだが今は別れてる


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

921: 名無しさん@おーぷん 2015/07/08(水)11:22:33 ID:e8G
今日休みなのでつらつら書いた。長くてすまん。

一度目の結婚、俺は24で元妻(以下“元”省略)は29、5つ年上だった。
が、妻は背がちっこくて可愛くて、誰が見ても年上女房には見られなかった。
2年目、仕事から帰ると妻が泣きはらした目で産婦人科に行ってきたことを話した。
子/宮がん検診に引っかかって、全摘を勧められたらしい。
子/宮を取ってしまったら妊娠は望めなくなる。だけど摘出するなら早い方がいいそうだ。
不思議なぐらい迷いは無かった。
早い方がいいと医者が言うぐらいだから、迷ってるヒマはない状態なんだろうなと思ったし。
そりゃあ子供は欲しかった。だけど妻の命に代えられない。
そして手術を受けた。
「鎹なんかなくたって、俺たち大丈夫だよ」本心からそう言った。
この時は本当にそう思ってたし、妻を愛していた。
だけど妻の方がなかなか心の整理が出来なかった。
社宅住まいだったので、どうしても回りは同世代が多く、新婚や妊娠中の人、
小さい子供を遊ばせている人が多い。
それを見るのが辛いようだった。
手術のことは妻の希望で社宅の人には話していなかったから
悪意はなくとも踏み込んだ質問をされることも多かったらしい。
「そろそろお子さんは?」と聞かれるたびに
「妊娠できないのに、そんなこと聞かれるのが辛い」と愚痴をこぼした。
どうにか気分転換させないとと思って、多少無理しても本人が望むところに連れて行った。
海外旅行も年2ぐらいでやってた。友達同士の旅行にも行かせた。
本当は子供が出来ない以上、老後の為にも貯金に励まなきゃと焦りもあったが
今はとにかく妻のやりたいようにさせて、ストレスを溜めさせないことが優先だと思った。
が、いつまで経っても「今日こんなこと言われたー、子供できないのにー」
「今日も言われたー、泣きたいー」「今日もー」と愚痴を聞かされる。
多分、本人が思ってるほどガッツリ言われたわけじゃないことも
神経質に捉えてクヨクヨしてるようだった。
そういうの全部ひっくるめて支えるつもりで手術同意書にサインしたつもりだったけど
仕事から疲れて帰ってきて度々愚痴られるとどうしていいか分からなくなった。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ