スポンサードリンク

タグ:病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

449: 名無しさん@HOME 2007/05/17(木) 11:24:09
同居トメ
「腰が痛い」「肩が痛い」「めまいがする」
などと毎日のように仮病を使い、家事を何もしない。
そのくせ週末になるとトメ友と温泉三昧。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

753: 名無しさん@おーぷん 2015/08/02(日)14:18:45 ID:6gv
物心ついた頃から、うちは母子家庭。
私が高校生の頃に母は再婚したが、私は旧姓のまま。
私は高校卒業後に就職して社会人に。

会社がブラック企業で身体を壊したが、苗字が違う実家には頼れなかった。
彼女の家に転がり込み、昔のように働けなくなった身体でヒモのような暮し。

私が30歳になる直前、母が癌でタヒんだ。
「ああ、これで完全に俺は家族がなくなったんだな」
と思ってた矢先、彼女の勤め先が倒産。
彼女の失業保険で暮らしながら、
本気でジサツしたほうが楽だな…と思い始めた頃、
突然、弁護士から連絡が来た。
「貴方のお父様がお亡くなりになり、貴方に遺産が……」
詐欺かと思って、彼女に同席してもらって、ホテルの喫茶店で会ったところ、
これが本物の弁護士で、亡くなったのは会ったことのない本当の父。

贈与税45%さっぴかれても、一生、暮していけるだけの遺産が手に入った。

とりあえず、遺産のうちのマンションの一室に引っ越し、
今後、どうするか? 1年かけてじっくり考える。
受験勉強して、行けなかった大学に通おうかな?
資格とって、開業しようかな? なんかお店でも開こうかな?
人に使われるのも、もう嫌だし、人を使うのも嫌だし。

ずっとお世話になっている彼女との結婚は、
私が社会的身分を手に入れてからする約束です。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/04(土) 15:53:45.88
すげー昔にここで相談したんだけど
今さっき全部終わったよ
中2から16年の付き合いだった
大学時代は仙台神奈川の遠距離だったけど頑張って月2で帰ってたっけ
そんな思い出が溢れて帰りの電車で号泣してしまった
周りの人は多分ひいてただろうな

昔私が浮気したらどうする?って聞いてきた時に
自分に魅力がないから浮気されるんだ!だからさらに頑張ってまた振り向いてもらう!
みたいな度量の大きい男演じてたなーそういえば

いいたいことが山ほどあるけどとりあえずサケでも飲んで心落ち着ける


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

93: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/10/06(火) 22:40:13.53
スレチかもしれんが、他に適当なスレが分からないのでここに投下する
嫁の浮気を疑ってたわけでは無いが、ある日体調が悪くて早退した時に、
もし浮気してたらどうしようとか思いながら、帰宅した。
嫁の浮気よりももっと衝撃的なものを見てしまった。
高2の娘の部屋に人の気配がするから「なんだ帰ってたのか?」とか言いながら部屋のドアを開けたら娘の上に男が乗っかってたわ
むちゃくちゃ怒鳴り散らしたよ
その後しばらく付き合ってたようだが今は別れてる


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

921: 名無しさん@おーぷん 2015/07/08(水)11:22:33 ID:e8G
今日休みなのでつらつら書いた。長くてすまん。

一度目の結婚、俺は24で元妻(以下“元”省略)は29、5つ年上だった。
が、妻は背がちっこくて可愛くて、誰が見ても年上女房には見られなかった。
2年目、仕事から帰ると妻が泣きはらした目で産婦人科に行ってきたことを話した。
子/宮がん検診に引っかかって、全摘を勧められたらしい。
子/宮を取ってしまったら妊娠は望めなくなる。だけど摘出するなら早い方がいいそうだ。
不思議なぐらい迷いは無かった。
早い方がいいと医者が言うぐらいだから、迷ってるヒマはない状態なんだろうなと思ったし。
そりゃあ子供は欲しかった。だけど妻の命に代えられない。
そして手術を受けた。
「鎹なんかなくたって、俺たち大丈夫だよ」本心からそう言った。
この時は本当にそう思ってたし、妻を愛していた。
だけど妻の方がなかなか心の整理が出来なかった。
社宅住まいだったので、どうしても回りは同世代が多く、新婚や妊娠中の人、
小さい子供を遊ばせている人が多い。
それを見るのが辛いようだった。
手術のことは妻の希望で社宅の人には話していなかったから
悪意はなくとも踏み込んだ質問をされることも多かったらしい。
「そろそろお子さんは?」と聞かれるたびに
「妊娠できないのに、そんなこと聞かれるのが辛い」と愚痴をこぼした。
どうにか気分転換させないとと思って、多少無理しても本人が望むところに連れて行った。
海外旅行も年2ぐらいでやってた。友達同士の旅行にも行かせた。
本当は子供が出来ない以上、老後の為にも貯金に励まなきゃと焦りもあったが
今はとにかく妻のやりたいようにさせて、ストレスを溜めさせないことが優先だと思った。
が、いつまで経っても「今日こんなこと言われたー、子供できないのにー」
「今日も言われたー、泣きたいー」「今日もー」と愚痴を聞かされる。
多分、本人が思ってるほどガッツリ言われたわけじゃないことも
神経質に捉えてクヨクヨしてるようだった。
そういうの全部ひっくるめて支えるつもりで手術同意書にサインしたつもりだったけど
仕事から疲れて帰ってきて度々愚痴られるとどうしていいか分からなくなった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

964: 名無しさん@HOME 2008/04/29(火) 23:43:34
弟が結婚。一時的に嫁と実家に居候。
(新居が建つまでの1ヶ月半ほど、荷物置き場兼同居みたいな感じ)
弟嫁は、家族ドリーム全開の娘さんだった。
姑とは共に気遣いながら、良い距離感を保って良き嫁姑関係☆
義理のお姉さんとも、ホントの姉妹みたいに仲良くしちゃうゾ!
子供を産んで、みんなに愛されながら育つ私のコドモたち♪
チャーミーグリーンみたいな仲良し夫婦!秘訣は毎日のハグ?
いちいち文末に浮ついた記号が表記されんばかりの勢いで、ドリーム炸裂。
別にひとつずつ見ていけば、「実行できれば理想的」なものなのだが、
弟嫁にかかると、なぜかそれがカチンとくるように変換されてしまう。
私怨の気持ちもあるからそう感じてしまう部分は否めないが、
全体的にこう・・・押し付けがましいというか、空回っているというか。

そんな弟嫁から見て、28歳、3年程彼氏なし、実家住まい。
そんなコトメ(私)は不可解な生物だったらしい。
弟夫婦の居候生活が始まってから、毎日のように「夕食後の姉妹の団欒」で
お茶と一緒にくだらない演説をちょうだいしていた。

弟嫁曰く、結婚して愛する人の子供を産み育てるのは女性の最大の喜び。
結婚のけの字もない状態の私は、自らその幸せを放棄しているのと同じらしい。
一番女性が輝く時間を、特に何もすることなく(当時私は退職後だった)過ごし
少しのバイトと家から出ない生活では人間としても輝けない。
私はすぐにオシャレをして人との出会いを外の世界で探し、
結婚という幸せのゴールを目指さないと、年齢的にももう手遅れ手前なんだとか。
最初はハイハイ、スイーツ(笑)ドリーム(笑)で絶賛スルーしていたが、
ある日、母と台所で話しているのを偶然聞いてしまって、キレた。
「私たちが幸せそうなのをあまり見せ付けるの、何だかお義姉さんに悪くって」



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

185: 離婚さんいらっしゃい 05/02/05 19:29:56
不倫したあげく出て行った元奥が重い病気らしい。
両親とはタヒ別、兄弟とは不倫のことで縁を切られ、挙げ句の果てに
一緒に逃げた間男とは別れて、孤立無援状態らしい。

知りたくなかったし、知らなければ良かった。

憎むことすら出来ないというのは辛い。
せめて幸せな状態だったら、気にせずに済んだのに。。。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【1/2】一度は再構築→夫がまたフリン→夫『持病が悪化したから手術することにした…だからそれまでに離婚したい』プリのせいで病状は悪化→とっととハンコ押しちゃうか…
の続きです。

787: 名無しさんといつまでも一緒 2008/01/11(金) 00:58:28
でもどうだろう?
これから手術や入院生活を強いられる持病持ちの旦那に
それだけの額を払う甲斐性があるんだろうか?

実際に減額調停とかされたらそこまでですよ。
裁判なんてされたらよほどの敏腕弁護士でもない限り
そういう人物にまで支払命令を下すとも思えないし。

それならいっその事、仮にタヒんだ時のために
将来後妻になる予定(?)のプリと旦那に
保険金の一部を慰謝料の充当金として払うように一筆書いてもらったら?
そういうのってダメなのかな?
なんかどんだけ公正証書にして残しても現金としてもらえる額は
かなり低くなりそうな気がする。

言い方悪いけど、そんな旦那ならいっそのこと早いうちにタヒんでくれって思うよ。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ