スポンサードリンク

タグ:祖母

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

323: 名無しさん@おーぷん 2016/11/20(日)10:58:58 ID:4Yl
両親は50代、祖父母70代。祖母は嫁イビリばーさん。
祖父母の家に行くと祖母が母をイビリまくり。
祖父も父も止めず
帰り際に祖父が「あいつがすまんな、Y子さん(=母)」と小声で謝って、
父は帰りの車内で「いつもごめんな、今回だけ堪忍してくれ」と言う。
これ↑がお決まり。
1ヶ月もするとまた祖母から電話があり、父が「顔さえ見せりゃ黙るんだから、な?」
と母にお願いのポーズをして、上のことが繰り返された。
私と弟は中学生になると部活を理由に祖父母の家へ行かなくなった。
行っても気分悪いだけだから。
父は「〜を買ってやるぞ」と懐柔しようとしてきたけど、
(弟はたまにつられてたけど)私は盆正月以外は一切行かなかった。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

923: 名無しさん@HOME 2012/03/13(火) 11:45:33
自分が実家から離れて東京の大学に行ってた頃の話。
夜の11時に母から電話があって、「妹が壊れたよww」とハイテンションな
電話がかかってきた。数時間前、その当時家で母と妹に介護されていた祖母が風呂に入って
いて、浴槽の中で立ち上がれなくなってしまったらしく、母と妹で抱えだそう
としたができず、父に加勢を求めたが「自分の母親のネ果を見たくない」と拒否。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

142: 名無しさん@おーぷん 2016/06/12(日)09:23:11 ID:nbe
昔、夫が慕っている父方の祖母に婚約の報告に行ったことがある。
そこは徳島の藍染の町で、婚約のお祝いにと反物をプレゼントしてくれた。
そして和裁が趣味の私の祖母が、それで浴衣を縫ってくれた。
その後結婚してふたり子供を産んで膨らんでサイズ的に着られなくなって、
袖を通したのは5年ぐらい。
仕立て直せばいいんだけど、ふたりの祖母が他界してしまって
なんとなくそのまま残しておきたかった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

156: 名無しさん@おーぷん 2015/01/20(火)18:45:06 ID:dIh
もう10数年前だが、祖母が新聞紙に包まれてた重い何かを私に渡して、
「絶対みんなにバレないようにあなたが隠して持ってなさい。私がタヒんだらそれを持ってこの家
を出なさい。必ず大事に使いなさい、この家にもう戻ってはいけないよ」と言った。

この時私は高校出て、家事と寝たきりの祖母の介護をしてた。夜の介護も私なので同室。
大学は「馬鹿だから行くな」と親に言われた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

287: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)22:31:39 ID:geO
小学生の時に両親が離婚
いったん母親に引き取られたがすぐに母方祖母に預けられ
仕事を見つけたら迎えにくると言われたものの、母からの音信は間もなく途絶えた
以来私を育ててくれた祖母は祖父の後妻で母と血の繋がりはなかったが
「これからは女も仕事を持って自立して生きられなくては」と常々私に言って聞かせ
パートを掛け持ちして学費を工面し私を大学まで上げてくれた
しかし大学3年の時にその祖母が急タヒ
あまりに突然のことで、県外の大学に通っていた私はタヒに目にあうことすらできなかった
悲しいを通り越して茫然自失のなか、親身になってくれた近所の人たちと葬儀社さんのおかげで何とか一連の葬儀を終えた


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

455: 名無しさん@おーぷん 2016/02/16(火)11:19:07 ID:JzJ
幼馴染を見捨てた、ってレスをどこかで見たから似たような話。

中2の夏、ヤンキーに憧れていた私と友人Aは意味なく深夜に街を徘徊していた。
お金もなくすることもなかったので公園でたまってたら、同じ中学の卒業生でみんなの憧れだった、バリバリにヤンキーのT先輩が声をかけてきた。
私はTが好きだったので一生懸命話しかけたが、


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

938: 名無しさん@おーぷん 2017/09/09(土)19:10:39 ID:Klo
明治生まれのうちの祖母は暴君だった
人のやることなすこと何でも頭から否定して怒鳴りつけ、時には何もしてないのに目がタヒんでるとか言ってまた怒鳴る
そんな性格のせいか、祖父は俺が生まれるよりずっと前に心を病んで体壊して亡くなって


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

656: 名無しさん@おーぷん 2016/08/06(土)00:01:58 ID:O9Z
昨年の暮れに会ったときは元気だった祖母がボケ始め、数か月で一気に認知症が進行し、
母の友人のツテで特別養護老人ホームに入ることになった。

4月くらいに実家に帰った際、祖母と同居していた両親とホームに面会に行ったら、
祖母は俺の顔も名前も覚えてなかった。

幼い頃から可愛がってもらっていたのですごくショックだったが、


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ