必見!オススメ人気記事

タグ:祖父

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

831: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/19(火) 16:42:41 ID:Qbr8jeCM
大人になってからの修羅場。 
胸骨の辺りが痛くて痛くて仕方なくて鏡で見たらニキビみたいなのが出来てた。介護事務やってて幸い看護師さんが居て症状を話すと、ヘルペスの一種の帯状疱疹だねと言われた(知らない人はググって 
凄く痛いから早退して病院行っておいでって言われて診察結果も帯状疱疹(ヘルペス)だった。 
そのまま帰宅したら、数日前から胸骨に激痛するって言ってるのを心配してた心優しい祖母が何の病気だった?と聞いてくるので、ヘルペスだったよと答えた(帯状疱疹って初めて聞いたし分からないと思って 
そしたら、言うが早いが「せい病とかこのふしだらが!」って怒号と共に凄い力でビンタされた。 
そしたら祖母の腕が骨折して泡吹いて倒れて救急車呼ぶ羽目になって修羅場だった。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

542: 名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日)14:47:52 ID:???
ちょっと違うタイプの衝撃話。

私の祖父は昔はとても短気な人だったらしい。
私の眉毛の上には2cmほどの傷があって(傷の位置はフェイクです)
その傷の原因を作ったのが祖父だと言う事は聞いていたので
(祖父が暴れて割れたガラスの破片が直撃したとか)
よく暴れたという周囲の話は本当なんだろう。
だけど、私の記憶にある祖父は
たまに激高するときがあったけど
度々ってわけじゃなかったから
“怒ったら怖い人”と言う程度の認識だった。
暴れる姿なんて見たことなかったし、
普段は無口で矍鑠としてて、
私はそんな祖父をカッコイイと思ってたし、
その傷の事も、私自身はそれほど気にしてなかった。
うんと小さい頃の傷だから、黒子と一緒で
それも含めての自分の顔と思ってたし。
だから“おじいちゃん子”というわけじゃないけど
祖父にはそれなりに懐いてた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

519: 名無しさん@おーぷん 2014/05/08(木)12:54:26 ID:ULbkDPnHg
オカルトな復讐?

小学校の同じクラスにガキ大将がいて、それがまた、けっこうなDQNでした。名前は普通でしたが。
ある時、放課後みんなで遊んでると、途中ガキ大将が無理やり入ってきて、それにある男子が文句つけて大喧嘩に。
最後は散り散りになって、うやむやのうちに解散で、別の男子と一緒に帰ってるとそこにガキ大将が。
なぜか二人して頭にゲンコツを、ゴチーンゴチーンとお見舞いされ、私と男子は大泣き。
あげくガキ大将は私が身に付けてたお守りと、男子のリストバンドを奪い取り、去って行きました。
「これは人質な!」とかなんとか。
喧嘩相手男子は敵で、私と男子にガキ大将側に付け、ということらしかったです。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

337: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/26(水) 01:18:05.81 ID:R3U7LaYz
服を買いにきた2〜3歳くらいの男の子とその両親とおじいちゃんとおばあちゃん。 
おじいちゃんが某海賊アニメのトレーナー見付けて男の子に見せたた。 
爺「孫くん、これはなに?」 
孫「わんぴーしゅ」 
爺「これは?(ゴムゴム)」 
孫「わんぴーしゅ」 
爺「これは?(医者)」 
孫「わんぴーしゅ」 
爺「これは?(料理人)」 
孫「わんぴーしゅ」 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

206: 名無しさん@おーぷん 2015/08/30(日)18:11:00 ID:wdu
私は働くことが嫌いで、大学を出てからしばらく無職、バイトも皆無でニートとしてすごしていました。
家事はとても得意で、高校時代から付き合っていた年上の彼氏(現旦那)も結婚したら家事だけしてくれていいよ〜と言ってくれていたのでその気でいたのですが、彼は中々結婚してくれず。
しびれを切らして問い詰めると、アルツハイマーの祖父が亡くなったら結婚したい、とのことでした。
今思うと私に介護をさせないため、すべて私のことを思ってのことだったのですが(亡くなったら家も改築してくれるとまで言っていました)、
当時私は自分が働けないことの焦りや、友人達はバリバリ働いていることに引け目を感じていて、
ストレスでお
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

200: 可愛い奥様 2013/12/15(日) 13:20:13.41 ID:Qmi/g3Hz0
豚切りすまぬ。かなり長文。 

ある冬の朝、起きて台所に行くと母と祖父(実母の父、実母は離婚している)が真面 

目な顔で話をしていた。 

その時にはもう話は終わっていたようで、後から母に何を話していたか聞いてみると 
母が朝4時ぐらいにトイレに起きた時の事だった。 

当時の我が家の構造は、玄関から入って数メートル廊下が続く右側にトイレがあった 

。だからトイレに行く時には必ず玄関が見えるようになっていた。 

母がトイレに向かうと、玄関から喪服を着た女性が4人ぞろぞろ入ってきて 
トイレの中に消えて行った。しかも一番前の人は骨壷を持っていたらしい。 
母は恐ろしくて、結局トイレには行かず引き返し、布団の中で夜が明けるのを待って 

いたという。それを祖父に言うと、もしかしたら亡くなった妹が自分を迎えに来たの 

ではということだった。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

510: 1/2 2010/01/09(土) 13:36:42
スレチだったらスルーしてください。 

成金でわがまま父方の祖父。 
母は育ちが悪いだの罵声を浴びせられ時にはボウリョクをふるわれた。 
さらに幼い私に煙草の火を押し付け、 
私の顔にはいまだにそのあとが残ってる。 
その後私の顔の後に激怒した父母により引っ越し、以来疎遠になっていた。 
幼少の頃はこのように嫌われていたが 
ある時転機が訪れた。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

309: 名無し職人 02/12/04 16:10
祖父の葬儀の時、火葬場でお骨を骨壺に納めていたら 
灰の中からなにやら小さな粒が出てきた 
その後、粒は続々と見つかり その数は40数個にものぼった 
コレは一体なんだろうと親戚一同で話し合っていると 
そこへ遅れてきた祖父の弟でであるTさんがやってきた 
続きを読む

このページのトップヘ

×