必見!オススメ人気記事

タグ:結婚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
illust020

631: 恋人は名無しさん 2011/12/04(日) 13:28:40.93 ID:ioNGvwVS0


私子:20代前半 
彼男:20代後半 

私と彼男は同じ職場で付き合って1年半。 
一人暮らしの私が体調を崩し、飼っていた赤ちゃんの犬の世話ができないので、1週間ほど彼男実家で預かってもらうことに。 
もともと犬を飼うことには彼男も賛成で、私子の仕事が忙しいのでできるだけのことは手伝うと言ってくれていた。 
一週間後、彼男にもう体調も戻ったし、犬を連れてきて欲しいと伝えたが、一向に犬は帰ってこない。 
何度も催促をすると、彼男実家から召集命令。 
初めて彼男の実家に呼ばれ(もともと彼母は私との付き合いをよく思っていない。)、驚きながらも伺うと、にこやかな彼母。 
彼母「いらっしゃい、私子さん。」 
私子「先日は体調を崩し、犬の世話をお願いしてしまい、申し訳ありませんでした。」 
彼母「いいのよ、全然。気にしないで。でも彼男から聞いてるんだけど、私子さん、お仕事忙しいんでしょ?子犬ちゃんにも一人ぼっちはよくないし、もうしばらく預かるわ。結婚したら引き取りに来ればいいしww」 
私子、目がポーン。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
lgf01a201308170700

261: 名無しさん@HOME 2011/10/08(土) 13:37:30

お盆で夫の実家に集まった時、
夫の兄の嫁さんが「もういい加減にしてよ!」とブチ切れた。

結婚直後にうまずめじゃないのか、女の子を産んだら男も産めない役立たず、
夫実家の家事をやらされて、家事もろくにできない穀潰し、他にも容姿、性格、学歴、行動、
ありとあらゆるものに難癖つけられて、いびられてて、その日も陰で言われたらしい。

「あなただってやられてるでしょ?この持ち寄りの赤飯だってケチつけられたでしょ?」
って私も聞かれたけど、私はこの三年全くそんな経験はなく、赤飯もとても喜んでもらった。

義兄の嫁さんに問い詰められて、そんな経験は全くないと白状したら、
義兄の嫁さんはさらにブチ切れて、「なんで私だけなの!?」と私に座布団を乱れ投げてきた。

夫が盾になってくれて座布団が当たらなかったら、
「何庇われてんだよ!」とお盆で殴りかかってきた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
theme_69

216: 名無しさん@HOME 2013/06/17(月) 23:01:24.51 0
修羅場といっていいのか分からんが、俺も一つ 
俺には4歳離れた姉がいるのだが、姉弟仲はすこぶる悪い 
小学校の頃は毎日ケンカだったのだが、姉が中学に上がった頃から 
年の差が影響してか、全く歯が立たなくなった。 
それ以来、姉は自分の要求を全て暴力で通すようになる。 
狭い廊下ですれ違い、俺が道を譲らなかったら無言で俺を蹴り倒し 
踏み潰して通っていく。もうね、その時の表情が虫を潰すような無表情 
ゴミを足でどかしただけですけど何か? みたいな感じ 
もちろん、その度にケンカになるのだが、やはり勝てない。 
母も最初は止めようとしたのだが(うちは母子家庭) 
ほぼ毎日のように繰り返されるケンカに疲れ「死ぬまでやってろ」 
と言って放置するようになった。 

一旦区切ります


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
d170-101-618961-0

702: 恋人は名無しさん 2009/01/16(金) 16:24:30 ID:l6dqWWzlO
修羅場とはちょっと違うかもしれませんが、繋ぎ程度に投下します。 

登場人物 
私子 
K助…彼氏 
Y太…大学の同級生。私子・K助の友達 


K助と私は、大学生のころからの付き合いで、交際4年目。 
K助は在学当時からずっと私にプロポーズをしてくれていました。 
私はもともとあまり結婚願望がなかったのですが、4年間K助の誠実さと一途さ、情の深さを身近で見続け、 
しだいに「この人となら」と思うようになっていきました。 
もともとの性格の違いから喧嘩も多かったけど、 
K助はいつでも私を好きでいてくれました。本当に幸せな4年間でした。 


そんなこんなでその年のクリスマス、K助はいつものように私にプロポーズをしました。 
「いつものように」というのは、K助は私と付き合い出してからずっと、 
お互いの誕生日やクリスマスなどのイベントがある日には、決まって「結婚しような」 
という言葉を添えてくれていたから。その年のクリスマスも同じでした。

703: 702 2009/01/16(金) 16:30:12 ID:l6dqWWzlO
あ、ちなみに当時は、私もK助も25歳でした。 


「もう聞き飽きたと思うけど、結婚しよう。愛してる。これからもずっと愛してる。一生かけて守ります」 
K助のプロポーズはいつも同じ台詞でした。4年間、何度も何度も聞いた台詞です。 
聞くたびにその言葉の重さが重くなっていくように感じていました。 

結局、そのときのプロポーズはいつものように笑って流したのですが、私は心ひそかに 
「K助が次にプロポーズをしてくれたときは、受け入れよう!」と決めました。 
またプロポーズしてくれるって疑ってなかったんですね。今思うとちょっと馬鹿みたいですが、 
それだけ自分たちの愛情を信じきっていました。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
11558140_T3

48: 名無しさん@HOME 2013/08/06(火) 22:08:31.00 0

それじゃあ。

私が発狂して従兄夫婦(当時婚約)が修羅場になった話。

高校に入学してすぐ、私の体は子供が作れないことがわかった。
別に将来の夢はお嫁さんだったとか、当時好きな人がいたなんてことはなかった
けれど兎に角ショックで、そのまま鬱になり学校も不登校気味になってしまった。
それでもカウンセリングに通ったりしたおかげで8月ごろにはだいぶ落ち着いて、
2学期からは学校もまあまあ通えるようになった。

だけど11月の初めの日曜日に、私は基地になった。

その日は親戚の子供たちが七五三ということで、お祝いをもって母の在所を訪ねた。
親戚にあいさつをして従姉の子供を囲んで談笑をしていると、知らない女性がいる
ことに気がづく。まあその時は特に気にしなかったんだ、近所のおばさんとかも来てたし。
でも夕飯の準備になってもその女性は帰らなかったから、少し不思議だった。

でもその時はそれだけだった。子供たちの相手もあったし。
夕飯も出来てさあ乾杯という時、従兄が「今日は大事な話があります」と姿勢をあらためて
しゃべりだした。そしてその隣には、緊張したような例の女性もいた。

「親父達にはも話しましたが、皆さんに改めて報告することがあります。
俺、子供ができて、彼女と結婚することになりました。」

ここから私の記憶はない。気が付いたら病院で寝てた。
そして従兄が修羅場になってた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o0450027812652128956

219: 恋人は名無しさん 03/05/13 23:52

少々長くなるかもしれませんが…私の修羅場体験談ですw

当時、私は15歳でした。
その時付き合ってたのは24歳の研修医(医者の卵??)です。

知り合ったきっかけは、
私は心臓が少し弱くて通院していたんですが、
そこの病院の私の担当医だったんです。

私はまだ中学生で、Hはもちろんキスもしたことなくて、
その先生の事はお兄ちゃん位の軽い考えで付き合ってました。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
12243682

507: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/16(水) 16:06:30.56 ID:sA8Akq6V

結婚して半年。帰省したときに、
母親と一緒にスーパーへ買い物行った。

母は野菜見てて、私は小麦粉取ってきてと頼まれ別行動に。
商品探してたら、知らないおばさんに「この泥棒猫!」と罵られた。

え?私のこと?と振り返っても誰もいない。
その仕草に刺激されたのか、おばさんは私の腕をガシッと掴んで「お前のことだ!」と絶叫。
「性悪娘!A子(知らない子の名前)を不幸にしてそんなに嬉しいか!ひとでなし!」
みたいな事を散々言われる。集まる野次馬。
私の母もやってきて、おばさんの腕を解いて、私の間に割って入ってくれた。

「アンタまだそんなキチ×イみたいなこと言ってんの!?警察!警察呼んで!」
と言う母の言葉に、おばさんはすごい勢いで帰っていった。

買い物もそこそこに家に帰ると、母は、
あのおばさんが同じ組内(通り)に住んでるA山さんだと言う。

私の実家では、隣組制度がまだ生きていて、組内で結婚があると、
各家500円くらい出しあって、ご祝儀にする(お返し不要)、というのがある。

今時頂きっぱなしていうのもねぇ…。近所に住むわけじゃないし…。
と、わざわざ組長さんに私の結婚を言わないことにした母。
しかし、ご近所ネットワークで私の結婚が知れ渡り(どうなの?と尋ねられれば母も嘘は言えず)、
組長さんがご祝儀を募る。
そこで私の結婚を知るA山さん。A山さんには独身の娘さんがいる(たぶんA子さん)。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
e64cb204d14f97807d36b350b8573a01


101: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/23(水) 23:39:55 ID:smiDG90C

知り合いの23歳の女性がちょうど30歳年上の男性と結婚した。
これだけでもプチ衝撃なのだが、
その男性は中学からの親友だという同級生のお父さん。

その男性はまだ親友が2歳のときに奥さんを事故で亡くしてしまい、
自分の実家に戻り、父と母に娘の子育てを手伝ってもらったそうだ。

で、中学のときに親友の家に遊びに行ったら、休みの日なので、
その親友である男性のお父さんと出会い、一目ぼれ。

そのときから熱烈にアプローチしていたそうだが、もちろん、
娘の同級生のアプローチなど常識人であるその男性はやんわりと断る。
しかし、彼女は懲りずに、その後も9年間アプローチし続け、ついに結婚にこぎつけたそうな。

続きを読む

このページのトップヘ