必見!オススメ人気記事

タグ:絵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

755: 名無しの心子知らず 2010/12/11(土) 16:46:53 ID:4qjoj6xd
疲れてるので流れ無視。 


私は美大出身で、実家には高校生〜大学生にかけて描いた絵が置いてある。 
それを親馬鹿丸出しで飾っていたうちの親。 
近所に引っ越して来たばかりのA(高校生と中学生の子供がいる)がその絵を盗んだ。 
Aが丸めた絵を持って行く姿を目撃したBさんが、うちの母に「何をあげたの?」と聞いて発覚。 

A長女が美大に行きたがっているが、周囲に無理だと諭されていて、Aは不憫に思っていた。 
そこへうちの親が、うちの娘が描いたのよ、美大に行ってたのと自慢した。 
Aは私の絵を大学に提出して、A長女を入学させようとした。 
Aは「うちの娘の将来を潰さないで」と泣いていた。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

11: 名無しさん 2014/04/02(水)21:38:13 ID:???
20年ぐらい前の新婚間もない頃の事。
新居が完成するまでの間、義父母と同居してたんだが
ある日私のお気に入りのフロントホックブラが見当たらないのに気付いた。
家事の分担をはっきり決めてなかったので、
いつ洗って、その時に洗濯物を取り込んだのが私だったか義母だったか覚えていない。
まだ家の中で色々遠慮があった頃だったので「私のブラ知りませんか?」なんて聴き辛くて
まさかそんなものを義父がドロボーするとも思えないし、
下着泥でも近所に出没してるんだろうかとか考えたら怖いし、
夫に相談しても「そのうちどっかから出てくるべ」とか言われてトホホって感じ。
で、私が元気がないことを心配したらしい義母が
「義理とはいえ親子なんだから、男どもに話せないような悩みがあるんなら相談に乗るよ?」
って言われて、感激して「実は・・・」と話した。





続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

344: 名無しさん@HOME 2011/01/29(土) 23:19:54
極プチだけど。
去年の母の日、5歳の息子が
かわいいマニキュアと一緒に
「これママ」って絵を描いて私にくれた。
顔がピンクだったり髪が緑だったりだけど
涙が出るほど嬉しかった。
数日後、遊びに来たウトメがその絵を見つけて
ウトは「上手に描けた。いつものボンボンも(シュシュですw)ちゃんとある」
と褒めてくれて、息子もニコニコだった。
続きます

345: 2 2011/01/29(土) 23:23:00
でもトメは自分の絵がないのを知って機嫌を損ね、
「でもお顔がピンクじゃねー、頭だってこんなんじゃないでしょ?
おめめ大丈夫かしら?この子まともなの?」と抜かしやがった。
「字も読めないしねー。困ったわねー、ママに似たのかしら」と。
さらに「これ読める?漢字交じりははまだ早いかしらね(一とか二とか見せて)でもコトメ子はもう読めてたのよね」

その他にも小さい時から言葉が遅かっただの、感情表現が乏しかっただの
ムチュコはそうじゃなかったのに何故かしらだの、いろいろ。
当の息子は自分のことを言われてるのを理解していて
泣きそうな顔で私にしがみついてた。
続きます



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
518148_38619756

434: 1/2 2010/02/25(木) 13:05:57 ID:hbAcn8iE0

なんかどうしようもなくどん引きしたための数年前の友やめ。

私はサイト持ち。オン専。
感想メールが来た事でとあるサイトの管理人Aと知り合った。

同ジャンル、同カプ、萌の方向性が一緒、好みの絵柄なども一緒・・・とにかく気が合う。
絵茶や感想メールのやりとりをするうちにどんどん親しくなり、半年ほど経った頃、
Aから仕事で上京するというメールが届いた。

帝都在住の私は歓喜し、予定が許すならお会いしたいと打診した。
Aからもぜひ会いたいという返事が届き、
二人してキャッキャウフフしながら予定を立てた。

そして当日。

待ち合わせの駅へAを迎えに行く私。
大きな駅だったけれど、目立つ目印の前で、
服装や髪型を事前に知らせ合っていたこともあって、
そんなに迷うこともなくお互いを見つけられた。

見つけられたんだけど・・・私ははっきり言って、自分の目を疑った。
Aは酷かった。外見が。
人の姿を見て、うわあ・・・とどん引きしたのはあれが初めてで、今のところ最後です。

とりあえず褒められる点と言えば、辛うじて不潔ではないということくらい。
後は一昔前のヲタ女や喪女のテンプレ的な外見を思う浮かべてもらえばだいたい合ってると思う。

それでも別に、外見で友達を選ぶわけじゃない。話が合って楽しければ問題なし!と思い、
二人で立てた最初の予定通り予約してあったコンセプトカフェへ向かった。
けれどお店の前で入店するのを渋るA。

なんで?と思いながらも、実際来てみたらお店のイメージが違ったとか、
カフェって気分じゃないとかいろいろあるんだろうなと思って
キャンセルの電話を入れ、予定変更後の希望を聞く私。

ここで気づいた。Aとまったく話が通じない。
そしてAの態度が激しく不審。ぶっちゃけ不気味。
私の顔を絶対見ない。目を合わせない。視線が必ず右や左や下に泳ぐ。

「どこか行きたい所ありますか?東京分かんないだろうから、
だいたいの希望を言ってもらえれば私が探しますよ」的な事を聞いても、
返ってくる返事は「はあ・・・」「まあ・・・」「へえ・・・」といった
訳の分からない相槌?溜息?みたいなのばかり。

その間に「フヒヒ・・・」「ヘヘヘ・・・」という不気味な笑い声が混じる。
怖い。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20100224190150

※閲覧注意!

443: 1/2 2014/06/30(月)01:43:42 ID:GMenQhu9r

幼い頃に大怪我した話

もう25年ほど前、俺が2歳半くらいの時に起こった出来事
当時元気が有り余ってた俺は、目を離すとすぐトテトテ歩きまわって物を倒したり、
台所の戸棚を開けて醤油をぶちまけたりといたずら小僧だったもんで、
親は何か怪我したりしないかといつも気が気じゃなかったらしい

だから、大怪我した当日も親に見守られながら絵を描いていたんだけど、
俺が当時好きだったアニメの絵を描き上げ、
親のところへ持って行くために立ち上がり歩こうとした時にそれは起こった

いくら一人で歩けるようになっているとは言え、
2歳と言えばまだバランスが完全には安定してない時期
そんな状態で絵を前に突き出すような姿勢で歩いた俺は、つまづいて転んだんだ
その手には色鉛筆が握られており、
転んで前に倒れこんだ俺の左目の目頭、眼球と骨の隙間に突き刺さった


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
16001507_T3

114: 名無しの心子知らず 2012/05/09(水) 07:44:06.47 ID:8mlgn12a

朝っぱらからすみません
ちょっとこの前あったこと書かせて下さい

この間突然電話で、娘と同級生のママのAママが
「あなたの家の娘さんのブログを閉鎖させて!」
と言ってきた。
よく分からなかったから適当に返事してそのままにしておいた。

そしたら娘が
「変なメッセージがくる」
って言って私にメッセージを見せた。

メッセージにはAママと同じように「ブログ消せ」だの
「ブログが無理なら絵を全部消せ」だの書いてあった。
絶対Aママの仕業だと思った。 

後日Aママからまた電話が来た  「早くブログ閉鎖しないとうちの子がかわいそう」  と喚いた。  よく聞いたら、A子が「(娘)の絵にどうしても勝てなくて悔しい」と泣いていたらしい  はいはいそうですかと返事をして放置した


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
a0027_001364_m

246: 本当にあった怖い名無し 2009/04/23(木) 17:58:55 ID:7h+qzl2d0

同人友達に自分大好きで褒められないと
機嫌悪くしたりするちょっと痛い子がいた。

お互いに同人やり始めで、他にも駆け出しの人たち何人かでよく集まって絵描いたり話したりしてた。
しばらくしてサイト持ちじゃない人達のネタや絵の構図をその子がパクリ始めた。
あまりにも堂々とパクるのでみんな「うわぁ…」って感じで見ていた。
その当時はHP持ってない子が意外に多く、証明する手立てもなく泣き寝入りが殆どだったらしい。

それ以外にも、その痛い子はパクリ元を叩いたり上から目線だったりイベントで大騒ぎしたりが続いた。
ヲチ板のそのジャンルのスレでは格好のヲチ対象になってた。
それと同時に痛い子のサイトからリンク貼ってる所までもがヲチされ始めて人が逃げ出した。
ヲチされればされるほど痛くなっていくし、交流先や友達もいなくなってるみたいで面白かった。

晒したのは他ならぬ私だったから。
私が温めていたネタを全部パクっていった事は絶対に許さない。

続きを読む

このページのトップヘ