スポンサードリンク

タグ:縁談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

657: 名無しさん@おーぷん 2016/01/05(火)12:32:46 ID:TnH
正月に義実家であった修羅場。
義兄は四十路の独身、義実家とは県内だが近くない別居。
私と旦那は隣県別居だが、まだ私たちの方が義実家に近い。
義兄は仕事はちゃんとしてるけど、極度の綺麗好きなため同居人がいるのは嫌だと未婚。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

131: 名無しさん@おーぷん 2017/02/03(金)10:53:30 ID:5B4
私は大手メーカーの営業で同世代男性の平均より少し上の年収がある。
お正月に実家に帰り、親戚の集まりに行ったら、いとこのニートと結婚しろと親戚一同に勧められた。
誰が8つも年上の30代職歴なしニートを好んで養うか!
最近は専業主夫もよくある話だからとか言われたけど、専業主夫って言うのは家事をきちんとする人の事ですよ。
いとこくん、料理作った事も無いし、本人の部屋も叔母さんが掃除してるくらいですよね。
意味分からないのが、私の父親まで一緒になって私を説得している事。
多分、何にも考えずに周りの勧めに乗ってるだけ。
母親だけが、まだ結婚なんて考えてないでしょ?と助け舟だしてくれたけど、来年から実家に帰るのやめようかな。
お正月から叔母さんがとりあえずメールからはじめてみたら?としつこく連絡してくるから着拒しようか考え中。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

557: 名無しさん@おーぷん 2015/06/23(火)11:49:42 ID:6Yg
高校を卒業して看護学校に入ったけど、在学中に病気してしまって看護婦にはならなかった。
看護婦は体力がないとつとまらない仕事だから、あきらめて会社員になった。
でも看護婦の資格はいちおう持ってる。
病気のこともあって結婚もあきらめており絶賛高齢喪女。
30過ぎて彼氏がほしいという気持ちもゼロになり、
幸い勤続年数が長いためそこそこの給与ももらえるようになって、この仕事関係の資格もとり
一人で生きていけるだけの収入&蓄えはある。

そんな静かな暮らしの中、上司から私が看護学校卒であることがバレた。
べつにバレてもいいやとその時は思って、まわりに聞かれたら「そうです」と受け答えした。
翌日から、縁談の話が山ほど来るようになった。

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

570: 名無しさん@HOME 2013/09/22(日) 18:12:39.10
八年前私達が結婚式した時に、私側の出席者に私の幼馴染(男20代)がいました。
その当時二十代半ばでしたが、三浪して医大生でした。
その幼馴染がコトメに一目ぼれした。その当時のコトメは綺麗だったんだよ。
三十だったけど出るとこ出てて、でも清楚系だったんだ。結婚式でも目立っていた。
二十代はモテモテで選び放題だったらしく、おずおずと私が幼馴染の写真を見せて
「医大生だし将来性があるのでどうかな?友達からでもいいって言ってます。」と言ったら
「はあ?医大生なんてまだ医者じゃないじゃん。しかも地方の私立じゃん。
見た目も普通以下だし。キョーミ無いわ。断っておいて。」
しょうがなく幼馴染には「彼がいるって。」とあながちウソでもないのでそう断った。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
逆さちゃぶ台

361: 名無しさん@HOME 2009/05/07(木) 02:25:46 0

ぶった切って、長いですが、今日してきたDQN。

私と夫と娘・息子の4人で、映画行ってドライブに行き、
帰りに義実家に立ち寄り夕食を取る予定だった。

が、旦那が急きょ仕事になり、一日早くGW終了。

でも先に指定席買ってた映画のチケットがもったいないので、子供番組好きな妹に打診→快諾。
映画とお昼ご飯を軽く、の予定が、中止になったドライブにも連れてってくれた。

義実家での夕食の予定だけはそのままだったので、義実家まで送ってもらった。
遊び疲れて寝てしまった娘と息子を運んでくれた妹が、ウトメに挨拶して帰ろうとしたら、
お茶でも飲んでいってと引き留められた。

遠慮する妹に、少しだけと食い下がる、特にトメ。

じゃあお言葉に甘えてと、4人で居間に行った。
最初は取り留めもない世間話をしていたが、そのうち妹に結婚の話をしだすウトメ。
妹は30代半ば独身だが、結婚はしてもしなくても、巡り合わせ次第だから、という考え。

いい人と縁があればするだろうし、なくても気にしないと笑う妹に、
うちのお兄ちゃん(旦那兄・40・ヲタでパラヒキ)はどう?とすすめてくる。
ないですねー的なことを、言葉を濁しながら苦笑いする妹に食い下がるウトメ。特にトメ。
ないって言ってるじゃないですかと私が言っても、嫁子さんは黙ってて!状態。

最初は(多分、私のウトメだからと)だいぶ遠慮がちに言葉を選んでいたけど、
妹が「本当に申し訳ないんですが、全く好みのタイプじゃないんです」とはっきり言ったら
「脛に傷もつ身で、えり好みできる立場じゃないでしょう?いつまでも恥ずかしい思いして、
実家にいなくてもいいじゃない」
妹の顔から表情が消えたのを横目で確認したのと同時に、
体が勝手に動いてローテーブルひっくり返してた。
悲鳴を上げながら何やってんだと怒鳴るウトメ。
ソファから立ち上がって、持ってた自分の財布入りポーチをウトメに投げつけた。

続きます。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ