必見!オススメ人気記事

タグ:義実家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

836: 1/3 2012/05/17(木) 20:08:06.16
私じゃなくて伯母が偽実家にやったDQ話(伯母の許可済み)でも。 


あれからもう20年くらいになるけど 
ある日の早朝、突如全身真っ黒な服に身を包んだ伯母が 
我が家に従姉妹達を連れて来たと思ったら 
今度はオカンを連れて、またどこかへ出掛けて行ってしまった。 

そして、夜になってやっと二人が満面の笑みで帰って来た。 
その時は、従姉妹達も私達姉妹も全員まだ小学生だったので 
わけがわからないまま、お互いの母親から漂う 
ものすごい酒の匂いにひたすら辟易してその日は終わったが 
(あとから帰って来たオトンが 
その日の夜、このウワバミどもが…と呟いてたのは未だに覚えてる) 

数日後、学校から帰って母方の祖母の家の庭(歩いて1分もしない超近距離)で妹と遊んでたら 
オカンと伯母が二人して祖母に叱られてる姿を目撃した。 
でもなぜか婆ちゃんの口元がニヤニヤしてたんだ。 

怒られてたのはあの日の事かと気になってしょうがない私と妹は 
オカンにあの日何があったのか聞いてみたが 

オカンはニヤリと笑って「まぁ、アンタ達が大人になった時話すよw」とだけ。 

後で事情を知ったらしい姉と父は「お前らが知るような話じゃない!」と 
口を固く閉ざしていた。 
…ここまでが当時の記憶。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

408: 名無しさん@HOME 2009/10/13(火) 15:56:09
思い出した身の上話。 

元夫の実家はけっこう古くからの家で 
「せんそうで空襲に遭っても無事だった」 
「幕末には前線基地として使われた」 
がウトトメの自慢。 
別れることになってその家を出るとき 
「二度とうちの敷居をまたぐな!」 
って云われたから、 
壁蹴破って出てきた。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

242: 名無しさん@HOME 2011/05/27(金) 19:07:36.33
夫が高校生の時父親が亡くなり、今は 
年の離れた独身の姉と母親が実家で暮らしている。 
義姉は早くから夫に「私は結婚しないし、お母さんの面倒は全部見る。 
あなたや将来のお嫁さんには迷惑かけない。」と宣言し、 
それに当たっては財産放棄の書類を書いてほしいと言い、 
母親の施設や介護費用などはそこから出すということで、 
話し合いの結果夫は書き、それを私は結婚前に聞いた。 
私は、介護しなくていいんだと正直ほっとしていた。 
夫は義姉とも義母とも仲が良く、私も時々義実家に行くんだけど、 
元々体が弱かった義母が更に弱って何にでも手助けと付き添いがいるようになってきてから 
義姉が頻繁に夫に電話してくるようになった。 
内容は「しんどい」「私が必シで〜してるのにお母さんは〜」と泣きながら言い、 
最近は「私にばっかりお母さんをおしつけないで!」「もうシにたい」とエスカレートしている。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

441: 名無しさん@HOME 2009/10/10(土) 01:25:08
書き逃げします。 

自分、塾講師してるんだけどウトメコトメはそれが気に食わないらしくて五月蝿いんだ。 
結婚の時に朝遅くて夜もっと遅いって理解してくれた旦那も最近じゃウトメに感化された。 
月1でうちに来て勝手に家族団欒wしてるんだけど今日も帰ったらいたよ。 
冷蔵庫の酒を漁り、リビングをぐちゃぐちゃにし、分別出来ていないゴミを散乱させながら偉そうな義実家御一行。 
「こんな時間までほっつき歩く常識無い女は離婚されても仕方無い」だと。 
そして旦那もうんうん頷く。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

303: 名無しさん@HOME 2013/11/11(月) 16:25:44.28
義両親の希望とこちらも経済的に助かるという事情で同居の話が出た。 
ただ問題は義実家に結婚する気配もない26歳のコトメがいること。 
この時点ではコトメは良くも悪くもなく、というかお互いあまり干渉しなかった。 
でも流石にコトメまで同居は気を使うし、この先子供が生まれれば部屋数的にも・・・ 
と、義両親&旦那がコトメに家を出て自立を促した。 
コトメは「私の家なのに?」と少し渋ったけど旦那「お前じゃなくて父さんの家だ」で 
「分かった、出て行くから一週間くらいちょうだい」ということになった。 
義両親が一週間なんてそんなに慌てなくていいから、といくらかのお金を渡して 
スムーズに同居が進みそうだと思ってた。 
が、コトメが出て行ったのは3日後だった。 
「今までお世話になりました」という書き置きだけ残して行き先も告げずに。 
まるで家出のようなその展開に私夫婦ポカーン、義両親半狂乱。 
その場は旦那が「落ち着いたら引越し先くらい知らせてくるよ」と宥めたものの 
待てど暮らせどコトメからの連絡はない。 
「あの子が帰ってきたらこの家に置いてあげて」と泣くトメの意見を了承して 
微妙な空気の中、同居を開始。 
しばらくして、近所の人の私を見る目に時々引っかかるものを感じた。 
そのうち、近所の噂が耳に入るようになった。 
ある奥さんが早朝犬の散歩中に大荷物を持ったコトメとバッタリ会い 
「あら旅行?」とコトメに聞いたところ 
「兄夫婦が同居するから追い出されたんです。あの家は私の家じゃないって」 
「もう戻って来れないと思いますけど、今までお世話になりました」 
近所の人にとっては、コトメ=子供の頃から知ってる子、私=見知らぬ新参者。 
私は同居開始前からコトメを追い出した鬼嫁として近所に広まっていた。 
家に帰れば明るかった義両親が見る影もなくやつれている。 
どうしてこうなったんだろう。 
どう考えても義両親も旦那も「出て行け!」ってどやしつけたわけじゃないのに。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

444: 名無しさん@HOME 2012/06/25(月) 09:06:57.95
離婚して二ヶ月…最近になり、娘から人伝に連絡が届くようになりました。 
主人との復縁を願うものや、日々生活に不便をしていること、そして姑や主人がとても厳しく当たるので辛い…といった内容です。 
離婚に到った経緯は姑の嫁イビリの域を超えたボウリョクと、主人そして娘からのボウリョクでした。 
結婚後すぐに主人の実家にて同居になりましたが、その日から私に人としての生活などはなく、本当に日々奴隷のような生活でした。 
食事を作っては捨てられ、私は食卓に付くことすら許されず台所で残り物を食べていました。 
掃除も洗濯も全ては姑の機嫌次第で、滅茶苦茶にされました。 
最初こそ主人は助けてくれましたが、次第に姑と共に私に辛く当たり始め、いつからかボウリョクまで。 
ハエタタキや箒や長い竹の物差しなど、道具はさまざまでした。アイロン台やアイロン本体でなぐられた事も何度もあります。 
逃げてしまえばよかったのにどうしても逃げる事が出来ず、次第に逃げるという考えすら持てなくなりました。 
そしてずるずると結婚生活という名前の奴隷となっておりました。 
本当に奴隷だったと思います。共働きで得た給料は全て取り上げられ、服を買うにも主人や姑に三時間は土下座をしなければ、シタギの一枚すら購入を許されませんでした。 
風邪を引いても休む事は許されず、毎日、朝食と弁当の用意に、洗濯をし干して掃除機をかけてから仕事に行き帰宅してからは、夕食を用意し風呂を沸かし…一息すらつく間もなくあくせく働き、 
姑より先に寝ることも許されなかったので、姑が寝た後午前1時にやっと寝室へ入れました。翌朝は四時起床です。 
それでも娘が生まれてからは、姑も優しくなり主人も穏やかになり、これでやっと幸せになれると思ったのですが、その幸せも束の間でした。 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

547: 名無しさん@HOME 2017/10/12(木) 21:49:49.14
義兄嫁が義妹の里帰りの阻止をうまくやろうとして大墓穴を掘ってしまい落ち込んで私の助けを求めてきた 
話を聞いた限り自業自得なのでもうどうしようもないと告知 
義兄家は二世帯住宅で同居、リビング水回りは共有でプライベートスペースは義両親エリアのほうが倍ほど広い物件で名義は義母 
義妹が里帰り出産で義両親のところで滞在することになった 
義兄嫁は滞在してほしくなかったそうで、義妹に「里帰り出産すると旦那さんが父親の自覚を持つのが遅れる」と煽ったらしい 
親切ぶって「里帰りなしで頑張るなら応援するし手伝いするからね」とも言ったそう 
義妹夫婦の住まいは3駅先だから、たしかに手伝いに行ける距離ではある 
結果、義兄嫁のアドバイスと優しさに感動した義妹は「旦那と一緒に里帰り」して義両親エリアで生活始めた 
義妹旦那の職場には義実家からのほうが近いそうで、義兄嫁以外皆ハッピーな状態
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

778: 名無しさん@HOME 2013/03/03(日) 17:58:34.74
十数年前、うちが郊外に家を買うと、数件先のマンションに義兄夫婦が越して来た。 
義実家も嫁実家からも離れた町にマンション住まい?と不思議に思っていたら、 
義兄から「これから嫁と子の事で色々迷惑かけますが、ヨロシクお願いします」と 
頭を下げられて初めて、義兄嫁が勝手にうちをあてにして引っ越して来た事が判明。 
義兄嫁は、買い物から託児まで私が助けると約束してくれた、と嘘をついてたらしい。 
私は何も聞いてないし何も頼まれてないし頼まれてもお断りだと言うと、義兄はぽかーん。 
その後ウトメ含めて色々あったが、嫁が産後鬱っぽかった事もあり、ウトメと嫁親が 
電車を乗り継いで交代で通い、フォローする事で話はついた。 
続きを読む

このページのトップヘ