タグ:義実家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
375: 名無しさん@HOME 2011/08/30(火) 16:38:41
まだ彼女だった時の話。 

彼氏(現旦那)の元彼女と知り合いで、彼氏の母親が彼女イビリをする事を聞いていた 
まあ内容は夕飯を一緒にと言われて、好きなものや味付けを聞いて逆を出してくる典型的なもの 
八割wktk二割でもまさかなー・・・な心境で彼氏宅にお邪魔した 

思いのほか人のよさそうな菩薩顔オバサンだったので拍子抜けしつつお夕飯一緒に~の流れに 
想定通り好きなものを聞かれたので、お料理の好き嫌いは無いので彼氏君の好物を~としおらしく 
それだと迷っちゃうわと言われたので、
本当に無いんですよ~御茶なら甘いのが好きですけど・・・ 
と何とかひねり出す感じで言ってみた。 

彼氏がお前リプトンのアップルティーとかばっかりだもんなーwと天然支援 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
420: 名無しさん@HOME 2007/04/19(木) 12:29:26
嫁子さんは常識がないから、とウトメ在住地域の当たり前を 
知らなかったというだけでネチネチ言われ続けたある帰省時。 
墓参り後に「私はちょっとお買い物をしてくるから」というトメの 
スカートのファスナーをこっそり下げておいた。 

帰宅後「スカートのチャックが開いていて 
嫌味な近所の婆から、あなたは食べすぎだからチャックが 
閉まらないんだと言われた」と憤慨していた。 
ちょっとスカっとした。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
63: 名無しさん@HOME 2007/08/23(木) 10:50:32 0
じゃあここらでちょっとうちの話でも。 

私はウトとどうも反りがあわなくてさ。 
ウトは典型的な亭主関白。 
対する私はカカア天下の家庭で育ったこともあり、父親を敬え奉れ的な 
思考とは一切無縁。 
父が毒親なのもあって、尊敬の念も薄くて。 
だからって父もウトもぞんざいに扱ってきたわけではないんだけどさ。 
でも、ウトの言うことにハイハイと従わずに納得行かないことには口答えしたり 
したことなんかがウトは気に入らなかったらしい。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
274: 名無しさん@HOME 2009/01/29(木) 14:37:13
結婚してから「優しいおばさん」から「過干渉クソババァ」にクラスチェンジしたトメ。 
何を言っても「息子と結婚したからにはあなたは私の娘よ」と、 
家事にあれやこれや口出し、ダメ出し、嫌み三昧。 
そしてしつこくしつこく孫梅攻撃。 

仕事を辞めて主婦に専念しろとか、基礎体温つけて私に見せなさいとか、 
挙句、家に来た途端窓のサイズ測り始めて 
「カーテン取り換えなさい」と命令してきたトメ。 
もちろん口は出しまくるが、金は一銭も出さない渋ったれ。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
425: 名無しさん@HOME 2009/01/01(木) 20:13:41
職場は仕事をこなす場であって、
病気のリハビリや病気を理由に仕事に迷惑かけても良いって所じゃないからね。 
自分も持病があるけどだから何?それ言い訳になるの?って思う。 

コトメも実は持病があってそれを振りかざして職場でやりたい放題。 
迷惑かけたって「だってアタシ○○なのに!頑張ってるのに!メソメソ~」ってやつ。 
で、働きたくない時には病院行きますとか体調が…で面倒な仕事から逃げる。 
それを許すヌルイ会社もどうかと思うけど。 

それを義実家に行くと自慢げに話されるので、ついにスルーし切れなくて言ってやった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

332: 名無しさん@HOME 2007/09/11(火) 01:50:37
シンプルなやつ。

口答えしたところトメに物差しで口をビターンと叩かれたんで
カッとなって物差しをひったくり
トメ首を抱え込んで尻をビシバシと叩いた。
「ひっこーし!ひっこーし!さっさとひっこーし!シバくぞっ!」

もっとひねったうまいこと言えばよかったかなと思ったが
翌週トメはコウト宅に引越しした。
ひょうたんから駒。

事情を知らぬ夫はわけもわからず目を白黒していた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

978: 名無しさん@HOME 2007/08/24(金) 18:30:11
豚切って、スマソ。この1年の騒動をカキコしたい。
連続投下、よろ。

ウト定年時、当時独身の旦那に、生活できないから支援汁と泣きついた。
被虐待児の旦那、同居されるのよりはマシと渋々了承。
最初は、年に数回金を送ってた。
しかし、別居でも送金受ければ→旦那の扶養に入れる→旦那の保険証が使える→
何よりきちんと金が入ると気付いたトメ。
「旦那は独り身。経費として落とす物が何も無い。
 仕送りすれば、私達は扶養に入れる、
 息子ちゃんは、扶養者が増えて税金控除が受けられる。
 息子の為に私達が扶養に入ってあげましょう、これは、息子の為なのよ。」
とウトに進言。真に受けたウト、旦那の会社に電話。扶養に入れさせた。
そして、トメ、旦那口座を作り、旦那に強制送金させ、
まんまとウト口座に金が流れる仕組みを作り、旦那会社の保険証を手に入れた。
送金の際発生する、手数料さえ、旦那持ちにさせる事は、トメ忘れなかったよ。
こうして、僅かな所得税を減らす為に、年72マソも仕送りする事になってしまった旦那。
もう、かれこれ15年以上、総額は、1,000マソを超える。(続く)


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

423: 名無しさん@HOME 2007/09/12(水) 00:27:06
前に似たような話があったかもですが

結婚当初からチクチクいろんなイヤミを言ってきたトメ。
でもまあ会うのは月に一回位だし、適当にスルー。
しかしウト没後、同居しろ攻撃が始まった。旦那には絶対無理、断れ、と
言っておいたが、「お父さんが死んで淋しいのよ.....」なんて言われ、強く断れない。
そのうち私さえ説得できればOKと思ったのか、ことあるごとに同居の話をしてきた。
「1人暮らしは淋しくて死にそうだ、年寄りを見殺しにするのか?」
「家族は一つ屋根の下で皆で暮らして助け合うもの」
「お金は私が出してあげるから、嫁子にとってもこんないい話はない」などなど。

続きを読む

このページのトップヘ