スポンサードリンク

タグ:義弟嫁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

395: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/27(月) 12:06:06 ID:hYKvZmxa
図々しいというかなんと言うか・・・
ちょっともやもやするので投下
先日、義実家で集まりがあったんだけど
その時それぞれおかずを持ち寄ろうって話になった
義妹(旦那弟嫁)さんと話し合って私は和食、
義妹は洋食って感じで持って行く話になっていたんだけど
当日、義妹が持って来たのはレトルトハンバーグだった
義弟夫婦はお金持ちだからお取り寄せとか
外食とか結構するみたいで、それもすごい高そうなやつで
ひじきとか煮ちゃった私涙目(苦笑)
食事は無事すんで、
私が作った物も好評だったし
高級ハンバーグも食べれたしでよかったと思っていたのだが
旦那に義弟から苦情のメールが・・・
何でも食事後お義母さんが義妹に
もう少し料理をきちんとして欲しい
野菜もちゃんと食べた方がいい
的な事を言ったらしい
確かに結婚してまだ半年なのに
義弟は恐ろしく太って始めは幸せ太りとして
親も黙認していたみたいだけど
最近はちょっと心配になっていたみたい
で、結果
「私子のせいで義妹が恥をかいた
 義姉とはいえだいぶ年下なんだから義妹をたてるべき」
になったらしくその後何故か
「今度の集まりの時は私子が何かすごい物作って
 持ってこい!で、それを義妹が作った事にしろ」
的な話に・・・旦那は断ってくれたが
すごい物ってなんだ・・・?


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

436: 1/2 2011/08/31(水) 00:39:54
個人的に楽しかったしスカッとしたDQN

嫌味が酷い別居中距離トメ
旦那が仕事に行く時間を見計らって嫌味の為に電凸
孫梅から始まり、嫁の心得やら、○○家とは等々
電話線を抜いたりしてたんだけど、携帯の電源切ったりしてたんだけど
仕事中の旦那に電話したり、自宅まで押し掛けて騒いだりして非常に面倒。
旦那は〆てくれるけど効果なしでウトは空気。
嫌味以外に実害は無いし、もっと嫌味の酷い親戚がいるからハイハイワロスでスルーしてた。
私が我慢すればと若干エネmeも入っていたかも…
んで、昨年に私と義兄嫁が娘を出産。

ウトは孫娘の誕生を凄く喜んでくれたが、トメは嫌味のレパートリーに娘への暴言を加えた。
勿論、旦那もウトも義兄も義弟もトメを〆るけど右から左。
この頃には嫌味を言い返したりしていたのだけど、何故か今年に入ってからトメが大人しくなった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

480: 名無しさん@HOME 2012/01/02(月) 23:49:15.86
元旦に義実家に行った際に、お雑煮の片付けも一区切りついて
姑さんが私に「ビールでも飲もう」と声をかけてくれて二人で台所で飲んでた。
片付けに参加せず、義弟の部屋(結婚前からの部屋が残ってる)に行ってた義弟嫁が出てきて
私がビールを飲んでるのを見て、いきなりしくしくわーわー泣き出して去っていった。
ほろ酔い加減の私と姑さんが首をかしげていたら、義弟がやって来て私を見て言うのに
「こっちにくるなら近所のアウトレット(車で20分くらい)に行きたがってたんだけど行けなくなたって泣いてる」
「せっかく遠くから来たんだから、酔いが覚めたらでいいから連れていってやってね」

いやー…姑さんが怒った怒った。
普段穏やかな姑さんなので私が呆然としてる間に義弟夫婦が半泣きで土下座してた。
義弟は三兄弟の末っ子で可愛い可愛いで育ったらしいのでショックで青ざめてた。
そして更にうちの旦那と義兄(同居長男)に叱られていた。
そしてその晩、義弟は胃痙攣で救急車に乗っていった(ストレスで軽い胃潰瘍になって痙攣したらしい)



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

88: 名無しさん@おーぷん 2016/08/04(木)17:07:35 ID:Ota
義弟嫁から電話きた。
子供が産まれたなんて聞いてない(義弟には言った)
年の近いイトコ同士仲良くするためにそっちに遊びに行くね!
だそうです。

義弟嫁の長男(甥)がねんねの赤ちゃんだったとき、義実家で、
義弟夫婦「コンビニ行きたいから子供見てて」と外出。
夫と舅さんは娘(3歳)と外遊び。
私と姑さんで甥を見てて、途中ご飯作るからと姑さん離脱。私一人で見てたら、義弟嫁が帰宅するなり私にビンタ。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

789: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)14:14:59 ID:49G
あーもう鬱陶しい。
義弟夫婦が離婚することになったんだが、義弟嫁に私のせいだって言われたわ。
頭おかしい。あの女。

私たち夫婦、結婚して2年目。まだ子梨。
旦那は地元企業に勤務していたが、この度遠方に新しく営業所が開設されることになり、一緒に行くことに。
義弟夫婦、結婚4年目。同じく子梨。一昨年勤務していた会社が規模縮小による人員整理があって退職。
運よくすぐに次の職場が見つかったが、そこは転勤がある。そして新年度から着任するようにと転勤の辞令が出た。
昨年暮れに内示があって、そこからずっと揉めていたらしい。
で、義弟嫁から電話があった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

767: 名無しさん@HOME 2007/11/18(日) 00:35:13
うちは義妹がやってくれた。
今秋結婚したばかりの義弟夫婦が義実家に遊びにくるのでおまえらも来い、と
ウトメから呼び出しがあった。

いつもはスルーするんだけど、私が結婚当時色々いびられた経験があるので、
義妹ちゃんのガードになればと思って出向いたが、その必要全く無かった。

義妹自身が色白で可愛らしく、スタイル抜群。有名大学出てて、ご両親も
有名私大の出身で就職したいランキング上位の企業に勤めている。
お茶もお花も料理もしっかり仕込まれた義妹ちゃんに文句の付け所などない。
しかし、とうとうつっこみどころを発見したトメ。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

725: 名無しさん@HOME 2013/12/27(金) 11:52:04.99
私達家族は義実家で義両親と同居してます。
旦那には弟がいて今年初めに×1の年上女性と結婚しました。
しばらくお金が無いとかで、隣の亡き義祖父母が住んでいた家に入っていましたが
夏に義弟が転職して、社宅に入れることになり引っ越して行きました。

先月初めに知らない中学生が訪ねて来ました。
「○○義弟嫁の子供です。母はいますか?」と言うのでびっくり。
とりあえず家に入れて話を聞こうとすると弟を連れてきているのでと
言うので二人家に招き入れました。
中学生の子の話を聞くと、義弟嫁は離婚時に子供二人を連れて行けない
ので父親側に置いていくことになったそうです。
でも下の子(小学一年)の子がお母さん子で付いて行きたがったので
面会を毎月一回する約束だったそうです。
それが夏過ぎてから携帯がつながらなくなり、連絡が一切無くなったそうです。
それで義弟嫁の実家に行き、初めて義弟嫁が再婚していることを知って
実家が知っているここに訪ねてきてということでした。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

314: 1 2014/07/08(火)14:41:00 ID:???
まとめてたら長くなっちゃった。ごめんなさい


義弟嫁は結婚前からトメさんに辛く当たってた。
私は長男嫁で義弟嫁と同じ年、義弟嫁の数年前に結婚してる。
旦那が義実家の家業を継ぐので敷地内別棟同居。
義弟も義実家の会社で働いているので
近所に住んでいる。兄弟仲は良好。
ウトメはごくごく一般的な良識ある人達だと思うし、
私はなにか嫌な事をされた覚えも無い。
義弟嫁がトメに怒っていたのは、

・結婚式が義実家主体だった
 (全額義実家持ちだった)
・近くに住むように仕向けられた
 (嫌なら自分の旦那にちゃんと言いなよ)
・孫梅攻撃
 (孫が楽しみ、とは言ってた)
・義弟嫁実家非難
 (年賀状もお中元お歳暮の返事も無いから
  病気なのかと聞いた)
・義弟嫁に働く事を強いる
 (義弟嫁は立派な資格持ちなので、
  トメが「勿体ないねー」と言った)
・義弟嫁子の教育に口を出す
 (これはあるかも。でも普通レベルかな。
  しつこくいってきたりはしない。)
・義実家の食事会で出された食器が汚れていた
 (これも時々ある。トメはメシウマだがズボラ。
  その場で言えば必ず謝って変えてくれる)
・義弟嫁子が猫アレルギーなのに猫が好きと言う
 (これは仕方が無いのでは。飼ってる訳じゃない)
・トメ甥が放蕩息子でよく愚痴を零していたが、
 趣味の分野で40過ぎて花開き認められた。
 するとトメは甥を褒めだした。掌返し最低。
 (これも普通かなと…。高齢無職者が
  お金のかかる趣味をもってれば、身内には
  懸念材料だし、成功したらそりゃ喜ぶでしょ)
・イデオロギーが違う、カープファンである
 (言いがかりだとしか思えない)
・お稽古三昧で遊び回って体調を崩す
 (本人の趣味だからこれも仕方ないと思う)

スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ