スポンサードリンク

タグ:職場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

177: 愛と死の名無しさん 2007/10/24(水) 01:13:34
その日の新郎は4ヶ月前に関連会社のほうに転職した元ホテル社員A(33)だった。
ホテル中が祝福ムードで迎える中、何も知らず私の30分後にシフトに入っていたBちゃん(22)は宴会予定表に載っている新郎名を見て絶叫、突然泣き崩れた。
幸いにもそのとき彼女の異常に気付いたのは私だけで、軽くたしなめ裏に下らせて事情を聞いたところ
BちゃんはAが辞める2ヶ月ほど前(Bちゃんはまだバイト始める前)、彼に口説かれ、年も離れてるし最初は疑心暗鬼だったものの…
かなり真剣に付き合って欲しいと言われ続け(てるように見えたようだ)


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

420: 名無しさん@おーぷん 2015/11/19(木)04:47:26 ID:hFD
昔バイト先に大学の後輩が紹介で入ってきたんだけど、驚くほど仕事が出来なかった
同じバイト先といっても、私は外、後輩は中みたいな感じで常に顔合わせてた訳じゃないんだけど、中に入る度に現場監督に怒られてた
もう耳にこびりつくくらい同じ怒られ方してた

「どうして言われてないことをするの!?なんで?どうして勝手に人の仕事してるの?その人を追い出したいの?」
「でも前任の人からこれも仕事の一つだって言われて」
「私はあんたにやれって言った?」
「言われてません」
「じゃあなんであんたがやってんの!?」
「前任の人からこれも仕事の一つ」
「それは聞いた!だからなんであんたがや・っ・て・ん・の?」


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

87: 名無しさん 2014/03/30(日)02:05:56 ID:o9DzHYcBp
うちの会社には、滅多に鳴らない電話機がある。
今よりも部署が多かった頃の名残で、回線は生きているものの
発信する事もなければ、着信もごくたまに間違い電話がある程度だった。

あるとき、俺は仕事が立て込んで、深夜まで一人で仕事をしていた。
週末で、何も無ければ飲みに出かけようかと思っていた矢先に
急な仕事が入ってしまい、やむなく遅くまで残業する羽目になったのだ。
その仕事も終わり、そろそろ帰ろうかと支度を始めようとした時、
不意にその電話が鳴った。

またか、と思った。深夜まで残業する事はたまにあり、夜の12時に
差し掛かるあたりになると、よくその電話が鳴る事があったからだ。

こんな時間に仕事の電話はかかってこないし、間違い電話だろう。
いつもその電話が鳴ったときには、そう決め込んで無視をしていた。
しばらく鳴るが、いつもは呼び出し音が10回も鳴れば切れていた。

ところがその日は、呼び出し音がずっと鳴り続けて止まらない。
仕事を終えて、緩んだ気持ちの俺は呼び出し音に段々いらだってきた。

鳴り続けている電話機の受話器を取り上げ、そのまま切ってしまおう。
間違いFAXの場合もあるので、一応受話器を耳にあててみた。すると、

「もしもーし、ああ、やっとつながった!」

と、快活な声が聞こえてきた。あまりに明るい調子の声に、俺は
そのまま切るのが少し申し訳ない気持ちになった。間違い電話で
あることを相手に伝えてから切ろう。そう思い返事をした。

「すみません、こちらは株式会社○○ですが・・・
電話をお間違いではないでしょうか?」

そう言うと、相手は予想外の事を言い出した。

「○○ですよね!わかってますよ!Tさん!」


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

146: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 01:01:44.86 ID:UFEc1sK9.net
長文で乱筆乱文多謝 身バレしないように少しだけフェイク入り

典型的な二代目バカ社長の会社での話:バカ社長にとっての修羅場みたいなもの

二代目バカ社長(今後バカ2と書きます)は、大学卒業後デキ婚で家を追い出され職を転々としていた。
先代に末期がんが見つかった際に呼び戻され、実務経験を殆どすっ飛ばして社長になった。
当然仕事なんて全然出来ないが、就任するなり「ここは私の会社なので私の好きなようにします。」宣言
をするDQNだった。

最初は言葉だけで一切仕事が出来ないので実害は無かった。ただ、全然職歴が無いというコンプレックスが
有ったのか、稲盛塾に通って役に立たない知識を得ては、それを実践するようになった。
勿論塾で学んだ知識は、経営的に役に立つものだと思うが、バカ2には理解出来ず自分に都合の良い超解釈を作り上げて社内に投げかけてきた。
当時のバカ2の基地外語録だけで結構な量がある。覚えているのはこんな感じ
「会社に頭脳は少ない方がいい。だから俺(バカ2)以外は一切判断する必要が無い」
「トラブル対応は全部俺が決めるので勝手に判断したら即時解雇だ」
「二年以上いる社員は給料が高いので新卒を雇って一年で辞めさせるのが一番人件費安い」
「俺より頭が良い社員は全員早めに首を切った方が、良い会社になる 年内には全員切る」
こんなことを堂々と朝礼などでいうやつだった。勿論労働基準法などの法律違反なんだが、こいつはこう
いった法律を知らずオーナー企業は好き放題していいと勘違いしていた。
特に酷かったのが、一度でもバカ2に口答えした女性事務員は、数時間社長室に呼ばれ叱責を受けた後、
ほぼ確実に解雇された事だ。また、後日判明するが一人だけいたSEをスパイに仕立てて、雑談中でも
自分に対する悪口が無いか常にチェックする小心者でもあった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

532: 1/2 2010/10/10(日) 13:22:11 ID:wMxhy395
※私以外全員ママです。

会社の事務員さんの出産祝いを買いに、女性だけでトイザラスに行くことになった。
私を含む6人の同志の中で、車持ちは私を含めて3人。
ところが、そのふたりは、子供のお迎えの時間が、とか夕飯の買い物が、とかで
トイザラス行きを拒否。ならば今度の土日のどちらかに、と言えば
土日は家族で過ごしたいミャハ☆とか、ふざけたことを抜かす。
車のない人の中でふたりは、最初からトイザラス行きを拒否。
車を出させるの悪いから、お任せするねミャハ☆って。
結局、車無しの人のひとり(Yさん)と私が、退社後に買いに行くことになった。
Yさんは最初から、土日だろうと徒歩だろうと行く気満々の人だったので、
買い物後は、私の自宅とは反対方向だったが、気持ち良く家まで送った。

翌日、買い物の明細を簡単に書いてみんなに回覧。
残金も均等に分けたが、23円くらいの端数が出て、
それは、Yさんが「車出してくれたから。」と私にくれた。
みんなにそう説明してくれた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

227: 暇潰し 2014/12/29(月) 20:08:00.66
東京着くまでの暇潰し。
もう終わった話な。

228: 暇潰し 2014/12/29(月) 20:11:53.58
大学卒業と共に三年付き合った彼女に振られた。
他に好きな男が出来たから。
結婚を考えていた俺は落ち込んだ。そりゃもう飛び降りるんじゃないかと周りを心配させるくらいに。
そんな俺に優しい言葉を掛けてくれたのが配属先にいた女の子。高卒の彼女は俺よりも歳下だけど、一応会社では先輩。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

295: 名無しさん@おーぷん 2014/12/21(日)22:26:39 ID:zmQ
結婚して半年で夫が浮気をした。
相手は就職活動中の女子大生で、夫の後輩にあたる。
奔放で積極的なプリに言い寄られて押し切られたという言い訳は、嘘ではなかったと思う。
両家の親に報告し、責めて〆ていただいたものの、私自身は夫を責めなかった。
私にも至らないところがあったのかもしれない、共にこれから成長していきますと、泣きながら言い、再構築を決めた。

再構築当初は多少ぎくしゃくしたものの、私は良い妻であろうと一生懸命努めた。
家事を完璧にこなし、微力ながら夫の支えになりたいと申し出て、パートで仕事をし、学生時代に取得していた資格の更に上の資格を2つ取った。
夫婦でのお呼ばれには積極的に参加し、まめまめしく動き、役員の奥様に気に入っていただけるまでになった。
義実家との関係も良好で、過ちを許し、夫に尽くす私は、義両親自慢の嫁だった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

768: 名無しさん@おーぷん 2015/11/19(木)23:18:03 ID:nkT
会社の女上司となんどか食事に行ったり遊びに行っていて、
ディズニーランドでプロポーズされた
それまで友達感覚で付き合っていたし彼女がいたんで丁寧に断ると落ち込んではいたがトラブルもなく諦めてくれた
それからは食事に行く回数は減ったけど普段と変わりなく仕事をしてたから立ち直ったんだなと思ってたら半年ほど立って事件発生
取引先から発注してたものが届かないというクレームが入った
現場が対応したり確認しているとそして女上司が一言
「ヒャッハハハハ!これでお前たちは終わりだー!」
そう言いながら窓を開けで飛び出していった
呆然とするしかなかった
幸い命は助かったようだが完全にイカれてて会社をクビにされてしまう
よくよく調べてみると、女上司が俺たちすべての仕事を無かったことにしてた
発注はして無かったことになったりもう滅茶苦茶
用意するのに数ヶ月かかるシナモノも発注してないことになっていたので1、2年先まで影響が出ることがわかった
取引先からは激怒の抗議、俺達はひたすら頭を下げに回った
女上司のプロポーズについては黙っていたので言及されなかったが、中が良かったことは知れ渡ってたので会社の調査で何度も聞かれた
が上司の名誉のためにもプロポーズされたことは黙っていた
結局取引先は2社潰れ、10社近くが買収されたり吸収されたりする大惨事になった
当然うちも解散に
あれ以来女というものが怖くて仕方ないが、唯一信頼できる付き合っていた彼女と結婚できたことが救いであった


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ