スポンサードリンク

タグ:自閉症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

662: 名無しさん@おーぷん 2016/10/31(月)13:04:40 ID:Tkj
賃貸マンション近くの側溝で濡れ落ち葉まみれになってた子猫を拾って半年
すっかり綺麗になった猫は、日中、部屋の出窓から外の景色を眺めてた

ある日突然、猫を譲って欲しいという初老の夫婦が来て、インターホン越しに話をした
聞けば、夫婦の子供(自閉症)が唯一「人間らしく(夫婦談)」反応を示すのが
散歩中にうちの猫を見かけたときだけ
猫が好きなのかと思って他の猫を飼うも、猫を見ると怯えてだめなんだとか
「うちの子のために猫をください。言い値で結構です」と小切手帳を鞄から出しながら言われた
(小切手帳なんて見たことなかったから、領収証の冊子かと思ったw)

猫はうちの家族であり、はいそうですかと渡せるものではないことを説明したけど納得してくれず
最終的には「どれだけ出せば納得するんだ」と怒鳴られた
金の問題じゃないといっても最後まで理解してくれなかった


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

493: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)23:56:47 ID:nv9
重いです。ごめんなさい

夫には弟がいる。
義弟は重度の自閉症。
そして、目の覚めるような美青年でした。
あの当時夫は30歳、弟は年子で28歳。全く年齢のわからない容姿でした。
あれから20年たち、夫は名実ともにオジサンになりました。
義弟は、ピーターパンの世界の人なんだと私も子供も思っている。
テレビでGACKTさんが映るとギクッとする。GACKTがもっと透明になった感じの人だから。
でも彼には意志もそれを伝える言葉もほとんどありません。

私が結婚した当時には、義弟の視界に入る人間は兄(夫)一人きりでした。
そして私と、子供たちが続きました。
自分の世界に閉じこもっている義弟の世話をかってに焼いているだけの義母は
自分は義弟にとっては必要不可欠であると思い込もうとしていました。
夫曰く、地獄のような子供時代を超えて、義弟はお伽の国の住人になりました。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

467: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/02(日) 17:44:12.55
愚痴っつうか相談っつうか
家族の病気のことで妻と喧嘩になりました。
ここでOKですか?

468: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/02(日) 21:32:31.42
「病気になった自分の親兄弟の面倒を嫁に丸投げします。
なのに嫁は言う事を聞きません。どうすれば嫁は言う事を聞きますか?」

という相談ならどっか行けばいいと思うよ。

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

837: 名無しさん@HOME 2013/11/22(金) 11:45:41.87
女の子が欲しくて粘ったウトメ。念願かなって三兄弟の後八年も経ってから
女の子が生誕。そう天使ちゃんが生誕。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
016

450: 名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土)13:47:49 ID:V56udzj77

うちは父がオドオドした気弱な人で、母は兄命な人だった。

私の3つ上の兄は、膿家でも旧家でもなんでもないのになぜか「俺は跡取り」とふんぞり返っていた。
私の幼少期に祖母が一時期兄を預かっていた時期があったらしく、そのせいかもしれない。
祖母は私が小学生になる前に亡くなったから、私はあまり記憶にないが、いろいろあったらしい。

兄は9歳で私たち家族の元に戻り一緒に生活を始めたが、
狭い社宅で祖母宅から戻った兄にひと部屋与えられていた。
祖母が買い与えた家具などが収まらなかったからだと思う。

6畳の部屋が3つあり、一つは兄の部屋、一つは両親と私が布団を並べ寝る部屋、
もう一つにコタツやテレビがあり
居間として使っていたのだが、兄はこの居間のテレビの真正面から動かない人だった。

こちらに戻ってきてから少年野球を始めたが高校に入る前に辞めてしまい、それからものすごく太った。
そして癇癪持ちだった。コタツが部屋の真ん中にあり、兄は壁に持たれてテレビを見る。

こたつの向こう側へ行こうとすると兄の後ろか、テレビの前を通らねばならないのだが、横切ろうものなら
リモコンを投げつける、お茶の入った湯呑を投げつける、ティッシュの箱ならまだマシだった。

兄がテレビを見ているときは家族全員ビクビクしていた。
ゲームを始めるともう2時間はその部屋には入れない。

私が中学生になった頃から、兄からぼう力を振るわれるようになった。
無言で突然後頭部を叩いてきたり、食事中に学校であったことを両親に話している私の脚を、
テーブルの下で脚を蹴ってきたり。

私は父のように気弱でもなく、母のように盲目でもないし、兄と対等の立場と思っていたので、
その都度言い合いになるのだがいつも私が我慢するように言われていた。

当時私は中学2年生。兄は不登校な17歳。
両親共働きだったので、私は部活もできず下校して、買い物に行き洗濯物をとりこみ
掃除機をかけ夕食を作らねばならなかった。兄は一日家にいるが一切なにもしなかった。

その日も急いで家事をしなくちゃと思っていたが、内心はクラスメイトと文化祭の準備をしたかった。

なんで自分だけこんなおばさんくさいことしなくちゃいけないんだろう。
なんで兄は何もしないのにいろいろ買ってもらっているんだろう。
と、不満がたまりに溜まっていた。母に訴えたこともあったが母は
「お兄ちゃんは苦しんでいるの。家族なんだからわかってあげなきゃ」
「お父さんもお母さんも苦労して育てているのに、なんでわからないの?」
と、
泣き出すのでこちらも苦しいし改善は望めなかった。

その日、帰宅した私に兄が買い物に行くなら○○(お菓子の名前)買ってこいと言われ、
我慢できずについに苦情を言った。
みるみる顔が赤くなったと思ったら、
「お前!なんなんだよ!お前!なんなんだよ!」って絶叫されて
コタツの上にあったものすべて投げつけられ、顔を庇って背を向けたら激痛が背中にあって、
そのあと気を失ったみたいだった。

後から聞いたら、コタツの天板を投げつけられていた。左太ももの骨を骨折していた。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
f0121786_19565153


115: 名無しさん@おーぷん 2014/08/01(金)21:44:55 ID:d7iR0OGTw

むかつく、ってのとはまたちょっと違う気がするんだけど、書かせてほしい。

私、A子、B子は全員同い年の障害児持ち。
療育センターで知り合って、たまたま子どもが全員自閉症で、自然と仲良くなった。

私とA子は健診で発覚したので、療育センターに通い出したのは結構最近なんだけど、
B子はもっと前からわかっていて、療育センター歴は私たちより長い。
ここまでが前提。

誰でも知ってる(一部の姑など除く)と思うんだけど、自閉症とか発達障害って
先天性のもので治るものじゃないんだよね。
療育をしてあげたり、訓練をすることで軽くなったりはするけれど。
どうも、そのことが受け入れられなかったらしく、
通い出してしばらくしたら、A子がおかしくなってきた。

某県(うちからとても遠い)にある鍼灸院のウェブサイトとか見せてきて
「ここの先生が自閉症は鍼灸で治るって言ってる!」とか。
私はふーんほーへえで流してたんだけど、私が聞く耳持たないのがわかってか、矛先はB子に向いた。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Classroom2

530: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:45:46.00 0
私は子供の頃、周囲をあまり掌握できてない子だった。 
今がまともなのかどうかわからんけどちょっと発達的に変だったのかもしれんけど 
授業中にノートに落書きしていてそれが教師に見られても平気だったり 
校庭で全校集会をしているときに、なんか疲れたなといきなりしゃがんだり 
体育館で全校集会を体育座りしてたときは突然横になったり 
授業を受けるのやだなと思うと休み時間にふらっと出て行ってそのままサボったりしてた。 
罪悪感とか全くなかった。思うままに行動してる状態。それが高校まで続いた。 

高1の時、ある雪の日、雪が降ってるので授業をサボった。 
校庭で一人で雪だるま作ったり、雪球を投げたり。 
そして雪を食べてみようと口に入れた時、「わっ」と大勢の声がした。 
振り返ると教室で大勢の生徒が、宮崎駿のアニメみたいに窓にびっしり張り付いて 
私を見てた。すごいびっくりした。そのまま学校から飛び出して逃げた。 
外を歩きながら、世界には人間が住んでるのだということ、 
私の行動がおかしいということ、おかしいことをしていたら見られるということを 
その時初めて理解した。 
それからは授業はサボっていません。 

会社に入ったけど仕事はまるでできなくて、今は在宅仕事。毎日家族以外誰とも会わない仕事です。 
結婚して子供がいるんだけど、子供も、授業中にいきなり横になったりするそうです。 
でも発達外来では何も引っかからないんだよね。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ