タグ:衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
image_1_1

39: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/27(金) 20:46:04.38 ID:ZS7TFSS7

高校んときにチャリをパクられた。
自転車で通ってたから帰りの足がなく、泣く泣く担任の車で送ってもらった。

次の日から電車とバスかーと思うと本当にだるかった。
学校の最寄駅に到着してバスに乗ろうとしたら、
駅前の自転車置き場に自分の自転車を発見。助かったという気持ちと
誰が盗んだか知りたいという気持ちが入りまじり、少し離れたベンチから自転車置き場を監視。

すると少ししたら同じクラスの頭のいい子がそのチャリに乗り、
自然な流れで学校に向かっていくのを目撃。

写真を撮り、バスに乗り込み学校へ向かう。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pic_gekidan-du-b

901: 1/8 2009/11/04(水) 05:03:53 ID:TgnoNbqBO

眠れないので書いてみました。長い上に最後すっきりしない話です…
携帯からなので改行おかしかったら申し訳ないです。

池男…24歳、劇団を主宰。イケメン、旧家のボンボン。
真子…21歳、池男の劇団に所属。真面目で男性経験ゼロ。
私子…18歳、池男の劇団に所属。

私子は面倒見がよくイケメンな池男に恋し、頑張ってアプローチしていた。
しかしながら池男の方針で劇団内恋愛は禁止されていたため、
私子の気持ちを知りながらも池男はあくまで主宰と劇団員として対応していた。

余計に盛り上がった私子は、同じ劇団員である真子に気持ちを打ち明けた。
すると、真子も池男のことが好きであることが判明。

ここで女同士のバトル勃発!…とはならず、お互い仲が良かったため、
叶わぬ恋心を二人で打ち明け合い、妙な連帯感で更に仲良くなった。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20100929_1179896

※涙腺注意


21: 名無しさん@おーぷん 2014/05/14(水)02:51:23 ID:???

修羅場か…。
もう7年経つからカキコ。

高校の時に付き合っていた彼女がいた。
俺は難聴でその頃まで「めんどくさい」とか「カラオケ行けないじゃん」とかで
振られたりすることが多く恋愛はしたくないって思ってたんだ。
だから、彼女が出来て凄く楽しかった。もう毎日毎日一緒にいたよ。

彼女は俺の為に手話を覚えてくれたり、筆談する為に常にメモ帳とペンを携帯してくれてた。
やってくれと言わなくても察してくれて気遣いがあり、俺なんかにはもったいないと思ってた。

カラオケも音痴だけど採点見ながら一緒に歌った。
音痴なのに、笑わなかった。バカにしなかった。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ジュリメール

190: 名無しさん@HOME 2010/05/14(金) 12:13:30

ほやほやのジュリメール投下


わたしは○(弟)くんと大学で同じサークルだった△といいます

おネエさんに相談があってメールしました
実は○くんとつきあって痛んだけど、
ちょっとした誤解から別れちゃいました(涙)
私も彼も若かったから(涙)

でも、こうして大人になって△には○くんしかいないって分かっちゃいました

でも△から○くんに連絡取るのってなんか恥ずかしくて
おネエさんが△と○くんの架け橋になってくれると嬉しいです

おネエさんもカワイイ妹ができて嬉しいよね
あ、妹だけじゃなくカワイイ姪も
お返事待ってま~す


(vはハート)

今朝来たジュリメール。

弟に確認したが、△に全くの心当たりなし。
でも大学名とサークル名はあってるので今も繋がっている友人に聞いてみるとの事。
申し訳ないほど謝ってたよ。

とりあえず私からは△相手にどうやってアドレスを知ったか探りを入れる。

弟も社会人になって復縁ジュリエットがいなくなったと思ったのにまだわいてくる。
お姉ちゃんはお前が心配だ。

191: 名無しさん@HOME 2010/05/14(金) 12:16:48
実は男の友人がふざけただけだったとかw

192: 名無しさん@HOME 2010/05/14(金) 12:22:29
>>おネエさんもカワイイ妹ができて嬉しいよねvvあ、妹だけじゃなくカワイイ姪もvvv
こんな湧いた事をふざけてメールするような男友達なんか
尚の事いらないから、切るキッカケになっていいかもしれない。

それにしてもどういつもこいつも上から目線だなw


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sim

この話には続きがあります。(22:30に掲載)

461: 名無しの心子知らず 2011/06/27(月) 02:47:26.12 ID:JmI4dA1G

お邪魔してブツ切りします。すいません。

犯人も解ってるし本人も犯行を認めてるのに物だけが返ってこない。
ちょっと愚痴吐き出し場としてお借りします。

盗まれた物はもう5年以上使ってる&byのキーケース。
キーケースは小銭入れとカード入れ、それに横が札入れが付いてて
ちょっと子供をお迎えとかの時とかなら
それに免許証とちょっとだけお金を入れてれば手ぶらで出かけられるから重宝してた物。

463: 名無しの心子知らず 2011/06/27(月) 02:54:35.73 ID:JmI4dA1G
それを黒と白の二つ持ってて、
黒は部屋と車のマスターキーをつけて普段使いに。
白は部屋と車のスペアキーをつけてバッグの中にいつも入れてた。

で、黒いのは大抵どこに行くにも車の必要な地域だから
私がそのキーケースを持ってるのは仲の良いママさん達はみんな知ってて
「便利そうだから私も買おうかな?」とか「ごめんね、真似してもいい?」とか
結構言われてて「いいよ、気にしないで買いなよ。ほんと便利だよ。」とか言ったりしてたんだけど
この手のデザインがその年だけの物だったらしく
小銭入れは付いててもお札入れもついてるのがもう売って無い、との事で
「オークションとかで探してる。」とかは聞いてた。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
3a3b462d30a47aba968100bcb94d420d_240

691: 恋人は名無しさん 2010/07/01(木) 11:25:45 ID:axeICeYG0

カツオ…俺の友人
カオリ…カツオの元カノ
花沢……カオリの友人
ウキエ…カツオの嫁

俺はさしずめ中島ってとこか。

俺、カツオ、カオリ、花沢は中学の同級生だった。
卒業後も俺とカツオはよく遊んでいた。

18のとき、カツオは専門学校で再会したカオリと付き合い始めたが、
半年もしないうちにカオリの二股が発覚し、
結局カオリはもう1人の男を選んだそうで、2人は別れた。

その後、カツオは社会人になってから知り合った3つ年上のウキエさんと結婚。
子供も生まれ、幸せな家庭を築いていた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20091006_0138


667: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/26(火) 18:29:13.97 ID:HViRmezh

アルバイト先の社員が勘助でした。

いきなり、ワイン片手に海パン一丁で椅子に座っている自撮りの写真を渡してきたり、
付き合ってもいないのに毎日のように恋人のようなメールを送りつけてきたり、
(私のメアドの一部を自分のイニシャルと曲解し、これって俺のこと?
やっぱ好きなんだねと言ってきたあたりから重症に)

車での送り迎えをしてあげるとしつこく声をかけてきたり、
シフトを一緒の時間になるようにしたり、
誕生日にネックレスを贈ってきたり・・・


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o0800060012897928778

343: 恋人は名無しさん 2007/02/01(木) 01:46:33 ID:JgHDwxY90

流れを無視してなんとなく思い出した修羅場体験。

二年前、バイトの残業で遅くなった日の事。
残業が思ったよりキツくてバスの中でぐったり。
気付いたら終点のバスターミナルまで寝過ごしてしまった。
慌てて引き返そうとするも遅い時間なもんでもうバスが無かった。



ここで簡単に図解。

□――□―――――□―――□
左からターミナル、彼女の部屋、俺の家、バイト先

路線は違うんだけど、まぁ大体こんな感じ。
俺の家まではタクシーで行くと結構かかる。
それなら彼女の部屋に泊めて貰おうと思い付いて家へ向かった。
向かう途中でその旨を連絡しようと携帯に電話……が、出ない。

アパートに到着してみたら電気は消えてる。

「もう寝てるかな…でもまぁ合鍵も持ってるし、床ででも寝させてもらって
明日の朝に詳しい事情説明すればいっか」
そんくらいの軽い気持ちで部屋に入った。

思い返すと自己中だが、もうクタクタで一刻も早く休みたい気持ちで一杯だった。

で、合鍵使って起こさないようそっと部屋の中へ。
靴を脱ごうとして…ここで異変に気付く。
玄関に男物の靴が

もう残業の疲れとか休みてえーとかいう気持ちが全部吹っ飛んだ。

俺は浮気とか絶対に許せないタイプ。
自分も絶対にしないし、もし彼女がしたら彼女も相手の男もぶん殴ると決めてる人。

なもんで躊躇無しにズカズカと部屋に踏み込んで電気ON。
部屋の隅っこのベッドの上には彼女と、見た事の無い男が一緒に寝ていた。
ここで正気が完全に無くなった。

怒りに任せて男をベッドから引きずり出した。


続きを読む

このページのトップヘ