必見!オススメ人気記事

タグ:衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
gnj0911220504009-p2

448: 名無しさん@HOME 2009/04/13(月) 08:50:03

義兄の発言。

新婚当初、計画して避妊しているのに私だけになると延々と子作り説教されるトメ。
正月に帰省していた義兄はいつも無言。
私がトメにやられてても、まぁスルー状態だった。
旦那がいたら旦那が止めてくれるけど、義兄の時は
トメも調子にのりまくって散々言われ放題だった私。

で、トメに「生●ある意味なんじゃない?」とまで言われた時に
義兄がトイレからちょうど部屋に入ってきた。

どうせまたスルーだろうと思っていると、義兄が一言
「こんな母親だから俺は結婚しねーって、まだ理解できねーかな?」
とポツリとつぶやいた。

普段何も言わない義兄の発言にトメも私もビックリ。
トメは「何言って・・え?おにぃちゃん?」
とか言ってたけど、今度は私の方をチラリと見て
「あんたもさ、なんで嫌なら帰らないの?自分の事でしょ?弟何してんの?
 ずっと思ってだけど、我慢する必要あんの?
 今まであんたらに口出しになるから黙ってたけどさ」

で私の荷物をまとめてハイと渡してくれたので目が覚めた。

荷物渡してくれる時に
「自分の身は自分で守りなよ、あと弟言う事きかねーなら俺に言えよ」
といつもと同じぶっきらぼうに言ってくれた。

 
普段はめったに感情を出さない人の怒りは冷静で怖かったらしく
あれからトメも旦那も謝罪の嵐だった。

俺は不器用で弟みたいに感情出したり優しくするのがヘタだから嫁を守れないと
今でも独身してるけど、こっそり応援させて貰ってる。

449: 名無しさん@HOME 2009/04/13(月) 08:52:26
>>448
You、兄ちゃんに乗り換えちゃいなYO!

452: 名無しさん@HOME 2009/04/13(月) 08:58:05
>>448
惚れてまうやろー!



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
783fd074a52c16aaef8d1b037626f61bb2f53f051376062178

1: 名無しさん 2014/04/15(火)20:03:35 ID:AYvsyx0cK
何回も吐いてしまった
良かったら聞いてください

5: 名無しさん 2014/04/15(火)20:04:43 ID:19AZmaiji
>>1は男なの?

6: 名無しさん 2014/04/15(火)20:05:31 ID:AYvsyx0cK
まずはじめにスペック

私(女) 24歳 事務員
義兄 35歳 ニート

7: 名無しさん 2014/04/15(火)20:06:00 ID:it6fDSO8l
女じゃねーか!(歓喜)

10: 名無しさん 2014/04/15(火)20:07:34 ID:EuUvUchby
ニートかよ…

9: 名無しさん 2014/04/15(火)20:07:27 ID:bUCBMy4tW
ニートだからってキモいとか思ってんじゃねえぞ

12: 名無しさん 2014/04/15(火)20:08:14 ID:yz5VP6Guz
ニートのおっさんとかこの文字だけでも十分きもいです


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
130062405374016223209_Origami-crane

225: 名無しさん@おーぷん 2014/06/24(火)00:51:05 ID:hTdCSHKtL

中学校の時の話。あまり大した話ではないけど。
当時の私はズボンを好んで履いてた。動きやすかったし。

そしたらある日の放課後に、同級生の男
(家が近いから放課後によく遭遇した奴。話したことはなかった。
隣のクラスだったから名前しか知らなかった)に
「女らしくしろ、女らしい恰好をしろ」的なことを言われた。

咄嗟に「女らしくしてるよ。元気で自由なのが私の考える女らしさだよ」
みたいなことを言ったら俯かれた。
どう反応すればいいかわからなかったから私は立ち去った。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
c0094546_1458222

844: 恋人は名無しさん 2006/09/10(日) 18:29:15

そうか?ちと長いが、小分けにいくぞ

登場人物
オレ(19)
彼女(22)
彼女の元彼(22)

当時大学1年だったオレは、バイト先に新しく入ってきた彼女に恋をし、猛プッシュした。

彼女の家に初めて泊まりに行ったときに正式に告白して、
コトに及んでいた最中にドアを猛烈に叩く音と声が聞こえた。

「オイ、○○(彼女)いるんだろ?居留守使っても、チャリがあるからわかるぞコラ!」
驚いたオレは、
「誰?」
っと聞いたら、彼女は、
「元彼だったんだけど、別れてからストーカー化して、こうやってたまに来るの。
家にいる事がバレると長いから静かにしてて、ごめんね・・・」
「いや、オレが行って話つけてこようか?」

と提案したんだが、修羅場になるからとあえなく却下。
こんな状態でコトをするにも気分がのらないので、静かにしていた。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
8c4bdce7-s

921: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/14(日) 14:41:16 ID:wec9Vfaq

すごく男らしくて好きだった彼。
デートに誘われたので嬉しくておめかししていったら、
「葬式にそんな派手な色を着てくるなんて馬鹿か!!」と罵られた。

その後も「帰れ!俺の顔に泥を塗る気か!」の一点張りで、その日は独り泣きながら帰った。

葬式に行くなんて聞いてないし、本当に訳が分からなくて家で大泣きした。
お葬式って知ってたらちゃんと喪服で行ったのに、弁解もさせてくれなかった。

次の日の朝、テレビ見ながら出勤の支度してて誰の葬式だったか分かった。
拳王とか言う人の葬式(法事?)だった。誰だよって思ったら、
泣き疲れた顔の腫れも引くくらい冷めて、速攻で電話して別れを告げた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
af0100035467x

254: 名無しさん@おーぷん 2014/10/08(水)12:28:53 ID:9rI2VFCA1

8年ほど前に付き合ってた元カノの話。思い出して書いてたら長くなった

元カノはとにかく飼ってる犬を溺愛していて
全てが犬優先、他のことは俺の事も仕事の事も全て二の次
ペットじゃなくて家族!と言い切る女だった

散歩&餌やりがあるから旅行も宿泊も夕方から夜に掛けてのデートもNG
休日の日中にデートしてても時々携帯取りだして犬の写真をうっとり見てる
手洗いに立ってなかなか帰ってこないから心配になって探しに行ったら
トイレまでの廊下で写真を見てるってこともあった


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o0800044812437934633

733: 名無しさん@おーぷん 2014/11/04(火)19:04:23 ID:6gOURt3LC

まだ若いころ、友人の紹介で付き合った人がいた。

付き合って一年くらいの時、デートしてたら、
川沿いの道を手を繋いで歩く老人夫婦がいた。

「ああいうの憧れます」と私が言ったら(10歳ほど年上だったので何となく敬語だった)、
「え、なにそれ俺たちが、ってこと?俺、君が25になったら別れるよ。ババアの女は嫌だから」
と言われた。

今まで優しくて私のことを大事にしてくれてた人だったし、本当に驚いた。

その日は喧嘩になり帰って一晩怒ったが、考えれば早いうちにそういう考えであることを
教えてきたのはある意味親切だな、と思い、電話で穏やかに別れを切り出した。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Fotolia_32544831_Subscription_XXL

815: 名無しさん@HOME 2014/02/05(水) 00:58:38.42

24から30まで結婚していた話をしたい。

親父は、工務店を経営していて、長兄、次兄が跡を継いでいる。
俺は事務仕事が性に合っていたので、資格を取って別の事務所に勤めていた。
父の後輩にあたる人が大きな借金を作って、父の会社に転職してきた。

その人の娘が元嫁で、初めてあったのは、20の時だった。
出会いのない俺と同じ年である元嫁と結婚を周りが願っていた。

元嫁には持病があり働くことも出来ず、治療しないと子供が望めない状態だったので、
俺に遠慮していた。周りの後押しもあり、24の時に結婚した。

元嫁と結婚する時に、こんな私と結婚してくれてありがとう、
もし私と結婚生活が続けられないと思ったら、いつでもこれを出してくださいと
日付がない記入済みの離婚届をどうしてもって渡された。

俺は、元嫁の体を考えて家事の殆どもしたし、
元嫁の体に効く保険外の薬も積極的に使った。

その薬の効果もあって、元嫁の体は健常体と変わらない様になっていった、
そんな俺が家事をすることが当たり前になった時に、
酒に酔った元嫁が父の借金で俺に売られたと言って泣き出した。

本当は、恋愛して色んなところの遊びに行って、楽しみたかった。
父とあなたがいなけりゃ、本当に好きな人と恋をしたかった、好きな人と結婚したかった
と。

それを聞いてスーッと冷めて行ったんだよね、元嫁は、薬と酒のせいですぐに寝てしまったけど。


続きを読む

このページのトップヘ