スポンサードリンク

タグ:裁判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

673: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 19:29:01.65 ID:ueLVc3BB.net
小さい時からの親友夫婦がタヒんで、残された幼い子供を引き取った。
そしてその子が成人するまで大切に愛情を持って育てたつもりだったけど
D Vで訴えられた事。

意味が分からず、当時のホームビデオとか日記とか出せる証拠は全てだして
何とか裁判では勝てたけど凄くショックだった。

今でも何であの子がそんな事をしたのか意味不明、なぐった事も無く、しかるのは
その子が危ない事をした事にのみ。(小さな時は道に飛び出すとか。大きくなってからは未成年で
煙草を吸ってた時とかは怒った。)

妻も自分もD Vなんてしないのに・・もちろんせい的D Vも無い。
今では音信不通に・・・。すごい悲しかった。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

234: 名無しさん@おーぷん 2017/07/22(土)13:49:49 ID:oGj
私の離婚調停中に調停委員の女と調停官(裁判官?)の男が喧嘩をはじめて大変だった

まあ離婚の原因は妻側の有責なんだけど、子供いない・共有財産もほとんど無い・結婚期間短い、だったので財産分与はお互いに無し
慰謝料もわざわざ請求するのもメンドクサイって感じで無しな流れだった
そんな感じでサッサと妻と縁切りしたかったのだが、何故か妻側から離婚調停を吹っ掛けられた


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

333: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)11:59:29 ID:nL1
漫画を万引きした高校生を捕まえた。
親に連絡したところ、やってきた母親「漫画なんかを売る方が悪い」とか言い出して、事務室を飛び出した。追いかけると、売っている漫画を破いていた。
警察に通報。破けた漫画やらビニールカバーを見て悲しくなった。あっちは反省の色無しと聞かされて愕然とした。
損害賠償請求の訴訟を起こしたんだが、向こうは最後まで欠席。こっちの完全勝訴だった。
賠償金は差し押さえという形で支払われた。そしたら向こうの夫婦がやってきた。「なんで差し押さえになったんだ?」だとさ。判決が出て支払い命令が出ても支払わなかったんだから当然だろうに。ただの脅しだと思って放置してたらしい。
旦那さんの憔悴ぶりが痛々しかったが同情は出来ない。
正直ここまで揉めるとは思わなかった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

896: 名無しさん@おーぷん 2017/09/08(金)12:39:51 ID:YeH
以前勤めてた会社で、同僚同士で不倫した人たちがいて、男性側の奥さんが会社に興信所の調査書を持って凸してきた
社内の風紀を乱したという理由で2人を懲戒解雇するように言ってきたのでその場で顧問弁護士呼んで対応してもらった
興信所の調査を見る限り勤務時間外の不貞行為だったので、懲戒解雇の理由には弱いと顧問弁護士がばっさり
実際社内で2人が不倫してたことを知っていた人は誰もいなくて(知ってても黙ってただけだろうけど)
風紀を乱したという理由も弱く、会社から退職を推奨するのがよいと結論付けた
奥さんが納得してくれなくて大変だったけど、顧問弁護士が
「依願退職なら退職金が出るからそれを慰謝料として取ればいい、自分の知り合いの弁護士を紹介しますよ」
と言ったら引き下がってくれた

と思ったけどやっぱり納得してくれなくて、奥さんが会社の周囲や最寄り駅でビラを配り始めた
不倫した2人の顔写真と会社名をでかでかと印刷して
「○○社は不倫する人間を守るような会社です」
って書いてあってビビった


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

872: 名無しさん@HOME 2009/02/20(金) 14:46:48
ネタだと思って、私の呟きを聞いてやってください。

関係者には全員【元】がつきます。

私の親は、時代錯誤も良い所で、私に決まった婚約者を押し付けてきました。
って言っても、お嬢様ってわけではなく、普通のサラリーマンの家。
ただ、「この家と家族ぐるみで付き合ってて、将来男女が生まれたら結婚させるの!」って言う、
言葉だけの約束が、その内本気になったって感じでした。
私は、高校を卒業と同時に、大学も行かせてもらえず、結婚させられました。

当日まで、本当に抵抗はしました。
当時、ラブラブだった彼氏がいたので、逃げる準備をしてたら、ほぼ自宅で監禁状態。
彼氏は、何度も迎えに来てくれ、両親を説得しにきてくれましたが、門前払いでした。
キレて泣いて、ドアも壊す勢いで怒り狂ったのに、
「お前の幸せのためだ!いずれ感謝する!」
と、父に見張りをたてられました。
結婚式当日は、父が雇ったガードマンみたいなのがいっぱいいて、
私が逃げ出さないようにしていました。
本当に、狂ってるとしか言いようがありません。

そんな状態ですから、絶対に愛情がうまれるはずもなく。
しかも、夫は、
「嫁子がホレて嫁いできた!」
と、勘違いし、浮気し放題。
トメも、クソトメで、馬車馬のように働かされました。

そんな事を、両親に訴えても
「そんなの何所の家でも当たり前よ。」
「我慢しなさい。」
で、終了です。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

29: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)20:18:54 ID:SIC
マザコン男にドアパンチされ、そのマザコンママ・パパが1年間ゴネた話

去年の今頃に一人暮らし始めたのを切欠に新車の軽を買った。
安賃貸なので駐車場も狭くて歪な並びだったが小回りの効く軽なので私には問題なかった。
しかしある日隣に大型SUVがとまるようになってからが大変だった。
そいつがとにかく運転が下手で、早朝や深夜になかなか駐車できずに延々と切返しをしてて煩かった。
それに何故かいつも私の車の方にギリギリ寄せて停めるもんだから、いつかぶつけられないかと心配していた。

それから暫くして、何時ものように早朝から延々と切返しをしてて煩いな〜と思ってたところで「ゴッ!」っと音がした。
嫌な予感がしたので窓から覗いてみると、そいつが自分の車と私の車の間でしゃがんで何かを見ていた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

272: 名無しさん@おーぷん 2015/07/21(火)00:34:10 ID:FGL
ごめん、長文だけど吐かせて。
夫の精神的浮気を知ってしまった。

夫は自宅から車で3時間の距離に単身赴任中。
相手は夫よりも14歳年下の元部下で、一昨年退職している。
その子は課で唯一酒を飲まないために、飲み会の帰りは飲んべの夫を毎回男性寮まで送り届けてくれていた。
お礼にと夫経由でお菓子を贈ったら、丁寧な手紙付きで当地の名産品を送ってきてくれるような子だった。
だけど激務がたたって体を壊したうえ、最後は旧態然とした上層部と対立して辞めていった。
温和な夫が「うちの会社は優秀な人材を潰した」と怒りながら悔やんでいたので、その時のことはよく覚えている。

土曜、脱衣所に古い携帯が落ちていたので「これ誰のだっけ?」と中を確かめたら、夫が以前使っていたものだった。
未送信メールがたくさんあって、どれも夫があの子に充てて書いた思われる内容だった。
浮気を疑って他のメールも見てみた。
そしたら彼女からのメールが上限数いっぱいに保護されていた。
「明日は駅西口で7時に○さんと待ち合わせです」「資料できたので明日イチに確認願います」とか業務連絡ばっかり。
それに対する夫の返信は淡泊で、ほとんどが「了解」の2文字ばかり。
未送信メールにあるような優しい文面は、実際には一度も送ったことがないみたい。
送信済みの中に唯一長文があったけど、夫が酔って何か失礼なことをしたらしく、それを謝る内容だった。
それに対して彼女からは、
「厳しい上司の珍しい姿を拝見できて、部下一同光栄の極みです。今日は私に任せてゆっくりお休みください」
って冗談を交えてはいるものの、すごくさっぱりした返信だった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

242: 名無しの心子知らず 2013/01/15(火) 15:56:46 ID:EqR7HY7B
駆除まできっちり済んだので厄落としに書かせてくださいね。

義姉(旦那の兄の妻)の兄の妻の弟の妻(一部フェイク)という親戚から
キチ攻撃を受けてました。親戚になるんでしょうがご縁が遠すぎて
一度も会った事がなかったので、警察沙汰にまでなって大騒ぎでした。

キチの攻撃
1)我が家の外溝部分の手の届く範囲を荒らす盗む
・植木の葉や花壇の花を引きちぎって巻き散らかす
・門扉やフェンスに漂白剤を撒く。発覚時には農薬を所持してた
・プランターを盗む

キチの華麗な理論(三段論法)
1)私は子無しのくせに血統書付きの犬と猫を飼ってて
郊外の注文建築の家に住んでる人でなしのキチガイ
2)私の生活は子供を売り払ったのと同様の金で
成り立っているんだから、子供がいる自分こそが
その暮らしをしているのが当然
3)でも現実はそうじゃないのがおかしいので
真実を教えてやろうとしてやった。自分は悪くない。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ