スポンサードリンク

タグ:親戚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
798: 名無しさん@HOME 2008/05/14(水) 23:45:45
この流れで書いていいのかわからんが書いてみる。 

義実家で親戚一同が集まっている中、トメに言われた。 
「この嫁子は下の毛、リンスしないんですってwいやよねぇw嫁実家はどうなのかしらねw」 
親族大笑い。一部顔を背けて聞いてないフリの人も。 
ウトとウト兄も話に乗ってきて(女としての恥、身だしなみ云々)、堪えられずに 
「少なくとも人前でそんな下品な話はしませんね。 
トメさんにいきなりそんなこと聞かれて、普通の人間なら答えに詰まるじゃないですか。 
それをトメさんが好きなように解釈しただけです。 
娘に悪影響が出ないうちで良かった。もうここに来るのはやめますね」 
と低い声で黙らせた後、 
「トメさん、リンスしようがしまいが、あなたは口が臭いんですよ」 
と捨て台詞を吐いて義実家を飛び出した。 

スポンサードリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
131: 名無しさん@HOME 2008/02/14(木) 20:17:21
わたしがキレる前に旦那が切れて大暴れしちゃったのはここでいいんですかね? 
標的にされたのはわたしでそれに怒ったのが旦那なんですが。

133: 名無しさん@HOME 2008/02/14(木) 20:21:33
>>131 
とりあえずここでどうぞ

143: 131 2008/02/14(木) 21:33:52
旦那とは結婚4年目で共稼ぎしてます。子供なし。 

最初に旦那の特殊事情を説明しておきます。 
旦那の実家というのが地方のそれなりの旧家で旦那は本家の長男です。 
地元のお年寄りには素で○○屋敷またはお屋敷と呼ばれていて外から見ると 
横溝正史キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! みたいな家ですが、 
中はリフォームされててつまらんw無駄に広すぎる家です。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
76: 名無しの心子知らず 2008/12/01(月) 11:10:03 ID:sQ6IW2Ig
昨日祖父の一周忌をしたのだが、従兄の奥さんがセコケチになってた。 
案内状を出した時は臨月で、10月中旬に3番目の子を出産。
とても法事には出席できないだろうと思っていたのに、 
「私もうちの子も丈夫だから大丈夫。旦那だけご馳走を食べるのはずるい」 
といって、生まれたての子供をつれて参加。 
その時点でなんだかな…っていう感じだったのだけど、ひどかったのは忌中払い。 

上の子供に各卓を回らせて「寿司クレクレ」をさせるわ、 
(子供の分の食事も準備したのだけど、まぐろが食べたかったらしい。
 親の分は分けたくないので「他からもらいな!」と) 
他人が食べ残した寿司や煮物、てんぷらなどをパックに詰めるわ、やりたい放題。 


スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

25: 名無しさん@おーぷん 2014/08/10(日)16:36:05 ID:2h5CNEZ6u
親戚で既婚のおねーさん宅に頂き物お裾分けに行ったら
子供何も着せずに放置で浮気相手とホテル行ってたこと。

26: 名無しさん@おーぷん 2014/08/10(日)16:38:35 ID:3bopTPyNO
>>25
kwsk


スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
386: 恋人は名無しさん 2010/06/03(木) 16:37:37 ID:lS7YYhwNP

このあいだ報道された、教え子に手を出して
「妹が欲しかった」とほざいた高校教師の話で思い出した修羅場。
厳密には三角関係の修羅場じゃないけど。

カップルと関係ない前置きが長いけど、それが無いと話が通じないのでそこから投下する。

私は小学生になる前、家庭の事情で一年ほど親戚の家に預けられていた。
それから10年以上経ち、高校生になったある夜、下校中に変な男に拉致されかけた。
悲鳴をあげたら近所のおじさん達が駆け付けてくれて、その時なぜか男は逃げないで捕まった。

私はショックで半ば気を失いかけてて、
家は共稼ぎでまだ誰も帰宅してなかったから、ご近所さんの家で保護された。
警察の人にもいろいろ話を聞かれたけど、あんまりよく覚えてない。

男は私の兄だとか恋人だとか言ってて支離滅裂、
でも私はこんなデブで色黒で汚い髭の兄も恋人もいないと主張。
連絡を受けた母が慌てて帰宅し、私は泣きすぎたせいか熱を出してそのまま倒れた。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

308: 愛と死の名無しさん 2011/02/22 14:03:02
新郎従妹で出席した結婚式。

新郎はいわば本家跡取りで、実家は田舎だけど土地持ちのいわば地元の名家。
いい大学出て新郎両親の自慢の息子だったんだが、
就職した東京で係累のいない彼女連れ帰ってきて一族発狂。

大騒ぎしたあげく、駆け落ちしそうになって新郎両親が渋々許可→新郎母が決めた式場で
結婚式をあげ、結婚後は実家に戻って同居となった。
私含むイトコ世代は「あーあ、嫁いびりされるぞこりゃ」とうんざりしてた。

披露宴がはじまると、新婦側の出席者は
新婦の勤め先の上司夫婦と同僚代表のおばさんが
一人、あとは新婦友人の女性が一人だけ。

新婦は幼い頃に両親が事故で他界したそうで、親戚をたらい回しされて育ったそうだ。
今どきあるんだね、太変だねと言っていたが、実際に家に迎える新郎両親は
「どんな育ちだかわかったもんじゃない!」とはなっから身構えてた。
あと、交通費もかかる地方での式だからしょうがないかもしれないが、
これだけ少ない招待客って新婦に何か問題でも??という空気は少なからずあった。

ぴりぴりムードのまま式がはじまり、新郎側招待客の長いスピーチが続いたあとで
新婦上司がスピーチ。穏やかで心のこもった挨拶で、新婦の人となりや仕事ぶりを褒め、
信頼する部下が仕事を辞めるのは残念だが…と、
心の底から新婦の幸せを祈っているのがわかるスピーチだった。

その後、新婦友人(以後A)がスピーチの壇上にあがった。
 
新婦友人は小学校の4年の夏から5年の秋まで同級生だっただけの人で、
新婦が別の親戚の家に行くのに引っ越したあとは、ときどき文通してたんだって。
で、結婚が決まってはじめて手紙に彼氏がいたことを書いて結婚式に出てくれないかと言われ、
仕事で海外にいたのを急遽帰国してきてくれたのだそうだ。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【1/2】コトメの結婚が決まりペーパーアイテムや引き出物は全て私が作らなければならないらしいので・・作って差し上げました。
の続きです。(※5/16:【1/2】のリンクをつけ忘れていました。大変申し訳ありません。)


748: 小島嫁 ◆wjcS8kT5Uo 2008/02/25(月) 23:16:11

コトメの結婚式引き出物のラブラブ画像に鼻毛わき毛落書き加工して配らせた
DQN返し小島嫁です。

その後というには早いですが良い事なので報告させてください。
 
コトメ夫と話し合い結局引き出物の事に関しては
私が慰謝料(弁償金)を払って決着をつける事になりました。

DQN仕返し以外の部分は端折ってしまったので後出しになってしまうのですが
最初コトメ夫はコトメへの不信感とは別にして私への怒りも当然ありました。

「何でこんなバカみたいないたずらをしたのか」
「自分が親類友人知人に何と言われたかわかるか」


もうこれに関しては言い訳できない。謝るしかなかった。
でも今までに私が偽実家にされた事と結婚してからを全否定(女中発言)で
もう自分だってどうなっていいからとにかく傷つけたかったと正直に言ったら
許してくれ、更に偽実家がそこまで私を追い詰めた事を謝ってくれました。
(ちなみにコトメ本人は一切謝らなかった。)

その上で今後コトメがそれを材料にしないように相場の慰謝料で決着。
改めてコトメ夫に会いお金を渡しこれで私のDQN返しは決着しました。

そういうわけで後は普通に(?)離婚を進めるだけになったのですが
コトメ夫の弁護士から信用できる弁護士を紹介して貰えるようになりました。

DQN返し前から離婚だけは決めていて弁護士と話をしていたのですが
やたら再構築を進める人で結局決裂、その後は自分で対応して疲れてたので
これをお任せできるようなるだけでもとても嬉しいです。

コトメ夫とは戦友のような間柄になっています。

話し合い後は(不謹慎なんだけど)漫画で男同士がなぐりあいして夕日バックに
「なかなかやるじゃん」「お前こそな」みたいな雰囲気ですw


スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20141101-00000003-mynavis-1-00-view

727: 名無しさん@HOME 2011/01/23(日) 03:03:27 0

従兄弟の父親(伯母の夫)が自サツしてたのを25過ぎてから知った。
俺が物心ついた頃にはもう伯母さんはシングルマザーで
子供の頃は何でなのかな?と思いつつも聞くことはできずにいた。

でも俺が結婚する直前になって、彼女の親族がそのことを調べ上げて
「自サツ者のいる一族なんかに娘はやれん!」とファビョって結局破談。
自分だって知らなかったし、正直言ってそれは破談になったことよりもショックだった。

伯母さんの元夫というだけの血の繋がりもない他人で、
俺が生まれる前に離婚済みだったから殆ど赤の他人なんだけど、
知った時は本気で目玉どこー?だった。
なんでも、伯母さんが従兄を妊娠中にその元夫が浮気→離婚になったそう。
そのまま女と逃げた元夫は、数年後に金銭問題が理由で自サツした。
伯母さんも元夫を家から追い出した後だから蚊帳の外で
だけどとりあえず逃げた先で相当な修羅場があったことだけは分かった。

文章下手なので表現が足りていないかもしれませんが、一応吐き出しです。
個人的には元彼女の親族に色々調べられ、
そこから衝撃的なことが分かったのがトラウマになってしまい
もう結婚は無理だと思ってる。

スポンサードリンク
続きを読む

このページのトップヘ