スポンサードリンク

タグ:記憶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

529: 名無しさん@HOME 2012/04/07(土) 15:33:08
2、3歳ぐらいの時だと思うけど、家の風呂場で溺れた記憶がある。
水の中で「あばぶばべばばば」とか言ってぶくぶくしながら必死にもがいているところから始まって、
目には水面と天井、そして他に色々な光景が瞬く間に映し出され
最後に母が浴室に入ってくるところでその記憶は終わっている。

この事は幼少時の記憶の中でも一際ハッキリ覚えており、
そのせいか、私は子供の頃は水を怖がって、風呂にも中々入りたがらず、親に怒鳴られるほどだった。
小学生の頃に水泳教室に通って、何とか潜れるぐらいまでは水嫌いは克服できたが、
未だにカナヅチに近い状態。

しかし長い間、この記憶は何かの思い違い、もしくは夢だったのかなと思っていた。
なぜかというと、両親や私の面倒をよく見てくれた祖母が
私が溺れた事に全く心当たりが無いと言っていたから。
正直あまり信じられなかったが、大人3人に、
特に記憶の中に登場している母が知らないとなると、やはり思い違いだったのだろうかと。
何しろ3歳前後の記憶だから断定出来ない。
そんな状態でずっと気にはしていたが、最近やっと真相が分った。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

662: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/06/28(土) 06:11:13
息子の友達ではない子が「自分は息子君と仲良しなんだ。
同じクラスなんだ」とウソをついて家に上がりたがる。
ちなみに同学年だが同じクラスではない。
過去に同じクラスになった事もない。
息子も「顔は知ってるけど、名前は知らない子」と言う。
怪しい。当然断る。
そしたら別な日に息子の友達に便乗して家に上がろうとする。当然断る。

電話まで来るようになった。
どこで番号を知ったのかと聞くと、息子のクラスの子に連絡網の表を見せてもらったとのこと。

で昨日、その子が来て「家の鍵を貸して」と言う。
当然貸せないが、なんで?と聞くと


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

489: 名無しさん@おーぷん 2015/07/15(水)22:07:17 ID:aff
赤ん坊の頃の記憶ってある?

息子は実は養子なんだけど俺達夫婦は不妊で子供が居なかったんだ。
でもどうしても子供を諦められなかったので
施設から生後半年の息子を養子として来てもらった。

親の俺が言うのもなんだが過不足なく育てることが出来たと思う。
息子には二十歳になったら告知しようと嫁と話してて、
先週二十歳になった大学生の息子が里帰りしてきた。

まあ里帰りって言っても県内の別の市で独り暮らししてるだけだけど。

で、息子に「大事な話がある」と告げて
俺「今まで黙っていたがお前も二十歳になったから本当の事を話す。
  実はお前は養子なんだ。だかおれたt」
息子「?知ってるけど?」
俺「え?」
息子「え?」
俺「え?知ってるってどう言うこと?」
息子「え?いや、この家に引き取られたときの記憶有るんだけど?」
俺「え?」
息子「あ、いや、だから引き取られたときの記憶あるから養子だってずっと知ってたし
  親父もお袋も何も言わないからそんなもんかと思って。。。」
俺「。。。」
息子「。。。」
俺「ま、まぁ、なんだ、これからもよろしくな。。。」
息子「うん、まぁよろしくね」

って言ってその日は終わったんだけど赤ん坊の頃の記憶って有るのが普通なの?
俺全然記憶ないし嫁も無いって言うんだけど。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
t02200178_0330026710322822648

469: 名無しの心子知らず 2005/05/23(月) 12:50:51 ID:Utdev/jr

4月末に出産。初赤でした。
現在里帰り中。さきほど実母に聞いた話。


陣痛室どころか、分娩室まで押し掛けてきたトメに、●もらしながらの
出産見られて、さらに赤を最初に抱かれた。

トメが「赤さん、おかあさんのにまみれやってんでえ、可哀想になあ」

と言ったところまでは覚えているのだが、そのあと記憶にない。

呼ばれて入ってきた実母におそるおそるが見たときは、私は股からちを流
しながらトメに馬乗りになり、自分がはいていたスリッパで、トメを殴りつけ
ていたらしい(赤は助産士が保護していた)看護士と実母と3人がかりで、
引き離されるときも、
「ころす、あいつ、絶対ころす、ころす、私の赤を触った、
最初に触った、 許さない許さない、ころすー!」

と叫びまくっていたらしい。

そのあとも興奮状態でしばらく手がつけられず、
点滴のお世話になったらしい。


……記憶にございません。


現在、過干渉ウトメからの接触、一切なし。旦那は入院中から腫れ物にさわ
るように優しいです。
嫌いなトメだったけど、そこまで憎んでいたのか私、という気分です。


スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
oyuugi_004

406: 名無しの心子知らず 2012/02/21(火) 12:06:59 ID:/pCDn5Ql

ここの話を見てて掘り起こされたお遊戯会の話

私はアラフォーなんだけど、お遊戯会の主役を
年長の時に二人でやった写真がある

まさか、うちの親がモンペのはしりだったんじゃ…と不安になって確認したら、
目立ちたがり気質だった私が主役に立候補、
他に立候補がいなかったためにすんなり決定

練習が進んだある日、A子ちゃんがおうちで「本当は主役がやりたかった」と泣いて訴える

A子ちゃん親は
「うちの子は一歳年上なんだから(病気の影響で一年入学を遅らせたらしい)
主役やらせるのが当たり前!!」
と園に猛抗議

A子ちゃんママの剣幕に恐れをなした園は、うちの親に主役交代を打診
主役から、囲炉裏の薬缶の絵を押さえる係に変更を親から説得される
「薬缶は真ん中」の一言であっさり私了承w

さて、そこで済めば良かったんだけど、今度はA子ちゃん、
「セリフが多くて覚えられない」と家で泣く
A子ちゃんママがまたもや「うちの子は病気だったのに配慮がない」と猛抗議

セリフなしでも主役という線を実現するために、
手を繋いだ私がA子ちゃんを連れ回して喋る2人主役となったらしい

薬缶の役に洗脳された私が主役復帰に難色を示したので、
A子ちゃん親が家に怒鳴り込むということもあったらしいけど全然覚えてないw
A子ちゃんママはもともと精神的に不安定(親談だとヒステリー気質)だったので、
後に鍵が掛かる病院に入ってしまったんだそうだ(今現在は不明)

A子ちゃんママの話にも驚いたが、
自分的には『おとなしく引っ込み思案な幼少期』と記憶補正してたので
目立ちたがりで単純馬鹿だった自分に驚愕w


スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
8c1bad7e

487: 可愛い奥様 2011/02/08(火) 12:28:46 ID:r2/rQNCl0

黒い過去・・・父親がアル中だったこと。

父は世間では外面の良いエリートだったが、出世競争に敗れ、アル中に。
母親にも子供達にもぼう力をふるい、小学生の頃は父が帰宅するたびに
怯えて心臓がバクバクした。妹はドアの音に怯えて毎日泣いた。

中学の頃、私はどんどん背が伸びてバスケに熱中していた。

ある夜、父が酔って帰宅し母にぼう力を振るっていたので
「いい加減にしてよ」と言ったら、父は逆上し私に襲いかかってきた。
私は無言で父の腹にボディーブローを叩きこんだ。
バスケ部のキャプテンをやっていた私は、身長でも腕力でも父を凌駕していた。
父は「ううっ」と呻いてしゃがみこみ「…親に向かって」「ぶっころしてやる」等、
弱々しく呻いていたが、私は「黙れクズ」と吐き捨てて、二階の自室に戻った。

その日以降、酔って暴れる父を抑え込むのは私の役目になった。

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
5

513: 名無しさん@HOME 2005/10/13(木) 01:12:05

DV父には悩まされていましたが、最初に受けた時の記憶が私の修羅場でした。

6歳の頃、小学校入学して近所に友達ができ、子犬がたくさん生まれたのでもらって
くれないかともちかけられました。
母に相談すると、父は犬好きなので大丈夫だろうということになり、お試しで
子犬を預かって父の帰りを待ちました。

しかし、当日父は機嫌が悪く、飼うことは許してくれませんでした。
私は仕方なく子犬を友達の家に帰しに行こうと家を出たとたん、後ろから父に
いきなり蹴り倒されました。

倒れてからも数発蹴りをいれられました、背中とか脇腹とか頭とか。
恐怖と痛みで泣き叫んでいましたが、子犬を潰されては大変とお腹の下に隠し
て、両手で必死にかばいました。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
414gNPA2UKL



622: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/25(火) 10:22:00.84 ID:Ev/RzCL1

ハタチの時、朝に庭の水やりをしてて、ホースに足を引っ掛けてしまい、
近くにあった植木鉢を置く台?に胸を強くぶつけた。

ものすごく痛くて、声も出なくてうずくまってたらだんだん脂汗が出てきて、
ボーっとしてきて意識がなくなったんだけど、気づいたら夕方になってて家の中にいた。

家の中っていっても自分の家じゃなかった。
他人の家の匂いがしてて、私は着たことない部屋着を着て広いリビングのソファに座ってた。

え?え?何??誰かに連れ去られた??と思ってたら、
ぬいぐるみ持った小さい女の子が来て、「一緒に遊ぼう」って言うの。
ものすごくびっくりして、でもとりあえず「ママは?」って聞いたら、「ママも一緒に遊びたい」って。
どうしようどうしようって混乱しながら家の人が誰かいないか確かめようと思って、
女の子と手を繋いで家の中を歩きまわって、洗面所で鏡みて驚愕した。

私は普通体型でギャルっぽい格好だったのに、
髪の毛が黒くてゆるふわみたいなオダンゴしてて、老けて痩せてた。

すごい長いこと鏡見てたと思う。
カレンダー見たら水やりしてた日からちょうど5年経ってた。
その女の子は私の子供だった。

実家に電話したら、「どうしたの?昨日そっちに行ったばっかりなのに」的なこと言われて、
本気で怖くなって受話器放り投げた。

夫らしい人が帰ってきてその日は外食したんだけど、
私の様子が変なせいかすごく気遣われた。
つまり、意識のない間に恋愛して結婚して子供まで産んでたんだけど、
まったく何も覚えてない。

あれから1年とちょっと経つんだけど、まだ普通に生活してます。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ