スポンサードリンク

タグ:財産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

591: 名無しさん@おーぷん 2016/05/11(水)11:55:17 ID:???
クソな実父から財産もぎ取ってきた


うちの両親は私が2歳のときに、実父のD V、生活費使い込み等で離婚
養育費は最初の2回目で早々にバックれ、面会は一度もなかった

それから四半世紀もたって、実父方から連絡があった
実父が余命宣告されて今財産の整理をしようとしているところなのだが
私が実父の子供でない可能性があるので、DNA判定したいと言う
実父は離婚後に実家の家業をついでそこそこの会社の社長をやってて財産持ちになってた



スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

842: 名無しさん@おーぷん 2015/07/23(木)12:46:49 ID:???
親の財産をひとり占めしようとする長男や長男嫁の話ってよくあるけど
それが成功したとて……という話。

親戚にSという一家がいて、Sさんは中小企業だけど経営者で、業界では知られた人だった。
S夫婦には息子が2人いて、長男は親はそうじゃないのになぜか長男教に感染していて
「俺は長男だ跡取りだ敬え!ひいきしろ!」と威張っていた。
子供のたわごとならまだしも、大人になってまで言って回ってるから、あきれられていた。
頭の出来は今一つで、大学を出ても就職先がなく
もしかしてSさんの会社に入れてもらうつもりだったかもしれないけど
Sさんはコネで遠くの会社に放り込んだ。
その土地で結婚したけど、嫁さんがまた
「跡取りの長男だからお金があると思って結婚した」と公言する猛者。

次男は明るくて人当たりがよく(長男と比べるからかもだけど)
勉強がすごくできて、東京の地名のついた大学に進み、公費留学でアメリカの大学院へ行き、
帰国して東京の有名企業に招かれた。
嫁さんはお金持ちのお嬢様で頭が良くて優しい。

SさんはS奥さんが他界して気落ちして、会社はたたんだ。
数年後Sさんも逝って、相続となった。
長男夫婦は「財産はすべて跡取りの長男のもの!」と主張して
ギャンギャンわめきちらして暴れるので
次男夫婦は生命の危険さえ感じて、相続放棄する代わりに
今後は互いに一切かかわらないと取り決めた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

849: 名無しさん@HOME 2009/02/08(日) 23:52:55
近距離別居のウトメは金持ち。私は両親が早くに亡くなり親戚にあちこち流されて育った。
だからか、私と夫(14も歳上)の結婚は「私が夫君の財産を狙ってるから」というのが
夫一族の共通認識。
ウトメに気に入られたくて『嫁』って認められたくて頑張っても夫が居ない時を狙ってアポ無し突撃&料理捨てられるをスタンダードに
両親の遺品を捨てられそうになったり、ウトメ宅に呼ばれて無料家政婦(家政婦自体を雇ってるくせに!)をしたりしていた。
夫もかなり〆てるけど効果なし。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

51: 名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火)10:41:06 ID:Ax5
息子が年上で子連れの女性と結婚を決めた。
そのことに関しては、主人も私ももう大人である息子の決めたことだからといい、
賛成も反対もしなかった。ただ息子にはもしその女性の子供と養子縁組をするなら、
息子には遺産を残さない旨を伝えた。
私たちには息子の上に2人の娘がいたため、考えたくはないが息子が
私たちよりも先にタヒんだ場合相続にかかわってほしくなかったためです。
しかし息子は私たちの決断を軽く考えていたのか、それとも嫁の言いなりになったのかはわかりませんが、
養子縁組をしてしまったので、息子に任せていたマンションの管理を含め大きな金額になりそうな不動産等は、娘2人に生前贈与して、娘たちとも話し合い、長女の娘と養子縁組をしました。
そのことを知った息子の嫁に車ではねられました。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

878: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:51:34.00 0
旦那の父親が亡くなった
姑さんは数年前に他界していたので
旦那と私がアレコレやった。
そしたら結構な財産が出てきたよ。額面にして数千万。
驚いた。
何故って、旦那の実家はずっとド貧乏で通してきたから。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

566: 名無しさん@HOME 2007/04/13(金) 20:10:18
うちの元トメも、ありもしない財産を引き合いにだしてたw

元夫との離婚の話し合いにしゃしゃり出てきて
「あなたにもぉ、ちゃ~んと財産をのこしてあげるつもりだったのよ。
だからそんなつまんない事で離婚なんていってないで、ありがたく結婚を続けなさい」
そんな財産なんか無いこと知ってたので、
「へぇ?我慢したらいったいいくらいただけるんですか?10万?20万?」
「そうねぇ。車を買えるくらいのお金は貰えると思っていいわよ」
思わず感心した振りして
「あら、うちの親からは8千万円の相続の話があったけど、税金とか手続きとか
 色々面倒なんで、断っちゃいました。でも、それくらいの金額だと遠慮なく
 いただけますね」

と、すぐに冗談だとわかる嫌みをいったんだけど、元トメ固まってしまった。

「8千万円」に反応したらしく、いきなり髪振り乱して
「なんで勝手に断るのよぉおおおおおお!」と叫び、地団駄。(こわかったw)

夫も怖かったらしく、うわぁあああって叫びながらトメを外につまみ出していた。
それまで「嫁姑問題」では納得できないと離婚を拒否してた夫だけど、すんなり
離婚できました。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

964: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)09:57:14 ID:lsoZGFNZr

自分でやった復讐ではありませんが、
身近なところであった復讐ってことで。
7年前に父がなくなったのですが、遺産のほとんどが
長い時間をかけて私にだけ残されていたことです。

適当にフェイクを入れますので、齟齬があっても勘弁してください。

私の上には2人、つまり私は3人兄弟の末っ子ってことなんですが。
私は兄弟の中であまり母に好かれていなかったというか、
私には厳しいというか、冷たいというかまあそんな感じでした。
父はどの子供も分け隔てなく3人一緒という感じでしたから、
母がなくなって私にだけ遺産を残さないことはあったとしても、
父が私にだけほとんどの財産を生前贈与して遺言書も
私に有利に書いてあるということは驚きでした。

父は20年ほど前から糖尿病になり、
合併症でしぬ半年ほど前から入院をしていたのですが、
母は体の調子が悪いと言ってあまり見舞いにも行かず、上2人も似たような感じでした。

私は会社の最寄り駅の近くに父の病院があったこともあり、
朝は5分ほど顔を出して帰りも残業がない日はよって顔を見せることにしていました。
父がなくなった日も、朝に顔を出していました。

気分がよさそうにしていたので、
まさかその日になくなるとは想像もしていませんでした。

丁度昼の休憩になろうかという頃に病院から電話がかかってきて、
父がなくなったことを知りました。
心臓まひで、食事が残っていたので看護婦さんが配膳に行ったら、
眠るようになくなっていたそうです。
そこからはよくあるように葬儀の準備などで、
家族みんながバタバタとしていて、悲しむ間もない感じでした。

冷たいようですけど、70を超えていて持病もあっての入院でしたから、
なくなった時も家族みんながそんな感じでした。
そして葬儀後、遺産整理をすることになったのですが、そこからが驚きの連続で、
遺産の総額を調べることになったのですが、生活口座に300万ほど入っているのみで、
母親が住んでいる土地建物は、20年ほど前に私に生前贈与されていて、
私が受取人になっている保険が数件私名義の通帳が数冊。
あとは金庫に500万ほどの現金と、生活口座に入っている300万しかなかったのです。

そして父の葬儀にもすっせ記してくださった父の友人で弁護士をされている方から、
遺言状が作成されていますので、
と連絡があり、家族4人で弁護士事務所に伺いました。

上記の理由から、残りの家族は俺が父をだましたと思っていて空気は非常に悪かったです。

そして、父の遺言状にはまず葬儀費用のことが書かれていて、
葬儀費用は金庫のお金を当てるようにとのことでしたので、結果、金庫のお金は
残り200万となり合計500万が相続対象となりました。

私以外の3人は、私が父をだまし遺産を独り占めした。
裁判をすると言いましたが、弁護士さんがまず遺言状を説明させてくださいと言われ、
まず話を聞くことになりました。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
佐久間さんのニンジン畑リサイズ

139: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/12(木) 23:40:23.13 ID:FXPLIwmW

私と年の近い従姉に、遠縁に当たる親戚から養女にという話があった。

そこには一人娘がいるんだけど、透析が必要なからだで、
自分らの老後や土地家屋の跡継ぎが心配。
そこで白羽の矢が立ったのが、当時20代に差し掛かったばかりの二つ上の従姉と私。

大体養女というか、もろ養子?とも養子?覚えてないんだけど、結婚させて、
夫婦で養子に迎えるという計画で。
もちろん田舎の土地というと、イノシシが出る栗林やら、みかん山やら、一坪一万にも
ならないような郡部。

そこに、うちを継がせるために百姓仕事をついでくれる男と見合い結婚して、
わしらの面倒と、一人娘の面倒を見てくれという、実に割が合わないお話で。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ