タグ:逃亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【1/2】好きな物を好きなだけ買っても構わない、家事も別に手抜き大いに結構、この10年何も言ってこなかったのに不自由もさせてないのに→嫁『自由になりたい。』俺「」→
の続きです。



214: 鯵 ◆Pjz14d4J9g 2008/03/31(月) 19:11:24
以前はここで世話になった。
言葉使いや不遜な態度で気分を悪くした人も多かっただろう
あの日 元嫁が暴れに暴れ
コンテナに火をつけるわ、前日は船のポールへし折るわ。
俺だけでなく周りにも迷惑かけ始めたのでどうにもならず
警察に通報した


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【1/2】結婚式の二次会に参加するため車を置きに一旦帰宅。兄の車があり、家の中へ入ると寝室で兄と嫁がイチャイチャ・・・嫁『寂しかったの』兄『お前にも悪いところがある!』→
の続きです。



204: こたつ ◆jsnMuAk4O. 2015/04/21(火) 08:23:38.88
おはようございます
昨晩は多少は荒れましたが(義父)、弁護士さんがいたこともあり冷静に話ができました
妻の言い分としては、「女性としてみられていなくて寂しかった」「相談してるうちに」と言って
ました
兄はLINEでのやりとりや写真を事前に俺に提供していましたので嫁の携帯でも確認しました
2月の初めの頃のやり取りを何個か消してましたが兄のLINEで確認できました
弁護士さん立会いの下、不逞の事実関係は確認できましたので離婚にむけて話をしようと
したところ嫁が憤慨

・子供もいるし許してください
・子供と二人で生きていけない(金銭的に)
・行為は数回だけ
等、ヒステリー気味でしたが兄は殆ど話さずにいたのですが
その態度が嫁のヒステリーに拍車をかけたところで、義父が嫁をビんタ
ちょっと入電なんでおちます

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

498: 名無しの心子知らず 2010/08/01(日) 15:54:55 ID:j+LYeP90
空気読まずにさっき会ったことを報告しちゃうけど、
モスで昼ご飯を食べていたら
親子連れにオニオンリングを盗まれた。

店出入り口の通路に面した机で食べてたんだけど、
通りすがりに、なんかペチャクチャしゃべりながら
「やっぱりオニポテにしときゃよかったー!
すみませんこれ下さいね?」
と実に自然な動きで私のオニポテを机の上からさらっていったので、
思わずその手を掴んで「やめて!」と言ったら
「いいじゃないこのくらいー」と言いつつ
掴まれてないほうの手で泥娘(推定80kg超)に渡して
泥娘はモリモリそれを食べていた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o07250483e1355969091128_1

922: 名無しさんといつまでも一緒 2010/01/29(金) 13:10:08

知り合いのA子(32)が、職場の既婚者(35)とW不倫したらしく
奥さんに凸したり妊娠を仄めかしたりでドロッドロになって、結局略奪成功。

自分の子供の親権も旦那にくれてやり、真実の愛まっしぐらで離婚。
そのまま奪った男とダブルで慰謝料背負いつつ結婚、一緒に暮らしだしたはいいものの
暮らしてみるとどうにもうまくいかず、燃え上がっていた感覚もなくなってしまい、
お金は無いわ、仕事も無いわ(2人とも職場やめさせられた)、生活苦しいわで、結果、男が逃亡。

そのまましばらく音信不通。

でもA子と男のアパートには、男が逃亡後に借りたと思われる消費者金融の請求書が届く。
この間、男の元妻からも慰謝料の督促状が届きまくり。

しばらくしたら、男から押印済みの離婚届(内容証明)だけ郵送されてきて
怒りくるってその住所に突撃してみると、男は新しい女と同棲真っ最中。
「結婚したいので離婚してくれ」と言われ、結局男戻ってこず。スピード離婚。
ちなみにその新しい女、元職場の後輩wwwしかもご懐妊済みwww


これが、A子が昨日ウチに創価の勧誘に来た時に語った身の上話。
極めつけの一言は、
「こんなに不幸があった私でも、創価学会に入ったら心が救われた!」
「不幸の原因は、信心してないことだった!池田先生は凄い!!」

ばかばかしwww


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
d4deb453310f99cee2b500a9fe721bda

460: 名無しさん@HOME 2012/03/17(土) 15:47:13

夫が事故で亡くなった。
 
勤務中に交通事故の被害者になった 。
都内、家賃補助無しで賃貸、保育園激戦区で入れない上
夫激務の為妻専業、私立幼稚園しかないから私立一択

そんな環境下で年収4XX万円台の四人暮らしは厳しかったが
夫婦仲も良く、子供達はパパ大好きで幸せって言える家庭だった

お互いの親とも付かず離れず、上手く付き合えていた
それが夫の突然の死により一変


幼児と専業の妻あり、二十代の大黒柱、という事で賠償金その他は高額の請求

勤務中と言うことで労災認定、そして未成年の子供らが居るから遺族年金も支給
それらとは別に生命保険、個人年金、学資保険もあった

夫の母がやんわりと相続や私達母子のこれからについて口を挟んできたが、
折々の契約時やライフプランの話し合いで意思確認をしあってきたのでそれに沿う予定で
遺言とまではいかないが、お互いに自分の身体の自由がきかなくなったり死去した後、
どうしてほしいかのような希望を書いた物を作っていたのでそれを義父母に見せた上
夫の遺骨の管理や子供達の養育と相続も法定通り、
事故の慰謝料に関しては基準額にそって義父母に渡す方針だと説明したら義母が暴走した

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
200907_messy_room8


940: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/02(木) 20:28:03 ID:xEvYYkbS

流れ読まず投下&フェイクもあるのでそこんとこよろしく。長いから
複数にわけてます。

私含めて地方から上京してきた5人組。
バイトで知り合ったり、友達の友達、みたいに増えた仲間だった。

皆、程度の差はあれど仕送りがあったが学業の傍らバイトをしつつ遊びつつ
…お互いに夢に向かっていた。

その頃、金の貸し借りはあったけど1,000円とかそのくらいだった(もちろんお互い返してた)
しかし、夢敗れて普通に就職したり、フリーターでしがみついて夢が叶いつつある子、
実家に帰る子がいた。

A子は今、考えるとコミュ障気味だったのかもしれない。
A子はバイトを高い確率でクビになっていて、
それでもなんとかギリギリ生活していた(仕送りだけど)

そんな日々が続き、夢が叶いそこそこ成功したB子が結婚することになった。
 
5人全員招待されたがA子から私にご祝儀をかしてほしいと頭を下げてきた。
以前からC子に いくらか借りていると聞いていたが、
めでたい席にA子が出席しないわけにはいかないので30000円を貸した。

式に無事に全員集合できてB子もとても幸せそうでよかった。
次の日B子は参加できないけど、実家に帰ったC子もせっかく泊まりで来ていたので
4人で食事に行くことにした。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
e52e9b90200d0c2ea5a47e257d0fbcb4

576: 恋人は名無しさん 2011/04/22(金) 19:09:21.67 ID:EWMAvKa/0

ちょっと後味悪い話だからご注意。
かなり前の話だし時効くさいから特定はされないと思う。


妹=俺の妹 2コ下
彼氏=妹の彼氏 バイト仲間
友子=妹の友達 同じくバイト仲間
親父=俺と妹の父

うちの親父はスーパーDQNだった。
パチンカス+サイマー+アル中+婦女ぼう行の前科持ち。
おはずかしい話だが俺ら一家はナマポをもらっていたこともある。
だがおかんはなぜかそんな親父が好きらしく離婚しようとはしなかった。
何度も離婚してくれと言ったが
「あの人もあれでやさしいところある」
などと寝言のようなことばかり言い結局死ぬまで別れなかった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
001南幌町「中川邸」クローゼットドア改修工事

238: 名無しさん@HOME 2009/03/05(木) 15:39:01 0

私の元バカ旦那、無職になったくせに私に働くのを許さなかった。

ウトメ&コウトメと同居だったけど、
ウトの収入とトメの実家からの援助(トメ実家は自営でそこそこの金持ち)で暮らしてた。
コウトは働いてたけど、収入は全部お小遣い、
コトメはかなりのピザで職場でいじめにあい退職→無職。
私は働く事を許されず、ウトメに申し訳ない気持ちで、家事一切を引き受けた。

でも将来の子供の事(選択小梨だた)の事もあるし、
バイトだけでもいいからさせてくれと夫に言っても、
「バイト先で浮気する気だろう」と言われた。

付き合ってる時も浮気なんかした事ないし、
職場で不倫なんてドラマの中だけの話だと思ってたし。
しばらくたって発覚したけど、
旦那が無職になったのは、私を監視するためだった。

前々からコウトとの関係を疑ってたらしい。
だいたい旦那とコウトは同じ時間帯に出勤帰宅、二人とも土日休みだし、
そもそも挨拶とか、ご飯の時に軽く事務的な会話するくらいだった。
一緒に住んでたとはいえどこに不倫の心配があったのか・・・




続きを読む

このページのトップヘ