タグ:酔っぱらい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

225: 名無しさん@HOME 2011/09/09(金) 22:39:31.07
ボウリョク的なDQN返しなので注意。

舅は大酒飲みで、酔って暴言を吐いたり、ボウリョクしたり、運転をしようとする最低老人。
車とバイクの鍵は私の夫が取り上げて保管してる。
お酒が入ってない時に姑さんが説得をしても改善しない。
昔からお酒を飲んでいたらしいけど、酷くなってきたのはここ数年。
そのせいか私が嫁に来たから俺は酒を飲むようになったと舅が私に罪をなすりつけてくる。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

429: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/03(日) 08:27:44.13 ID:49XVPf97
ホームから転落した事がある。

学生の頃の話、その駅のホームは真ん中に駅長室?があり両側ホーム部分が狭い所だった。
普通に歩いていたら前から酔っぱらいなのか、どついたり飛びかかったりして
じゃれ合ってる若い2人の男が来た。別に何も考えず2人の横を通り抜けようとしたら
ドンッッ!とおもいっきり突き飛ばされてよろけ、そのまま落下した。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

398: 名無しさん@おーぷん 2015/07/03(金)16:39:47 ID:bDa
企業面接に行った時の話
15時半のアポで会社に着いたのが15分前、でも誰もいなくて無人
中に入れず、担当者Kに連絡とるが繋がらず15時半まで待ってから近くの喫茶店で誰か帰ってくるまで待ってみる
15時40分ころそれらしき人たちが帰ってきたのでお会計をすませ声をかける

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

156: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/28(月) 02:55:15.56
嫁と結婚しなければ別の人生があったとは思うけど、
どんなに失敗したと思っても、運命と思って現実を受け入れるしかないんだよね

結局選択したのは自分なんだしさ

酒癖がめちゃめちゃ悪い酒乱の嫁を、あまりの酒癖の悪さに
昨日とうとうぶちキレて、グデングデンで道端に転がってる嫁に蹴りぶっこんじゃったんだよね
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

447: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)18:28:37 ID:zbH
正に昨日の事なんたけど。
昨日友人数人と飲みに行き、店を出たら駅の近くで何やら揉め事が。
どうやらタクシーの客がいちゃもんをつけて金を払わず帰ろうとして運ちゃんがそれを止めようとしてるみたい。
客の酔っ払いのオッサンは運ちゃんの肩を突き飛ばしたりしてかなりヒートアップしてた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

384: 名無しさん@おーぷん 2015/06/29(月)21:01:25 ID:CPe
軽いけど、私の修羅場。
15年くらい前の事だけど、当時仕事がいっぱいいっぱいで毎日ヘトヘトになって夜遅くに帰宅。
その時は実家住みで両親と妹もいてすでに寝ていたので、静かに夜食食べる生活。
ある日、仕事帰りに同僚に誘われて居酒屋に飲みに行ったんだが、疲れのせいもあってかなり酔った。
何とか自宅に着いて、寝ようかな…と思った時になぜか急に自由になりたくなった。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

195: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/13(水) 21:06:46 ID:Zulriz0N
居酒屋でバイトしてるが、飲みの途中で「煙草くれ」と言ってきたオッサン。
オッサンの吸ってた銘柄がうちに無くて、その事を伝えた所、
「何で置いてないの!?ありえん!それでも飲み屋か!」
と突然キレ始めた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

774: 名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金)04:46:09 ID:???
小学校高学年の時、家族で居酒屋に徒歩で行った。
そこで当時低学年だった弟が、知らんおっさんに女の子に間違われた。
酔っ払った母はそれを笑って、弟がすっかりすねてしまった。
帰り道、弟がすねて父とくっついて帰路を急いだために、俺は母と一緒にゆっくり歩いて帰っていた。
そこで母が、「私そんなに酷いことした?」と聞いてきたので、すごく素直に「酷かったと思う。すごく酔っ払ってるんだなって思った」と答えると、母は「酷い。何でそんなこと言われなくちゃいけないの」と言って半泣きになって、俺をほっぽって走って家に帰ってしまった。
幸い家まで数十メートルの距離だったし、歩き慣れた道だから怖くもない。
続きを読む

このページのトップヘ