タグ:閲覧注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

877: 名無しさん@HOME 2011/12/20(火) 19:00:20.26
トメからのメールがウザいから自称動物大好き(ハァト)トメに本文無しで私のペットの写メだけでひたすら返信してたら返事が来なくなった。
うちの子可愛いのに「気持ち悪いもの送るな!」とか失礼よね。
犬猫だけが可愛いなら動物大好きとかほざくな。
可愛さ分かってもらえないなんて嫁子悲しい。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)15:49:55 ID:5E3
※動物好きの人は読まないでください
※ぐ ろ系嫌いの人も読まないでください




私は子供の頃に中型犬二匹に全身を噛まれ、そこから菌が入り、タヒにかけた。
噛みつかれたというより食いちぎられて、指の一部の肉が凹んでるし、力が入らない指もある。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

731: 名無しさん@おーぷん 2015/07/19(日)17:01:20 ID:zRU
去年の真夏、愛猫が亡くなった。15年一緒だった。私の家族だった。
次の日に火葬に出す予定だったので、寂しくて一緒に布団で寝た。朝起きて、猫ちゃんが動いてた。あれっ、タヒんでなかったんだ!と喜んで布団をめくった。

私は悲鳴をあげた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

409: 名無しさん@HOME 2017/12/12(火) 18:43:34.84
中学校でレ/イ/プされたのが修羅場だった
部活が終わったあと教室で着替えていたら男子数名に押さえつけられてシタギを剥ぎ取られた
抵抗したけど両手両足を押さえつけられて上と下両方に入れられて痛みと嘔吐感でタヒにそうになった
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

626: 名無しさん@おーぷん 2017/06/03(土)15:01:18 ID:4zz
※汚物注意!


簡単に言うと、数年ぶりに父の部屋に入ったら、ほぼ廃墟になってて衝撃を受けた。
うちの家は敷地面積が狭いかわりに三階建てになっている。お風呂と私の部屋は一階、リビングは二階、三階は父の部屋と物置。
物置は元々母の部屋だったが離婚して家をでてから物置に。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

216: 名無しさん@HOME 2009/01/07(水) 01:37:22
豚切りで書き捨て投下。しかもぐ ろ注意。

旦那不在中にウト訪問。害無しだった為に家に上げ、お茶を出し、後少しなんで…と作りかけだった晩御飯の仕込を継続してたら羽交い締めにされチチをもまれた挙句、シタギの中に手を突っ込まれた。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

47: 名無しさん@おーぷん 2016/01/14(木)09:05:31 ID:5kq
自分のことじゃないんだけど書き込みます。
人が三人タヒんでいる話なので閲覧注意です。
当事者ではないため、ほとんどが又聞きになります。
説明不足の点はご容赦ください。

当時働いていた会社の上司の話。
新卒で就職して以来、その上司にはずっとお世話になっていた。
部下がミスをして顧客に頭を下げに行ったあとでもその部下に対して感情的にならず、「ドンマイ。反省を生かすんだぞ」時に励ましてアドバイスをしてくれる方だった。
私自身、入社したての頃に向いてない、辞めようと思った時に何度も相談に乗ってもらった。
新卒だった私も五年目の冬を迎えた頃、その上司が二人目の子供が生まれたのを機に戸建の家を建てた。
念願のマイホームと奥さんと二人の子供。
傍目にも上司はとても充実しているように見えた。
ある時、そんな上司がしばらく会社を休むことになった。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

818: 名無しさん@おーぷん 2015/08/02(日)18:02:34 ID:qoC
今誰もいなさそうなので、今のうちに書き逃げ。
いろいろと閲覧注意。
そして身バレ防止に少しだけフェイクや伏せ字いれてます。

小学生の頃の話。
近所の鰻屋のねーちゃんにいじめられていた。(と自分は思っていた)
放課後、極力逃げ回ってはいたが、見つかってしまうと「やめて」と言ってもねーちゃんは笑いながらうす暗いところへ連れて行き、いろんなことを強要していた。
が、何をされたかまではまったく覚えておらず、ただ、鰻やお重、丼を見るだけで条件反射のように吐いたり気が遠くなるので、極力存在自体避けて生きてきた。




続きを読む

このページのトップヘ