スポンサードリンク

タグ:閲覧注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

816: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/06/08(木) 00:05:57.65 ID:JyfhzVra.net
親父からのせい的D Vのトラウマで特殊なセイヘキを持っています
親父がタヒんだときに墓に入れたくなくて、遺言書偽造して海に散骨したこと
本当は家に火をつけたかったがカウンセラーに助けてもらった
母親はこの事実を知らない
この事実を知るのはカウンセラーと彼女だけです

817: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/06/08(木) 00:30:40.02 ID:N6b8wRnd.net
>>816は男?

818: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/06/08(木) 00:38:44.93 ID:JyfhzVra.net
>>817
そうだよ
30代です


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

47: 名無しさん@おーぷん 2016/01/14(木)09:05:31 ID:5kq
自分のことじゃないんだけど書き込みます。
人が三人タヒんでいる話なので閲覧注意です。
当事者ではないため、ほとんどが又聞きになります。
説明不足の点はご容赦ください。

当時働いていた会社の上司の話。
新卒で就職して以来、その上司にはずっとお世話になっていた。
部下がミスをして顧客に頭を下げに行ったあとでもその部下に対して感情的にならず、「ドンマイ。反省を生かすんだぞ」時に励ましてアドバイスをしてくれる方だった。
私自身、入社したての頃に向いてない、辞めようと思った時に何度も相談に乗ってもらった。
新卒だった私も五年目の冬を迎えた頃、その上司が二人目の子供が生まれたのを機に戸建の家を建てた。
念願のマイホームと奥さんと二人の子供。
傍目にも上司はとても充実しているように見えた。
ある時、そんな上司がしばらく会社を休むことになった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

818: 名無しさん@おーぷん 2015/08/02(日)18:02:34 ID:qoC
今誰もいなさそうなので、今のうちに書き逃げ。
いろいろと閲覧注意。
そして身バレ防止に少しだけフェイクや伏せ字いれてます。

小学生の頃の話。
近所の鰻屋のねーちゃんにいじめられていた。(と自分は思っていた)
放課後、極力逃げ回ってはいたが、見つかってしまうと「やめて」と言ってもねーちゃんは笑いながらうす暗いところへ連れて行き、いろんなことを強要していた。
が、何をされたかまではまったく覚えておらず、ただ、鰻やお重、丼を見るだけで条件反射のように吐いたり気が遠くなるので、極力存在自体避けて生きてきた。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

232: 本当にあった怖い名無し 2008/04/24(木) 16:50:19 ID:dhgaqUB20
小学生の頃、中学生のお兄ちゃんと一緒にお風呂はいってたんだけど
いろいろエッ○なことされた。


ち ○ち ○しゃぶられたり。
おしりの穴なめられたり

233: 本当にあった怖い名無し 2008/04/24(木) 17:01:08 ID:rF0LM0T40
ゲ/イ自重しろw


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

343: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)10:51:06 ID:DP3
高校生の時、いじめっこのお父さん誘惑して愛人になって500万貢がせたこと
最後は離婚させていじめっこの大学用に貯めてたお金で豪遊した
あー楽しかった


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

806: 名無しさん@おーぷん 2016/12/15(木)07:21:27 ID:G9k
誘拐され頃されかけたこと。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

589: 名無しさん@おーぷん 2015/11/13(金)08:06:19 ID:oMI
中学の時異母兄たちにおかされた。
長いうえに胸糞も胸糞なので閲覧注意。

私は父の後妻の娘。
前妻のところに二人子供がいることは知っていたけれど会ったことはなく、父がリストラされた後はローンや養育費を払うのが大変で母がフルタイムで働いて家計を支えていた。
離婚の理由は知らなかった。

私が中1になった時、家に見知らぬ男がいて「今日からいっしょに暮らすことになった」と父に言われたのが前妻の次男。(以下兄?)当時高1。
母が再婚を考えていたものの、どうしても相手と折り合いが悪くて前妻から引き取ってくれと打診があったそう。

突然のことに母も私も戸惑った。
その当時の家は、再就職が見つからなかった父は就活をしながらコンビニでアルバイトをしていて、母は通院しながらのフルタイム。必然的に家事は一人っ子の私がやっていた。
そこに高校生の男の子が入ってきた。
第一印象は今風に言えば「チャラそう」
母も私も難色を示したものの、父が「俺の息子なんだよ」と言ったから戸惑いつつ受け入れた。
父は女しかいなかった家に男が増えたことを単純に喜んでいるようだった。
母と再婚後はほとんど面会しなかったそうだから、息子に罪悪感でもあったのかもしれない。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

87: 名無しさん 2014/03/30(日)02:05:56 ID:o9DzHYcBp
うちの会社には、滅多に鳴らない電話機がある。
今よりも部署が多かった頃の名残で、回線は生きているものの
発信する事もなければ、着信もごくたまに間違い電話がある程度だった。

あるとき、俺は仕事が立て込んで、深夜まで一人で仕事をしていた。
週末で、何も無ければ飲みに出かけようかと思っていた矢先に
急な仕事が入ってしまい、やむなく遅くまで残業する羽目になったのだ。
その仕事も終わり、そろそろ帰ろうかと支度を始めようとした時、
不意にその電話が鳴った。

またか、と思った。深夜まで残業する事はたまにあり、夜の12時に
差し掛かるあたりになると、よくその電話が鳴る事があったからだ。

こんな時間に仕事の電話はかかってこないし、間違い電話だろう。
いつもその電話が鳴ったときには、そう決め込んで無視をしていた。
しばらく鳴るが、いつもは呼び出し音が10回も鳴れば切れていた。

ところがその日は、呼び出し音がずっと鳴り続けて止まらない。
仕事を終えて、緩んだ気持ちの俺は呼び出し音に段々いらだってきた。

鳴り続けている電話機の受話器を取り上げ、そのまま切ってしまおう。
間違いFAXの場合もあるので、一応受話器を耳にあててみた。すると、

「もしもーし、ああ、やっとつながった!」

と、快活な声が聞こえてきた。あまりに明るい調子の声に、俺は
そのまま切るのが少し申し訳ない気持ちになった。間違い電話で
あることを相手に伝えてから切ろう。そう思い返事をした。

「すみません、こちらは株式会社○○ですが・・・
電話をお間違いではないでしょうか?」

そう言うと、相手は予想外の事を言い出した。

「○○ですよね!わかってますよ!Tさん!」


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ