スポンサードリンク

タグ:離婚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

784: sage 2017/08/29(火)01:25:14 ID:oLQ
先日久々に再会した友人A子の心を恐らくプチ修羅場にしてしまった。

A子とは小学校低学年からの付き合いでそこそこ仲が良かったと思う。
小学校5年生春のある日曜日、A子の家に遊びに行ったときのこと。
A子の部屋へ行く前にいつもリビング(台所併設)に寄って、飲み物とお菓子を分担して持っていく私たち。
その日もA子と一緒にリビングに入ると、そこには彼女の父親がいた。
私はお邪魔しますと軽く挨拶するとA子が飲み物などを用意してくれるのを待っていた。
スペースの都合上、A父の座るソファーの脇だったのだけど・・・



スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

360: 名無しさん@おーぷん 2014/06/26(木)02:14:12 ID:rLNlplqNX
妹(母の再婚相手の娘)が、私の旦那と不倫して妊娠したと言い出した時。
その日はうちの両親(私の母と妹の父)と、私の旦那の両親と弟妹、妹の旦那の両親が揃ってた。
妹が怖い顔して「皆さんに言いたい事があります」って、キリッ!ってかんじで立ち上がって。
ぼろぼろ泣きながら「お姉ちゃんごめんなさい!」と言い出した時はほんとびっくりした。
で、私の旦那と不倫してて、妊娠してて、それは私の旦那の子だと。
ぽかーんとしたよ。
だって、私の旦那、過去の病気のせいで子種ないんだもん。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

65: 名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土)08:26:37 ID:107

結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。

中学の時の事故が原因で私の額には傷がある。
メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。
思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

114: 名無しさん@おーぷん 2016/06/05(日)11:28:12 ID:47w
3年前の事だが元夫の不倫が原因で離婚する事になった。
不倫のカミングアウト、離婚の請求は元夫がしてきたんで私はそれに同意、あとは慰謝料とかお金関係を詰めるだけってとこで元夫がごねだして、
「遊びの不倫なら制裁されて当然!
だけど俺達のは本物の愛だから慰謝料請求なんておかしい!


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

425: 名無しさん@HOME 2017/04/16(日) 00:50:36.65
両親が離婚して母親に着いて行った。
三年後くらいに偶然父親のフェイスブック見つけたら、20代のフィリピーナと再婚してフィリピンに豪邸建ててた。
当時20歳の私にはそれだけでも修羅場だったけど実の父親がフェイスブックに若い嫁とのベット写真載せまくってたのが一番の修羅場。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

287: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)22:31:39 ID:geO
小学生の時に両親が離婚
いったん母親に引き取られたがすぐに母方祖母に預けられ
仕事を見つけたら迎えにくると言われたものの、母からの音信は間もなく途絶えた
以来私を育ててくれた祖母は祖父の後妻で母と血の繋がりはなかったが
「これからは女も仕事を持って自立して生きられなくては」と常々私に言って聞かせ
パートを掛け持ちして学費を工面し私を大学まで上げてくれた
しかし大学3年の時にその祖母が急タヒ
あまりに突然のことで、県外の大学に通っていた私はタヒに目にあうことすらできなかった
悲しいを通り越して茫然自失のなか、親身になってくれた近所の人たちと葬儀社さんのおかげで何とか一連の葬儀を終えた


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

307: 名無しさん@おーぷん 2016/11/12(土)19:55:35 ID:dBe
東日本大震災のときに、旦那の従兄弟一家が被災した。
従兄弟の嫁と長男は残念ながらタヒ亡し、従兄弟(30代)と長女(7歳)、次男(2歳)が生き残った。
旦那と従兄弟は幼馴染の様な感覚で育っており、互いに結婚して離れて暮らしてもたまに会って飲む仲だった。
その旦那が、被災した従兄弟一家を我が家に迎え入れると言い出した。もう目の前に従兄弟一家がいて目玉が飛び出した。なんの相談も無かったんだよ。
旦那自身ができる援助や手伝い、私や子供(0歳と2歳)への影響を考えてくれているならよかったんだけど、
従兄弟一家のケアや世話は私に丸投げ前提だった。
旦那は激務で午前様。私は育休中の実質専業主婦だったけど、情緒不安定な従兄弟と0歳児を含む4人の子供の世話は無理だった。
私は即荷物を纏めてわが子を連れて実家へ逃げた。
出ていく時、父に来てもらったからすんなり脱出できた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

190: 名無しさん@HOME 2015/07/17(金) 10:54:06.16
料理上手なコトメのことがムカつくんだけど真の敵らしいのは夫かな
コトメと私の料理を比べ、コトメの料理を食べて私の料理を捨てる
コトメは私の料理を食べて褒めてくれるけど
嫌味にしか聞こえなくて自分が嫌になるし
自分でも失敗した料理もコトメは食べてくれるけど嫌みみたいに思うし
早く別居したい。コトメはアルツハイマーのウトメ大ウトメの面倒見るために同居
仕事も在宅に変えてバリバリ介護に仕事も家事もこなしてる
干渉もしないしお小遣いもくれたりするしいい人なんだけど
なんでこんなに私が惨めなんだろ
多分自分がなさけないからかな
愚痴でした


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ