スポンサードリンク

タグ:電話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

127: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 19:32:00.44 ID:CK7CxzPO0.net
旦那好き過ぎ&バカ夫婦で良かった…と心から思えることが。

暗〜い声で「俺だけど…」と電話が。
これは!と思ったけど悟られぬよういつも通り
「あ!旦那きゅんだあ〜〜〜〜!ワオワオワオ!!」と。
電「あ…うん。旦那きゅん…。ちょっと落ち着いて聞いてほしいんだけど、


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

529: 名無しさん@HOME 2008/12/24(水) 17:58:32
遠距離だもんでいっつも電話でグチグチと料理のことだとか掃除のことだとか言ってくるウザトメ。
旦那がいくら〆ても「私は嫁子の為を思って!」と全然聞かない。
旦那は「次電話かかってきたらガツンと言ってもいいから。っていうかもう電話線抜いてしまえ」
というありがたいお言葉をいただいたのでトメにガツンと言う事にした。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

345: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)00:06:19 ID:5E4
俺の就職先は実家から離れた所で現在は一人暮らし。
なんとなく忙しくて1年くらい帰省してないし電話もしてなかった。
まあ、気が向いたらそのうち連絡すりゃいいやなんて気楽に考えてたら実家のほうから電話が掛かってきた。しかもちょっと怒ってんの。
母「あんた、親と縁を切ったってどういう事よ?」
父「出来婚したから帰れないなんて言うな。とにかく嫁さんと子供を連れて一度戻ってこい」
妹「なんとかなるから帰ってきなよー」
俺、まったく身に覚えが無いんですけどw


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

828: 本当にあった怖い名無し 2006/06/06(火) 23:36:28 ID:W4lze7oI0
大学時代にサークルの先輩から聞いた、当時高校生だった先輩の友達が体験した話です。
その先輩は高校時代は部活には入っておらず同好会として
放課後十数人でサークルのような活動をしていました。
同好会の名の通り部活ではないので部費というものが我当てられるはずも無く
部長もしくはそれに近い立場の人間一人もしくは二人が毎年夏休みに、
形だけのいわば顧問の先生の知り合いがやっているペンションで住み込みで
2週間程バイトをして同好会の部費に当たるお金を稼ぐのが
代々受け継がれている言わばしきたりのようなものでした。
先輩(仮にA先輩とします)が3年になったときにその友達が部長になり
部長の彼(Bさん)が夏休みにペンションにバイトに行く事になったそうです。

ペンションに着いたBさんは早速顧問の先生の知り合いのペンションオーナーと面通しすると
施設の部屋数や施設、仕事の内容などの説明を受けました。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

828: 名無しさん@HOME 2007/07/29(日) 22:29:40
なんだかんだいってものすごく疎遠になっていたのだが、ある日電話がかかってきた。
「わしらは大丈夫だ。家も無事だ」・・・ああ!そういうえば旦那実家は能登半島に住んでいた。(能登半島の大地震のときです)
ここで、何もきいていないのに近状報告を始めるウト。その声をきいていたら
なんか気持ち悪くなってきたので、10分くらいたってたんだけど何も言わずにガチャギリした。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

87: 名無しさん 2014/03/30(日)02:05:56 ID:o9DzHYcBp
うちの会社には、滅多に鳴らない電話機がある。
今よりも部署が多かった頃の名残で、回線は生きているものの
発信する事もなければ、着信もごくたまに間違い電話がある程度だった。

あるとき、俺は仕事が立て込んで、深夜まで一人で仕事をしていた。
週末で、何も無ければ飲みに出かけようかと思っていた矢先に
急な仕事が入ってしまい、やむなく遅くまで残業する羽目になったのだ。
その仕事も終わり、そろそろ帰ろうかと支度を始めようとした時、
不意にその電話が鳴った。

またか、と思った。深夜まで残業する事はたまにあり、夜の12時に
差し掛かるあたりになると、よくその電話が鳴る事があったからだ。

こんな時間に仕事の電話はかかってこないし、間違い電話だろう。
いつもその電話が鳴ったときには、そう決め込んで無視をしていた。
しばらく鳴るが、いつもは呼び出し音が10回も鳴れば切れていた。

ところがその日は、呼び出し音がずっと鳴り続けて止まらない。
仕事を終えて、緩んだ気持ちの俺は呼び出し音に段々いらだってきた。

鳴り続けている電話機の受話器を取り上げ、そのまま切ってしまおう。
間違いFAXの場合もあるので、一応受話器を耳にあててみた。すると、

「もしもーし、ああ、やっとつながった!」

と、快活な声が聞こえてきた。あまりに明るい調子の声に、俺は
そのまま切るのが少し申し訳ない気持ちになった。間違い電話で
あることを相手に伝えてから切ろう。そう思い返事をした。

「すみません、こちらは株式会社○○ですが・・・
電話をお間違いではないでしょうか?」

そう言うと、相手は予想外の事を言い出した。

「○○ですよね!わかってますよ!Tさん!」


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

482: おさかなくわえた名無しさん 2007/07/05(木) 21:34:20 ID:FvaN0Yw9
 うちの婆ちゃんが、詐欺とは知らずにオレオレ詐欺を撃退した。
 私は婆ちゃんが電話してる真横にいたので、やりとりが全部聞こえたのだが

婆「もしもし!」
詐欺「もしもし? 俺なんだけど」
婆「○○ね!?」
詐欺「そうそう、あのさ」
婆「ばー!! あんたよう電話してきいきるね××ちゃんに何したとね泣きよるばい××ちゃん!
 私はさんざ爺さんに泣かされたけんがアンタが嫁泣かすなんて情けなか情けなか!!


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

42: 名無しさん@HOME 2010/03/24(水) 22:23:42 0
メールじゃなくて固定電話なんだけど。

「はいもしもしー?」の後いきなりギター?か何かのジャガジャガ音とラブソング


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ