必見!オススメ人気記事

タグ:電車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

169: 名無しさん@HOME 2011/02/21(月) 17:59:04.11
どんなに心の中では憎んでいても、数年前までは感情を抑えていい嫁として振る舞っていた。
でも、どうにも我慢できないほどむかつくことが重なり、疎遠になってからは良い嫁キャンペーン終了。

先日、子供達と電車で買い物に行くためにホームの椅子で座ってたら、
偶然トメが目の前に…。
以前の私なら、椅子から立ち上がって挨拶するところだが、座ったまま挨拶。
『ババアどっか行けや』と思いながら、ババアを無視して子供と会話していたのに、
ババアが「私ね、これから女子大時代の友達と一流ホテルでお食事なの」と話し出した。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

772: 名無しさん@おーぷん 2016/10/25(火)11:47:47 ID:30X
以前別のところでもちょろっと書いたかもだけど…
ある日曜の朝、空いてる電車の3人がけシートの端に座ってソッコーで寝る体制に入った
そしたらガラガラの車内なのに誰かがわざわざ真横に座り、なにやらガサガサしている気配で起きた



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

322: 1/2 2015/08/17(月)21:30:51 ID:c0v
自分のじゃないんだけど関わった武勇伝

去年の今頃の話なんだけど夜のラッシュ時
隣にいたおっさんが時間も早いのにいい感じに酔っ払ってて、
その横にいた大学生風の女の子に痴漢してるのを目撃したんだ

でも、スゴイ混雑で俺も身動き出来ないし
女の子も小声で「やめてください」とかしか言ってないから他人の俺が大声出すのも女の子に迷惑かけるんじゃないかと思って(恥ずかしいかもとか余計なこと考えちゃった)
そしたら俺の反対隣にいたおじさんが俺のことをチョンチョンと突いて
少し後ろへ下がれって手振りをしてきた




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

92: 名無しさん@おーぷん 2016/09/09(金)14:34:52 ID:JmE
電車で痴漢というかヤバイ人に遭遇した
開く方と反対のドアの近くに立っていて気づいたら近くに小汚いおじさんが立ってた
混み気味だったので近づいて来られても最初は気にしなかったけど気づいたらじわじわとドアと座席の手すりとの間の狭いスペースに追い詰められてた



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

942: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)16:42:36 ID:sPI
今はもうアラサーなのでそんな元気もないけれど、若い頃の私は正義厨だった。
子供の頃の通知表には、「正義感が強く~」という言葉は高確率で書かれてあったし、自分自身も警察官になりたかった。
だからといって、学級委員長やリーダー格になるような性格ではなく、どちらかと言えば大人しい性格。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

524: 名無しさん@おーぷん 2017/10/05(木)22:47:11 ID:FMw
先日、座席は全部埋まっていて人は結構立ってるけど満員では全然ない…という混み具合の電車に乗った。
各停だったので人はそこそこ乗り降りするんだが
ある駅で隣の人が降りて私の横が空いたとき、結構向こうから長身のおっさんが人を押しのけるように急ぎ足で来て、私の左隣に座った。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

549: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)17:58:34 ID:vjU
電車通勤してるんだけど、数年前に痴漢に遭った。しかも数日にわたり毎日。
最初は「誰だこんな婆のしり触る物好きは!?」と思って場所を変えるだけでやり過ごしてたんだが、何日もになるとさすがにムカついて来て、かつて本で見た「痴漢の手を掴んで隣のオッサンのしりに押しつける」を試してみた。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

157: 名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木)14:57:08 ID:NXz
20年くらい前の話。
当時小学6年生の私♀と同級生のA子ちゃんと2人で電車で片道一時間くらいの遊園地に行った。
A子ちゃんは大人しい顔の反面発育がよい。更にヤンキーのお姉ちゃんのお下がりと思われるチューブトップにオーバーオールを着て、たに間は見えるわ、覗き込めばパ/ン/ツも見えるんじゃ?という衝撃的な格好で現れた。




続きを読む

このページのトップヘ