必見!オススメ人気記事

タグ:駐車場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
99: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 16:50:10.26 ID:Ocydns+z.net
子どものお迎え行く前に書き捨て。空気は読まない。ごめんね。

うちのアパートはほとんど近所づきあいがない。特に隣の人は引っ越しの挨拶もなかったし、生活リズムが違うみたいで顔も合わせたことがなかった。
私は今週から産休に入って、今日も家でのんびり出産準備をしていたんだけど、そのお隣さんが訪ねてきた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
110: 名無しさん@おーぷん 20/08/18(火)09:01:03 ID:LB.wi.L2
昔住んでいたアパートは大家さんが隣に住んでいた。
アパートは質素だけど大家さんのお宅はとても大きくて立派で車も外車が数台庭にいつも停まってた。

自分はアパートの駐車場を契約していて、当然自分の車をそこに停めて過ごしているんだが、ある日仕事から帰ると自分の契約している駐車場に知らない車が停まっていた。
付近は細い道だから路駐もできないし、とりあえずちょっと離れたパーキングに停めて帰宅。
1晩停められても困るので駐車場でナンバーを確認しながら警察署に電話。(レッカーとか対処はしてくれなくても持ち主に連絡くらいしてくれるかなと踏んだ)
すると夜に外で電話したもんだから声が響いたみたいで隣の大家さんの家から慌てた様子で奥様が出てきた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/12/07(火) 01:44:55 ID:zqsG70se0.net
違反切符切られるのこわい
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/01/29(土) 20:17:31 ID:lXc2Cpo1pNIKU.net
帰りづらいんだけどどうすればいい?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
748: 名無しさん@おーぷん 23/10/19(木) 07:53:18 ID:YN.o2.L1
OL時代、勘違いから一方的に私に絡んできた挙句に問題を起こして退職していったAってのがいたんだけど、
(仕事上の話をしてただけなのに彼氏を盗ろうとしてると勘違い)
辞めて数ヶ月後にとあるデパートの駐車場で、買い物を済ませて車に戻った時に
空きを探してウロウロしてる車を運転していたのがAだった。
お互いに気が付いて目が合ったあと、Aは私を睨みつけて中指を立てた。
そして私の車を通り過ぎるまでずっと私を睨みつけたあげく
他の車よりフロント部分が飛び出して止めてあった大きな車を擦った。クラウンか何かの真っ黒のやつ。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
16: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2008/01/12(土) 17:30:20 ID:HBDxnNQb0
とあるパチンコ屋の駐車場なんだが、注意書きに
「遊戯目的以外で駐車していたら、拘束器具で動けないようにして罰金○万円を戴きます」
という旨の文章があった。

えらい過激なことするなぁと思ってたら、昨日実際に見ました
1輪Y字型の輪留め器具。
窓には「拘束中」と書かれた紙をラミネートしたもの(わざわざ作ったのか?)が2枚ガムテできっちり。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
64: 名無しさん@おーぷん 2018/06/05(火)20:46:50 ID:46b
イオンの地下駐車場、「T」字になった部分の突き当り部分に車を止めていた。
車に戻って運転席についたら、左右と正面に空くのを待ってる車が。
ハッキリ覚えてるわけじゃないが、俺が車の横に来た時にAの車が俺の車の前をゆっくり通り過ぎ
車に乗り込んだのに気づいてゆっくりとバックで戻ってきたと思う。
Aの後ろにいたBは俺が乗り込むとき、もう止まってたと思う。
正面のCに気付いたのは着席したあと。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
150: 137です。 03/12/24 18:37 ID:JgFPLLOh
一週間ぐらい前の話。
近所に大型のホームセンターが開店し、例に漏れず開店セールをやっていた。
駐車場に入る車で周辺道路は渋滞してしまった状況で、俺はバイクに乗って別件で
そのホームセンターのそばを通過していた。
対向一車線づつの道路で、左側は駐車場入り待ちの車が列を成していたので俺は
センターライン寄りを走っていた。



続きを読む

このページのトップヘ