必見!オススメ人気記事

タグ:驚愕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

989: 愛とシの名無しさん 2011/11/01(火) 11:09:07.44
本文が長いと怒られたので分けます 
携帯からすみません 

数年前の話 

親友A(新婦)が結婚する事になって結婚披露宴に呼ばれた 
新郎と新婦は少し歳が離れていたけど(新郎38、新婦24)新婦は本当に幸せそうで、そんな二人を見てじんわり涙を浮かべながら私も幸せな気持ちに浸っていた 
順調に進行していた披露宴もそろそろ終盤に差し掛かったところでお決まりの新婦から両親への手紙 
涙腺崩壊、感動の嵐だった 
そしてその直後にサプライズで新郎母から新婦への手紙と言うものがあった 
会場内が一瞬「ん?」と言う雰囲気になるも新婦母はお構い無しで手紙を読み上げる 
新郎母「可愛い新婦ちゃんへ 
息子の元へお嫁に来てくれて本当にありがとう 
こんなに若くて可愛い新婦ちゃんは息子には勿体ないくらいです」 
ここまでは良かった 
ここから先が問題だった 
新郎母「息子には今までの経験を生かして、今度こそ可愛いお嫁さんを幸せにして貰いたいと思います 
新婦ちゃん、いきなり17歳と13歳の息子、8歳の娘の母親になるのは大変だと思いますが、どうかみんなを宜しくお願いします 
云々かんぬん(詳しい事はよく覚えていないスマヌ)」 
新郎母の手紙で新婦側の親族、招待客が騒然とした 
新婦は顔真っ青で、新婦母は倒れた 
新婦父は新郎に掴み掛かる 
新婦父「おいお前どう言う事だ!」 
みたいな 
そしたら新郎母が「あら?×2や子供がいる事を承知で結婚するんじゃないの!?」 
新婦父「はあああ!!?」 

新婦はそんな二人のやり取りを見てパニックになり泣きながら吐いた 
これじゃいかんと思い、私ともう一人の友人とスタッフで新婦を控え室に連れて行った 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

354: 名無しさん@おーぷん 2017/10/24(火)14:10:49 ID:pCq
スレチかもしれませんが…私の人生で一番の修羅場をプレゼントしてくれた元夫からおぞましいメール来ました

結婚するまでもしてからも良夫でした
義両親も凄く良くしてくれて、年の離れた義弟が疎遠なだけで恵まれた嫁生活でした

ただ元夫は私の妊娠が発覚した時にやたら「男を産んで欲しい」と言うように
義両親は「どっちでもいいから元気な子を」と言ってたので、この人にも後継ぎを〜とか願望あるんだな位に思ってました
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

227: 生サロ@そろそろ名無し決めませんか? 04/10/31 02:07:01
一番驚愕したことではないのですが。
十年くらい前、排便中にサナダ虫が出てきたことがある。

用を足した後、拭いても拭いても紙に汚れがついてきたので、
おかしいと思ってしりをゆすってみたら、なんかプラプラしてる。
ペーパー越しに掴んで引っ張ってみたら、白い紐状の物体がにゅるにゅる出てきてぷちっと途中で切れた。
恐怖のあまり、速攻でトイレに流してしまったのだが…

その日、家族には誰にも言えず
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

673: 名無しさん@おーぷん 2017/08/29(火)02:24:12 ID:VSq
小学1年の時、近所におじいさんが住んでいた。
当時はおじいさんという認識だったが、今思い出すと、40代後半くらいだったかな?
親より一回り上の年齢だったと思うけど、いつも校長先生みたいな服(スラックスにカーディガン。えなりみたいな?ゴルフ行くみたいな感じ)で、
いつも花に水をあげたり犬の散歩したりで働いていない感じだったから、おじいさんだと思っていた。
ちょっとした駄菓子をくれたり、カルピスくれたり、挨拶したり、駒とかで遊んだりとわりと好きなおじいさんだった。
ある日、一人で下校中、おじいさんが車で通りかかった。
いつも通り挨拶したら、おじいさんが苦しみだした。
なんとか助けなきゃと車に乗り、おじいさんが言うように、服を脱がせたりマッサージをしたりした。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

559: 本当にあった怖い名無し 2011/07/09(土) 20:33:39 ID:5U6aYbFV0
小学生の頃、近所に某宗 教の勧誘をしている初老の女性が住んでいた
女性の旦那は亡くなっており10歳の娘が一人いたが少し頭が弱く、
いつも同じ服を着せて勧誘に連れ歩いてた
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

693: 名無しさん@HOME 2011/08/05(金) 18:06:16.84 0
子どもの頃のおぼろな記憶での修羅場。

私が物心ついてから幼稚園の年長クラスくらいまで、うちはやたら大家族だった。
父と母と兄と私と、Aおじおば一家と、Bおじおば一家と、Cおじおば一家と、祖母の17~18人家族。
私は幼稚園に通ってたけど子どもたちの中には珍しい方だった。

子どもたちの中で一番歳上だったのがA姉。
何をするにもA姉がリーダー格だった。
ちなみに小学校高学年くらいだったと思うけどあまり学校には行ってなかった。

私たちは他の家の子と遊ぶことがほとんどなくて
A姉の言うことが絶対!みたいな感じだった。
幼稚園や小学校に行ってない子たちは特にそうだった。

うちで一番えらいのは祖母で、
子どもたちの中で一番えらいのはA姉、っていう図式ががっちりできていた。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

216: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)12:15:49 ID:u3d
元旦那が実の姉と近/親相○してたこと。
家に帰ったらギシアンしてた。
たまたま義兄と一緒にいたため、かなりの修羅場に。
もちろん速攻離婚した。
義兄もすぐに離婚協議に入ったけど、親権などでもめて大変そうだった。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

208: 名無しさん@おーぷん 2016/11/02(水)23:58:01 ID:Lqm
私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった
まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある
私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた
そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた
私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた
いつも降りている長い階段につき、母を見上げたら、次の瞬間が隣をふっとんだ
母は私の手を離して、階段で転げ落ちてお腹の赤ちゃんが亡くなった
私は声も出ず呆然とした
感情がついていかなかったのを鮮明に覚えてる
偶然その場に近所に住む3歳年上の女の子、たーちゃんがいて、たーちゃんがその時のできごとを見ていたと証言した
たーちゃんは「あの子(私)がおばさん(母)を落とした」と話した



続きを読む

このページのトップヘ