必見!オススメ人気記事

タグ:トラウマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 名無しさん 2014/06/06(金) 09:15:10

もう10年くらい前の話なんだけど、
いつも通勤に使っているJR駅の駐輪場で札束を拾った時の話をしようと思う。

その日は仕事が長引いて、終電一本前の電車で地元に帰ってきたんだけど、
駅の駐輪場に停めてあった自転車のチェーンを外そうとかがんだ時に、
奥の暗がりに茶色い封筒が落ちていることに気づいた。
その封筒は、封ができないほどパンパンにモノが詰まっており、
不意に拾って中身を見たらぎっしりと紙が詰まっている。

一瞬でその中身がなんなのかわかった。そう、札束だ。
あまりの厚みに怖くなり、そのまま置き去りにしようかとも思ったが、
時間的に人気が少ないし、帰り道には
目と鼻の先に交番があってそこを通らなければいけない。

なんだか見て見ぬ振りをするのは、罪悪感に苛まれたので、交番に届けることにした。
交番へ持っていって中身をあらためると、
帯がついたお札が3束と、のこりピン札が何十枚かに分かれており、
数えてみるとなんと360万円あった。

その時のおれは驚きで心臓がバクバクした。

なぜならしがない平社員の俺はそんなお札の束をこの目で見たことがなかったからだ。
それと同時に、数ヶ月経ってもし誰も落とし主が現れなかったら、
これが全て自分のものになるんだという興でいっぱいだった。
その時、事の重大さに気づいてもっと冷静になっていれば、
こんな事にはならなかったのかもしれない。。。

後日、いつものように最寄り駅に電車が到着し改札を出ようとしたら、
駅員が仕事そっちのけでヒソヒソと話をしている。

ちなみに、この日もたまたま残業で終電の一本前のに乗って帰宅。
近所の駅は、比較的市内の端のほうにある小さな田舎駅なので、
改札を通る時に切符を駅員に手渡しして通る仕組みになっている。

改札がそれぞれ2つの方向にあるのだが、いつもなら遅い時間でも
自分の他に数名客が降りていくにもかかわらず、
この日はこっちの改札に全然客がいなかった。
駅員に声をかけて切符を手渡し駅を出たところで、全てを悟った。
頭が真っ白になった。

なんと、駐輪所付近にその筋の方が乗るような車が2台、
外にはイカツイスーツの方々が数名。
駅を出た時点で目が合ってしまった。
ここまで来て、引き返すのはさすがに不自然だったので、恐る恐る駐輪所へ。
すると、案の定近くに寄ってきた。

893「おう兄ちゃん、最近ここらで連れが大金入った札束落とした言うんだが、なんか知らねぇか?あ?」

一瞬、シラを切ってその場から立ち去ろうかと思ったが、
もしかしたら監視カメラを仕掛けていてバッチリ証拠があがっている可能性もある。
ここでシラを切って、証拠を突きつけられては分が悪い。
そうだ、警察に届けているんだから何も恐れる事はない。素直に伝えれば良いんだ!

俺「はい、先日ここに落ちていて、僕が拾いましたけど。。。」
893「あ??てめぇ、人のカネネコババしておいてタダで帰れると思ってるんか?あ?」
俺「い、いえ、ネコババはしていません。すぐに近所の交番へ届けました。」
893「おまえ、それ本当なんだろうな?」
俺「本当です。すぐ目と鼻の先に交番がありますので、よろしければ案内します。」

この時点で、平常を装ってはいるもののもう俺は内心ガタガタに震えていた。

893「わかった。したら乗れや!!」と、車に乗れというのだ。
さすがに車に乗せられてしまうと、どこか別の場所に連れて行かれるかもしれない。
そうなっても逃げ場がない。それだけは何としても避けねばいけないと思った。

俺「いえ、本当に歩いてすぐの距離なんです!ほら、あそこ、見えますか?」
893「だからなんだってのよ!おれは歩きたくねぇって言ってんだゴルァ!」
俺「じゃあ、僕が猛ダッシュでお車を先導しますので、着いて来てもらってもいいですか?」
893「。。。てめぇ、そういって逃げるつもりじゃネェだろうな?」
俺「い、いえ!」
893「そうか。。。逃げたら。。。どうなるかわかってるな?」

もう本当にオシッコをちびりそうになるくらい背筋が凍り付いていた。

心霊現象や幽霊の怖い話はよく聞くけど、正直、
そんなものよりも人間のほうがよっぽど怖いと思った。
俺は、猛ダッシュで交番まで車を先導する。

893の車は見た目こそイカツイが、
そこらへんのチンピラの車と違ってものすごく音は静かだ。
それが逆に無音の威圧感となって俺に襲いかかる。

交番に到着して、一足先に中へ入った俺は、大慌てで事の経緯を説明
「あの、この前駅前で札束を拾った○○ですけど落としたのが893だったみたいで、
警察に届けたって言ったら案内しろって言われて、これから入ってきます。。。」
そうこうしているうちに、休む暇もなく、893の方々が3人、交番にドスドスと入って来た。

893「こんばんわ!カネ落としたんですけど、届いてますか?」
彼らの車は2台。残りの方々は車の中で待機している様子。。。
逃げ出すにも逃げ出せねぇ。。。

警察は、大まかな経緯を俺から聞いているが、念のため、もう一度聞き直す。

警察「お金を落としたんですね?詳しくお聞きしてもよろしいですか?」
893「あんな、俺らも時間ないから、早くしてくれやな!」

ここからは少し長いので省略するが、警察は
本当に落とし主かどうかを調べるために詳しく質問していた。
駅前で、いつ、どこら辺に、どのような状態で落としたのかを詳しく聞く。
途中から893がだんだん苛立ち始めているのが手に取るようにわかった。

警察「いくらくらい入っていたかお分かりですか?」
893「これくらいの小さめな封筒で、なかに。。。400万円入っていたんだが!」

ん?おいおい、待てよ?
このとき、俺は鳥肌でいっぱいになっていた。

拾ったとき、確かにパンパンの状態で360万円が入っていた。
交番で改めて確認したから間違いない。
俺が拾う前に誰かがネコババした可能性も考えたが、
抜きとった形跡はなかったし、第一それ以上入っていたようには見えなかった。
最初、拾った時に、なぜこんな中途半端な数字なのかと思ったが、全てが一つにつながった。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


162: 名無しさん@おーぷん 2014/08/15(金)10:37:46 ID:gJuCKSKRK

私の住んでる地方は全国ニュースで猟奇的事件だったり
893の発砲事件を報道されたりしたけど
893は昔から地元では身近というか普通にいる存在だった。
もちろんお近づきにはなりたくないけど同級生の親がそれとかザラだった。

ある日お父さんと妹と私で買い物に行ったデパートを出たところで
「おい◯◯何してんだ」とそういう方々に取り囲まれた。

お父さんに詰め寄り「よく顔を出せたな」とか意味不明の言いがかりをつけて
どこかに連れて行こうとして、お父さんは真っ青な顔で
「勘違いでは?」と私と妹は恐怖で半泣きしながらお父さんにすがりついてた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

672: 名無しの心子知らず 2012/08/24(金) 14:46:26.20 ID:kWnXax77

もう何年も前の話だけど。この時期になると思いだす

小学生高学年だった俺は友人と一緒に地元のお祭りに行ったんだ
まあお祭りって言っても大掛かりな物じゃなく、公園を借りただけの小規模なのやつ
スーパーボールすくいとかクジとか、あんまり数は無いけど、そこそこ楽しくて
1時間ぐらいして友人が帰った後も、お小遣い使い切るまでは居よう! と思いブラブラ

そしたら、当時の俺より小さい子供を連れた泥(ママ)が話しかけて来てさ
「ボク一人で大丈夫?」 「おうちは近いの?」 「そうなんだ、偉いねー」 とか
単純キッズった俺は褒められたのが嬉しくてポヤポヤしてたんだけど
突然に泥子が俺に向かって突進して来て、
俺が持ってたわたあめと財布を奪ってダッシュ!


あんまりビックリして驚いて、何も出来ずに居たら、泥ママの方は
「んまっ! しょうがないわね~!」「私、連れ戻して来るから、ボクはここで待っててね!」
みたいな事を言ってどっか行っちゃってさ。俺、馬鹿だから、ずっとその場で待ってたわ

そしたら祭りの音楽を引き裂くようなサイレンが聞こえて、救急車が飛んできた

俺はあの泥子が警察に捕まっちゃう! 返してくれればそれでいいのに! と思って、
音の方に駆け寄ったんだけど
そこには半狂乱になった泥ママと、ストレッチャーに固定されて救急車に乗せられる泥子の姿が……

どうやらワタアメ食いながら逃げたせいで転んで、割り箸が…
という定番の事故をやったらしい。
当時の俺は何かあったって事しか分らんかったけど

大人が泣き叫ぶのとか初めて見たし、
張り詰めたような空気が怖くなって、俺は逃げ帰っちゃった

どうせ財布の中には、ガリガリ君の一本すら買えない小銭しか入って無かったしね。
当時の俺にはお金ってだけで特別だったけど
帰った後で親に財布の事を言われ、素直に有った事を話したら、
俺は悪くないよって言われたので安心して眠った記憶がある

俺ももういい年なんだが、未だに歩きながら棒状の何かを食うのがトラウマだ
座ってればいいんだけど、立ったままだと何となく怖い。

食い難くても横から食ってる




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

910: 恋人は名無しさん 2010/03/12(金) 11:25:18 ID:umP4Jlld0

プチなのを投下。

私子… 私。彼氏持ち
A先輩…職場の先輩。苦手。自信家
B子… 私の同期で仲良し。A先輩と通勤仲間
C男… 合コンにいた男

私はあるマンモス会社の一社員だった。
入社して3年ほど経った頃異動があり、A先輩やB子と同じ部署に。
彼氏がいることはB子や同期の仲のいい子には言ってあった。

ある日、B子から飲み会に誘われた。
女子社員だけの飲み会だから~と言うのでだったらいいかと思い
彼氏に「土曜日、女同士の飲み会行って来る」と断りを入れて
その夜、指定の店へ向かった。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


286: 名無しさん@HOME 2012/03/27(火) 23:16:08.52

ロミオとはちょっと趣が違うんだけど、厨房のときこっちから告ったら
ブサに告られた精神的苦痛の謝罪と賠償しろ」
とか言って中学高校と私を苛め抜き、
辛うじてブタの血は被ってないキャリーみたいな目にあわせた男から


あの時は素直になれなくてごめん、
実は俺お前のこと好きだったんだ。


硬派気取ってたから好意を示せなかったシャイな俺を許してくれ、
今さらだと思うかも知れないけど友達から始めませんか?
 


て内容の手紙が家に来た事がある
未だに実家住まいだから受け取っちったけど差出人の名前見たらマジ吐いたわ

…何があったか知らんがお前も私もアラサーになってから何寝言言ってんの

そっちは「いじめてごめん(*・ω<)てへぺろ☆」で済むんだろうけど
こっちはお前のせいで病的に同世代の男が怖くて未だに独身
だがお前だけはタヒんでもごめんだ

むしろお前がタヒねと心で呟きつつ
手紙は飼ってる犬のウを包むのに使った



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

68: おさかなくわえた名無しさん ID:bbqToWkj
私もだけど、友人の方が修羅場だった話

大学生の頃、私の家で男女混合10人くらいで飲み会してた
11時か12時になったくらいの時に、A(女、小柄)が朝にバイトがあるからと帰った
ちなみにAの家は私の家から徒歩30分かかんないくらい

その時は皆気をつけろよーくらいで気にしてなかったんだけど、
やっぱり時間も時間だから送ってくると、B(男、草食系)が家を出ようとした
この時点でAが出てから10分くらい経ってたと思う

けど、C(男、チャラ男)とD(女、Dの彼女)が買い出しついでに送ってくると申し出た
じゃあ頼むわーと言って2人にお願いした

それから30分後くらいにDから電話がきた
でもただ叫んだり、わめいたりしてて聞き取れなかった
取りあえず、何か起こったことだけは分かったので動ける人だけでその場に向かった

現場には倒れてるCと泣き叫ぶD、座り込むAがいた


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

144: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/12(水) 22:45:17.62 ID:T0ChuLAS

教育実習中に生徒に手を出した同じく教育実習生だった勘助の話はここでいいですか。
当時は私にとっても修羅場でしたが・・・

145: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/12(水) 22:50:34.61 ID:OX5W97+u
ここでいいですよ。

加害者は、案外若い人が多いな・・

ゲームやスマホとか、機会に向かって1人で遊ぶことが多くなって
コミュニケーションや、実社会への参加が薄れてきたことが
思い込みや、暴走に走る原因って記事をこないだ見かけたな。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


65: ◆pzuJ35AuBVI2 2014/09/11(木)22:58:05 ID:gYvt99EVy

私の亡き父親が猛毒親だった。
それについていた母も父より幾分かマイルドだが毒親だった。

父は仕事で障害者になり、生活保護を受給しながら私は子供時代を過ごした。
四人兄妹の末に生まれた私。小さい頃は何にも解ってなかった。

大人になるにつれ、親の素行の悪さが目につく。
兄貴達が学校卒業して就職すると、家に給料の半額ずつ入れさせた。
その頃には父の障害がだいぶ改善され働けるようになってた。

長男は工業高校卒業後就職。
次男は定時制高校に行きながらコツコツ働く。
三男は中卒で大工。
私が厨房の頃はこんなだった。

兄貴達から色々聞いたら、長男・次男の名義を借りて街金から金を借りてた。
母はアホみたいにリボ払いで買い物をしてはローンを返す毎日。
父は仕事で工具がいるからと湯水のように金を使って工具を買い漁る。
次男が私に
「オカンから名義貸せって言われても絶対に貸すな。この地獄は俺らだけで充分。」と言った。

当時の親父や兄貴達の給料は合算しても結構な額だった。
親父は月30~60万
長男は約25万
次男は約20万
三男は約18万
兄貴達のを半額ずつ貰っても充分生活やっていけて、貯蓄する位の金があった筈だったのに、
うちには借金しかなかった。

理由は両親ともパチに成り下がったからだ。

次男は大人しい性格だった。故に毎日のように父から言葉の暴力を受けていた。
「お前の髪型が気に食わん。坊主にしろ。」
「いっつもぼーっとして、人の話聞いてんのか」
「お前は出来損ないの愚図だ」

食事の席で毎回毎回そんな言葉を次男に浴びせていた。
次男は黙って耐えている。
一度、勇気を振り絞って父に注意をした。
「毎日クタクタになるまで仕事頑張って帰って来てるのに、
ご飯くらい落ち着いて食べたいと思う。
だから父さん、少し静かにしていてもらえませんか。」
と。
父は烈火の如く怒り出し、私に口撃の先をシフト。
口汚く
女は黙って男の言う事をハイハイ聞いてればいい。」
「横から口を挟みやがってこのバカが」
「お前が庇うからこいつは成長せんのだ」
「見てみろ、こいつは人の話なんか聞いてない」

この時、生まれて初めて父に抵抗をした。

「父さんの言い分もあるだろうけど、毎回毎回ご飯の時間帯に言う事じゃないでしょ。
ご飯終わって一息ついた時にでも言える事を何でご飯の時を狙って言うのか。
折角出されたご馳走でも叱られて食べてたら味もしないし美味しく感じれない」

続きを読む

このページのトップヘ